スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ケルン散策 

ケルンの大聖堂



ボンの後に向かったケルン。
ケルン駅に降りると、目の前にもう大聖堂がどど~~ん!と建っています!

電車の中からも見えてたんだけど、下にたつと圧巻!!
写真に納まりきれません・・涙
ケルン




中に入ると、広い空間。
ケルン



天井も高くて、見渡すとため息がでてしまいます。
koln



通路に沿って並ぶステンドグラスがとても美しい・・。
koln


モザイクの床も美しい・・。
ケルン




さすが観光名所。結構人も多くて中はにぎやか(?)

じっくり中を見て、出ようともって出入り口の方に行くと、なぜか入ってくる人みんなに雪が積もっている・・・?!
しかもみんな全身雪まみれ・・。

コレはどーしたものかと外に出てみると・・・・




大雪ですww 

yuki


 なぜいきなり?!  寒いとは思っていたけどさ・・。

さて、次はどうしよう・・・??


つづく



読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 
人気blogランキングへ


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



 












スポンサーサイト
[ 2008/03/31 09:00 ] 旅先案内 ドイツ | TB(0) | CM(0)

ボンの町並み 

ドイツ、ボンへ



最近観光し続けていて、更新がとどこおっています・・。絵文字名を入力してください




先週の火曜日に、ボン、ケルンへ日帰りの旅に行ってきました。


本日はボンについて。


ボンで、有名なことといったら、「ベートーベンの生まれたところ」。
くらいしか、思いつきませんw


ケルンに行くんだし、州の一日チケットも持ってるし、せっかくだから足を伸ばしてみようと思って行ったボン。


この日もすんご~く寒かったーー。

ボンの駅はこじんまり・・。目の前から商店街のようになっていて、ポスト通りを歩いていくとミュンスター広場に出ます。
ボン 駅
商店街側から撮ったボン駅。



ミュンスター広場には、でかいベートーベンいます。 後ろは郵便局。黄色の概観がかわいいtest
ボン ベートーベンの像




ベートーベンの家もすぐ近くです。
細い道(Bonn gasse)を入るとひっそりと建ってます。  多分コレが家です。

ベートーベンの家



家の中は見学が出来るようになっているらしいのですが、
あまりにもひっそり建ちすぎていて、入っていいのかも分かりません。

てゆーか開いているのかも分かりませんwアップロードファイル



ということで(?)ベートーベンの家、スルー絵文字名を入力してください
あれっ?特に興味なし??(外だけは写真に収めた)






街中の広場には野菜やソーセージを売る屋台が出てたりしてにぎやかです。

ボン マルクト



中心部を数時間ふらふらし、カフェでコーヒーを飲み、ボンはこのくらいでw




ちなみにベートーベンの家、

月~土の10:00~17:00まで開いているそうです。
興味ある方はぜひheart02


その足で次はケルンまで行きます。




読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 
人気blogランキングへ


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



 















[ 2008/03/29 10:56 ] 旅先案内 ドイツ | TB(0) | CM(2)

モノトーンのおうち フロイデンベルグ2 

ちいさな街です。フロイデンベルグ


Freudenberg Bhanhof str(フロイデンベルグバーンホフシュトラーゼ)のバス停でバスを降りると、バス停のちょっと手前に「Zumkurpark」という道路があります。

それを上っていくと、kurpark(保養公園)への階段が。
フロイデンベルグ




5分もしないくらいの小高い丘をのぼりきると・・・・


眼下にモノトーンの町並みが!!オレンジのきらきら
フロイデンベルグ




さっきまでちらちら降っていた雪もやんで、日差しが屋根に照りつけています。
フロイデンベルグ




このここだけタイムトリップしたような不思議な光景を見ながら、今度は階段を下って街の中へ。


街の中には観光案内所もあるらしいのですが・・ナンセ街自体小さいので案内などいることも無く・・。
そのままずんずん待ちの中を歩いていきます。
フロイデンベルグ



道には数人の人影があるだけで、観光客もいない、(土曜日だし?)ホントに普通の人が住んでる「民家」なんだなーって感じ。

フロイデンベルグ



街の中にはカフェやレストランもあります。
フロイデンベルグ




イースター時期なので、卵オーナメントを飾っているうちもあったり。アップロードファイル
フロイデンベルグ



ホントに全体が白黒の木組みで、人がいないと静かでちょっとタイムトリップした感じです。
ほんとにちいさいので、ゆっくり回っても2~30分でまわれてしまうくらいアップロードファイルしかも見所は「町並み」オンリーですw



