スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ミュンヘン 美術館めぐり2 

美術館めぐり2


アルテピナコテクの向かい側に「ノイエピナコテク」という美術館があります。

この美術館はアルテピナコテクとは反対に、18世紀から20世紀の現代の絵画を集めた美術館。
現代の絵画と彫刻がみられます。

ミュンヘン ノイエピナコテク


ここには風景画や人物画が多くあり、日常生活をなどをモチーフにした絵画が多く見られます。

見学コースの最後のほうにはモネや、ドガなどの有名作家の作品もあいてあり、
ゴッホのひまわりも見られます。

ゴッホは生涯に7点「花瓶に挿したヒマワリの図」描いたらしく、その1点をこの「ノイエピナコテク」が持っていた、というわけですね。

これも思いがけずご対面!だったので、嬉しくなっちゃいました。
バックがパステルブルーの「ひまわり」は、ゴッホ色の花瓶に挿したひまわりとのコントラストがさわやかです。
この作品がモチーフになったミュージアムグッズも売っています。



私の好きなクリムトの絵もあり、現代絵画好きはとても楽しめる美術館ではないでしょうか。



読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

 



人気blogランキングへ




スポンサーサイト
[ 2008/10/29 09:02 ] 旅先案内 ドイツ | TB(0) | CM(0)

ミュンヘン 美術館めぐり 

ミュンヘン 美術館めぐり1



ミュンヘンには美術館もたくさんあります。

ミュンヘン中心のKarlsplatzから27番トラムに乗ってpinakothekenで下車。この駅周辺はミュンヘンで有名な美術館が集まるエリアです。
一日で複数の美術館を回ることも可能。

しかも!!ミュンヘン市内の美術館は、日曜日は料金が1ユーロになるんです!!!えぇ
これは行かなきゃ!(もちろん日曜日に)

ということで。。

まず行ってみたのが、「アルテピナコテク」
建物の前には広ーいお庭があって、芝生の上で日光浴している家族づれなんかもいます。

ミュンヘン アルテピナコテク


ここは、バイエルン王、ヴィッテルスバッハ家のコレクションを展示している美術館です。
おもな展示品は中世ドイツやオランダの絵画や14世紀から18世紀までのヨーロッパ絵画を楽しめます。


入口は小さいので見落とさないように・・。(黒いドアが入口です)


ミュンヘン アルテピナコテク

だいたいこの時代だと、宗教画が多くなります。



あまり美術館の予習をしていかなかったのだけど

再びルーベンスの大作たちとご対面!!笑う

数ヶ月前にベルギーでみたルーベンスの作品が再び記憶によみがえります。。
やっぱ・・すごいなぁ・・キマッてるよなぁ構図とか・・迫力あるし・・萌え



またルーベンスに会えたことに満足しながら歩いていると、


思いがけず巨匠、ダビンチの「聖母子像」にご対面・・!豆電球豆電球
渋い色合いの、小さな絵が特に主張もすることなく飾られています。

ダビンチの作品を静かにじっくり見られるなんて、いい環境はぁとvv



ヨーロッパには教科書や画集で見る巨匠の作品が、いたるところに散らばっています。
「この作品、この美術館がもってたの!!?」 なんてこともしばしば・・。

あ~・・だからやっぱり美術館巡りはやめられない!!




読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

 



人気blogランキングへ





[ 2008/10/23 09:54 ] 旅先案内 ドイツ | TB(0) | CM(1)

ミュンヘン 英国庭園散歩 

ミュンヘン市民の憩いの場 英国庭園をあるく



ミュンヘンの中心、マリエンプラッツから歩いて数十分のところに、ミュンヘン市民の憩いの場、「英国庭園」があります。

この公園はとても広く、広い芝生あり、木陰ありの、人々が思い思いの休息を楽しめる公園になっています。



英国庭園

広い道路から細い道を入ると、川が流れていて、なぜかそこでサーフィンの練習をしている大学のサークル団体みたいな集団を発見!
このかなり波のある川面がちょうどいいみたいです。なんでもありですねーーーww  しかもみんなうまいえぇ

この団体はかなりのギャラリーを集めていて、注目の的でした。


英国庭園


公園内をさらに歩いて行くと、広ーーい芝生の広場に出ます。
ここではみんなレジャーシートを敷いてピクニックをしたり、日光浴をしたり、子供や犬と遊んだり。。。。




英国庭園



そんな中に、一角、不思議な人たちのいるエリアが・・
目を凝らしてみてみると・・


ぜ・・全裸??びっくり

広場の一角だけ、人々がみんな服を脱いでうろうろしているんです。

警察に捕まらないのかと思ったけど、周りの人もみんなしらんぷり。・・・なんで・・??


