スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

瀬戸内国際芸術祭~女木島~ 

瀬戸内国際芸術祭~女木島2~



女木島は作品の展示場所が点々としています。
(港から歩いて行ける範囲に集まっていますが)

この島での、私のお気に入りアートをいくつか紹介。

まずは、「福武ハウス」。 
外観。小学校ですよ。↓
福武ハウス

休校中の小学校を使用してアートを展示するこのプロジェクトは、
世界中のギャラリーから集められたアーティストの作品が観られます。

音楽室で「ビル・ヴィオラ」とか「図書室で 「辻直之」とか・・・


こんなとこで出会えた・・・!っていう世界のアーティストの作品が、教室ごとに展示されています。

教室に黒い幕を張って暗室を作り、そこに映像を作品を展示するなど、
ちょっと文化祭を思い出させる懐かしさを感じながら、教室を回る感じも良いです


福武ハウスの近くにあるレアンドロ・エルリッヒ「不在の存在」
古い民家を入ると、中心に真っ白な庭「見えないもの」があり、その奥がカフェになっています。

もうひとつ、畳の部屋にある 「二重の茶室」
(写真撮影×なので、写真がありませんが。) 

どちらも

あ・・・・?!!

っていう驚きがあって面白い!ぜひぜひ体験してほしいなぁ。

ちなみにカフェで飲んだ「小豆島のオリーブサイダー」
オリーブサイダー
リンゴジュースのような味で美味しいよ


もうひとつ、不思議な綺麗さが体感できる行武治美の「均衡」
きらきらしてます

鏡に囲まれた空間に入ると、なんだか迷路に迷い込んだみたい・・・



女木島の港近くにも作品が展示されてます。

さて、次の日は「直島」に行きたいと思います!

つづく・・・




読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

 



人気blogランキングへ



スポンサーサイト
[ 2010/09/13 01:22 ] 国内旅行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ateliervoyage.blog75.fc2.com/tb.php/559-75e228a3






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。