お暇があればこんな雰囲気を味わいにとことこ出かけるのもいいかもしれませんよ♪




読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 
人気blogランキングへ


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



 














[ 2008/03/26 10:24 ] 旅先案内 ドイツ | TB(0) | CM(0)

モノトーンのおうち。フロイデンベルグ 

Freudenberg(フロイデンベルグ)という可愛い街


デュッセルドルフから電車で2時間弱くらいのところに、「Freudenbergフロイデンベルグ」という小さな小さなまちがあります。

木組みの家がみたいなぁ。。と思っていたので、行ってみることに。


私のいるessenからだと、最寄り駅のSiegen(ジーゲン)までは約2時間30分。そこからバスで30分ほど山の中に入るらしい・・。




この日使ったチケットは、「Schones Wockenende ticket」(よ・・読めない・・涙
土日の国内列車(普通、快速列車まで。 バスも地下鉄もオッケー)が乗り放題で35ユーロという、週末だけのお得チケットです。
(IC,ICEなどには乗れません)

早速チケットを購入し、電車に乗り込みました。




Siegenは終着駅。ひたすら窓の外を眺めながら電車が到着するのを待ちます。
途中うとうとして起きたら、窓の外には雪がちらつき、民家の屋根にも雪が積もっています。
これはもしかしたら素敵な雪景色が見られるかも・・?!
と思っていたけど、雪が降っていたのはほんの一瞬で、しばらくすると普通の田舎風景に。
なぁ~んだ、この地域だけだったのね・・。





そんな地域を更に追いこし、やっとSiegenについて列車を降りたら・・・

さ・・さむい・・・!!
デュッセルあたりとは気温が違うみたいです。周りの景色も、うちの実家(栃木の田舎)あたりを思わせる・・アップロードファイル
ジーゲン駅
  siegen駅。ショッピングモールも近くにあり、結構活気があります。


バス停まで行って時刻を見ると、土曜日だったせいか、1時間に2本。
日曜にいたっては1時間に1本!

寒い中バスを待つこと約15分。。。。。

運転手さんに
「Freudenberg Bahnhof str.(フロイデンベルグ・バーンホフ・シュトラーゼ)に着いたら教えてね!」
と告げ、バスにゆられることさらに約30分・・・。


途中、窓の外を見ていたら、漢字で「狂気」って書いてある若者の乗った車を発見・・!
狂気・・・って・・。  そんな車乗りたくない・・ ̄□ ̄

田舎に来ると、こういう地元のやんちゃな子たちがどこにでもいるもんですね・・。
あぁ。。やっぱりうちの実家を思わせる・・・。




そんなこんなでやっと、最寄バス停に到着。
そこから5分くらいで目的の木組みのおうちエリアです。


その前にちいさな丘からその集落を望めるとのことで、はじめにそっちに行くことに。



丘の上からは、かわいらしい町並み・・というよりモノトーンの不思議な光景が・・・。



つづく・・。





読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 
人気blogランキングへ


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



 
















[ 2008/03/25 06:57 ] 旅先案内 ドイツ | TB(0) | CM(2)

ドイツでイースターパーティー 

ドイツでイースターのホームパーティーにお邪魔してきました。


今日はイースターの日曜日ってことで、アパートの管理人Sさんちの家族がホームパーティーを開くと言うので、ドイツ人ファミリーのお宅にお邪魔してきました。



お邪魔したのは、Sさんの旦那さんのお兄さんのお宅で、
Sさん(旦那さんただいま不在)、お兄さん夫妻、それぞれのご両親と、お兄さんの子供2人、お呼ばれ日本人2人、総勢11人でリビングでおしゃべりパーティー。


お宅は閑静な住宅街の一軒家で、中に入るとリビングがきれいに飾られていました。


はじめにケーキと紅茶でティータイムアップロードファイル
イースター



Sさんが作っていったイチゴたっぷりのメレンゲのケーキ(初めて食べたけど、うま~い!)と、
オレンジとチーズクリームのケーキやレーズンの入ったケーキ、ブラウニーなど、色々出てきてお話しながらいっぱい食べてしまった・・・絵文字名を入力してください



お兄さん夫妻もいい人たちで、特に旦那さんはお話好き。

子供たちはすッごく可愛くて、ママとおばあちゃんにとてもなついています。
二人ともちょっと甘えっこ。
13才でも母親に抱きついてるのは・・ヨーロッパの文化・・??
日本だったらもう親離れしてそうだけど。

まぁ、お母さんも可愛くて仕方ないみたい。気持ちは分かる・・。



写真もたくさん飾ってあって、ヨーロッパの人は家族のつながりをしっかり見えるように表現するんだなぁって思いました。



さて、イースターで、子供たちにはプレゼントが用意されていましたアップロードファイル
子供たちだけだと思ったらお客さんの日本人(私たち)にも用意されてました!!
うれし~~ちな♪