後で宿の人に聞いてみたら、ドイツでは裸で休日を過ごしたりする「文化」があるらしく(FKKと言うらしい)、冬の日照時間や夏が短いこともあり、できるだけ日光を浴びて健康になろう!的な意味があり、
こんな町の中心でも裸が許可されているエリアがあるそうな・・絵文字名を入力してください

なるほど。。理屈はわからんでもない・・が・・。
宿の人曰く、「でもやってるのはみんな老人ばっかりで若い人はいないんだよねーー涙

若い人には一応“羞恥心”があるということかな・・?今の世の中では“何か”を超越しないと出来なさそうな行為ではあります・・ ̄□ ̄

さすがに写真には収めておりませんw




さて、どんどん奥まで歩くと、高い塔がたっています。


英国庭園


ここでは楽団の奏でる音楽の演奏を聴くことができます。

そばにはテーブルが並んでいて、レストランもあり、外で食事をしながら音楽をきいてのんびりすることができます。
もちろんドイツビールもご一緒にグッ
英国庭園


市内観光の合間に、たまには木陰をのんびり散歩っていうのもありかもしれません。


英国庭園



読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

 



人気blogランキングへ





[ 2008/10/17 03:12 ] 旅先案内 ドイツ | TB(0) | CM(2)

ミュンヘンのヴィクトアリエン市場でお買い物 

ミュンヘンのヴィクトアリエン市場でお買い物




マリエンプラッツから数分歩いたところにある「ヴィクトアリエン市場」

ここは精肉店やワイン、チーズ、野菜や果物など、たくさんの食材がそろう市場です。


市場 マルクト





市場の真ん中にはオープンエアのテーブルが並び、レストランでドイツ名物料理がたべられます。
朝から大ジョッキ片手にヨーロピアンのおじさまなんかがおしゃべりしていて、いつも賑わっています。


たいていの精肉店では大ぶりのソーセージを挟んだホットドックやレバーケーゼという分厚いハム(?)を挟んだサンドイッチがテイクアウト出来るようになっており、
観光途中にちょっと小腹がすいたときに気軽に寄れる便利さがGOODグッ

ホットドック
あぁ。。なんでドイツのソーセージはこんなにおいしいんでしょう・・?



いくつも並ぶパン屋にはかならず、「プレッツェル」が売っています。
このパンの触感と味がとてもおいしくてやみつきに・・・!
特にバターを挟んだプレッツェルが大好きで、滞在中は毎日食べてしまうほどお気に入りになってしまいました。


市場の中の惣菜屋も侮れません。
数多くの総菜はどれもグラム売りできるので、パンのおかずにちょうどいいのです。
市場 マルクト


大好きなオリーブは種類が豊富でどれを選ぶか迷ってしまうほど。
100グラム1.3ユーロ位からなので、値段もお手頃です。



ミュンヘン3 117

ワインやチーズなどは、お土産にもよさそうですね王冠


市場 マルクト




ふらふら観光楽しむのも、食事をするのも、お土産を買うのも便利な、使える市場です。





市場 マルクト




読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

 



人気blogランキングへ


[ 2008/10/12 03:50 ] 旅先案内 ドイツ | TB(0) | CM(2)

ミュンヘン マリエンプラッツ周辺散策 

マリエンプラッツ周辺散策




マリエンプラッツ周辺の観光名所・・・といば。。

まず、広場の真ん中に建つ新市庁舎。大きな仕掛け時計も見どころですが、塔の上の展望台にも上ることができるらしいです。
晴れた日にはよさそう絵文字名を入力してください


そしてその裏に行くために、新市庁舎の右側、ディーナー通りを歩いていくと・・

「レジデンツ」と「バイエルン州立歌劇場」があります。


レジデンツはバイエルン州を統括していたヴィッテルスバッハ家の宮殿。
レジデンツ

増改築を繰り返し、ルネサンス、バロック、ロココなどの建築様式が見られるらしいです。(ちょうど工事中? 全体に布がかかっていて広告も・・)


横にあるのが歌劇場。
バイエルン州立歌劇場



新市庁舎の前、ちょっと歩いたところには「聖ペーター教会」があります。
聖ペーター教会

ミュンヘン最古の教会で、見た目は質素で現代的なショップに囲まれて目立たないのですが、
中は白を基調とし金の象が並ぶ美しい教会です。アップロードファイル

聖ペーター教会

お祈りをする人も後を絶たず、常に厳粛な雰囲気がただよっています。


読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

 



人気blogランキングへ




[ 2008/10/05 09:31 ] 旅先案内 ドイツ | TB(0) | CM(0)

ミュンヘンに移動! 

ウィーンからミュンヘンへ 


ウィーンを早朝にはなれ、今度は再び、ドイツ、ミュンヘンに入ります!

ミュンヘンの中央駅はとても広く、お店がいっぱいあってにぎやかピンクのきらきら
ミュンヘン 中央駅


お世話になる宿はバスで10分くらい行ったところ。
ミュンヘンの中心地、マリエンプラッツにも近く、歩いていけます。


お宿に着いたら早速街を散策アップロードファイル


マリエンプラッツにある市庁舎。
マリエンプラッツ 市庁舎


上にある時計は、一定の時間がくると人形が動きだします。
これを見るために時間になると観光客が集まりだします。

マリエンプラッツ 市庁舎


この広場周辺はZARAやH&Mなどが立ち並ぶ絶好のお買い物スポットグッ

観光名所も美味しいレストランもあるので一日いても飽きないです。


読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

 



人気blogランキングへ



[ 2008/10/01 09:10 ] 旅先案内 ドイツ | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。