中身は、卵形のチョコレートや、カラフルに塗られたゆで卵、ひよこちゃん、卵型オーナメントなど。

卵オーナメントは素敵なデザインが描かれていてはお土産によさそうアップロードファイル

イースターって楽しいなぁheart02heart02

イースター



ティータイムの後、子供たちがサッカーをしに行ったので、その様子をお散歩がてら覗きにw

それぞれの住宅の入り口にはイースター用に飾り付けがされています。
とても重要な行事なんですねー。
イースター



散歩から帰ってきたら、今度はお夕飯が準備されていました。

ソーセージやポテト、お魚など、ドイツの一般家庭のお料理を堪能にこ
美味しかったぁ!


管理人Sさんいわく、
「いや~~。。いつもは日本人私一人で肩身狭いんだけど、今日は日本人女性が2人もいてよかったよぉ~~アップロードファイル」・・・て。

う~ん、、国際結婚もたいへんですね・・。




私のほうは、何も考えずヨーロッパ文化を楽しんでしまったのでした。
Sさん、お招きいただいてありがとうございましたーちな♪






読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 
人気blogランキングへ


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



 





[ 2008/03/24 08:31 ] 旅先案内 ドイツ | TB(0) | CM(2)

デュッセルドルフの美術館 K20 

K20 州立美術館で現代アートをみる

今日、朝起きて窓の外をみたらとっても静か~~。
目の前のショッピングモールも閉まっています。


どうやら今日は祝日のようです。
そういえば友人も(ドイツ人)金曜は会社お休みだって言ってたし。

周りのお店は全部閉まってるし、雨も降ってるし、どうしよっかな~・・とガイドブックを眺めていると、デュッセルドルフに現代アートの見られる美術館があるらしいってことを発見。
祝日も開いてることを祈りつつ、雨の中出かけてみました。



デュッセルドルフ中央駅からUバーンで「Heinrich Heine Alle」下車、そこから徒歩5分ほどで
 「K20アートコレクション州立美術館(Kunstsammlung Nordrhein-Westfalen am Grabbeplatz)」
に到着です。

K20



中に入ると正面にチケットカウンターがあります。
荷物も預かってもらえるのでコートやバックはクロークへ。


2階からが展示場になっていて、2階フロアには
リキテンスタインやアンディウォーホル、ジャクソンポロックなどの大き目の作品が見られます。
立体もあり、ゆったりした空間で気持ちいいです。


3階に上がると、小さめの作品が並び、私の好きなパウル・クレーや、ミロ、ダリ、ピカソ、などなど、巨匠たちの作品が見られます。





ゆっくり見ても所要時間2時間程度でしょうか。

外は雨で、祝日でどこもお休みで、他にすることが無いとなると、ゆ~~っくり見てしまうんですよねー・・。
やっぱりクレーの作品すきだなぁ・・とか思いつつ。






あと気になった作家さんが、Joseph Beuys(ヨゼフ・ボイス)。
名前だけは聞いたことあったけど、実際の作品は始めてみたかも。

 立体も平面も作っていて、ちょっと面白かった。
説明が英語であまり詳細が分からなかったので、ちょっとwikiってみたら、、、
本当に 結構面白そうな人でしたww。

ドイツの作家さんでパフォーマンスもやるアーティストらしい。。
ちょうどデュッセルドルフで芸術活動をしていたみたいですね。

特に「作品」の説明のところが気になる・・。みてみたかった・・。
ヨゼフ・ボイスの作品について。 wikipediaから・・。



オーディオガイドを手に歩いている人が結構いました。
あれは。。多分日本語はないんだろうなぁ・・。英語かドイツ語か。
確かめてみればよかった。rirakuma

作品のとなりのキャプションにはドイツ語と英語で説明が載っています。





展示場の終わりにはカフェがあります。
そこでコーヒーを飲みながら雨上がりのデュッセルドルフで人間ウォッチング。

この会場に入ってくるお客さんは結構おしゃれな人が多いです。crown



K20




さて、この「K20州立美術館」 離れた場所に「K21」もあるらしいです。
こんどはそっちに行って見ようかなにこ


開園時間、地図、 料金などはこちらから確認できます。
http://www.kunstsammlung.de/en/home.html






読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 
人気blogランキングへ


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



 
[ 2008/03/22 08:27 ] 旅先案内 ドイツ | TB(0) | CM(3)

Essenの炭鉱跡~3~ 

工場の中のミュージアム


ツォルフェライン炭鉱跡には美術館があります。

それは、「レッドドットデザインミュージアム」王冠


昔の工場を改装してミュージアムにしているのですが、「デザインミュージアム」なので、中で見られるのは家具や生活雑貨など、あらゆるモダンデザインの展示品。



レッドドットデザインミュージアム



この工場の展示場としての使い方はとても面白く、旧工場の鉄骨やらパイプやらがむき出しになった空間に無造作に作品が展示されていて、歩いていると
「あれ?こんなところにこんなものが・・!」
という発見がいたるところにあり、工場見学みたいな感覚でモダンデザインを楽しめます。



例えば、

隅っこにある狭い階段にいろんなかたちの掃除機を並べちゃったりとか・・。

さび付いた壁を照らしているのがカラフルでポップなデザインの照明だったりとか・・。

鉄骨むき出しの雑然とした空間におしゃれな椅子が無造作に置かれていたりとか・・。




おしゃれなソファと茶色く汚れた壁を眺めながら
「なるほど・・こういう空間もありだな・・。」
と、妙に納得してしまいました。


古いものと新しいものの組み合わせがこんなに面白いんだーと思わせてくれる美術館です。豆電球




奥に車↓ 吊り下がってますよ~↓分かるかな??
レッドドットデザインミュージアム



こんなミュージアムでございます。


さて、この「Zollverein」炭鉱跡とレッドドットデザインミュージアムへの行き方。

Essen 中央駅からEssen -katernberg行きのトラムに乗って約20分。Zollverein(ツォルフェライン)下車で、目の前です。

・・・まず、地図でEssenがどこか探すところからはじめることをおすすめします涙デュッセルドルフの上あたりですw

Essen中央駅からのトラム(路面電車)は地下鉄ホームから出ているので注意ですよ。
地下鉄に乗っちゃったーーと思っても、そのうち地上に出て路面電車にかわりますww
わかりにくいよ・・。







読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 
人気blogランキングへ


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



 






















[ 2008/03/18 12:14 ] 旅先案内 ドイツ | TB(0) | CM(0)

Essenの炭鉱跡~2~ 

巨大な炭鉱跡


ツォルフェライン炭鉱跡は、インフォメーションのある建物のほかに、広い敷地内にまだ施設があるらしい。

インフォメーションのおじさんに聞いたら、
「エレベーターで0階まで降りて道路沿いに歩いたら別の建物に行けるよ。」
とのことだったので、早速エレベーターに乗り込む。

が、エレベーターが0階に行かない。。

途中で降りるとなんかみんな工事現場に出てしまって、地上に抜け出せない・・。
こ。こわいよぅ・・。

もう一度戻って聞いたら
「右と左どっちに乗った?別の方のエレベーター使って。そっちなら行くから。I promiseグッ]
・・・って先にに言ってよ・・・。
てゆーかどっちも行ける様にしといてくれ。
それじゃなくても誰もいなくてこわいのに・・。




さて、無事に地上に降り立ち(?)道沿いを歩いていくと、次の建物郡が見えてきました。

ツォルフェライン




炭鉱跡としてはこっちがメインでしょうか。
ここの景観はすごいです! 
巨大な鉄骨が複雑に組み合わさっていて、その大きさと存在感は圧巻!
美しいです。
また、ちょっと雨も降っていて、寒くて、誰もいなくてさみし~~さみし~~感じが漂ってて
まさに廃墟って感じ。緑のきらきら

アパートのオーナーSさんは
「ラピュタみたいなかんじだよー」
って言ってたけど、あー・・なるほど。そういう雰囲気。
あの手の長いロボットがいそう。


ツオルフェライン



あぁぁ~・・私のへたくそな写真じゃどうも伝わらないなぁ。


貰ったパンフを見てみると、この場所を使って、コンサートやらアート作品の展示やら、様々な催し物が行われてるらしいです。

建物ライトアップしてコンサートとか、とても面白そうちな♪


でもこの日は人もほとんどいなかったので寒々しい~雰囲気だけが印象に残りました。
仕事がら、ここぞとばかりに写真を大量に撮ってこの施設を後にしました。

はじめの建物の隣にデザインミュージアムがあるというのでそちらに行って見る事に。






また、途中の景色も「雪ふってるのか?!」と思うほど寒い・・。

ツォルフェライン


いや~~・・いいかんじじです。ちょっとどきどきします。





。。。といっても普通に人には普通の「使われてない炭鉱」なんだろうなぁ。

一人で来てよかった。他の人にはきっと「何がたのしいの??」と言われるにちがいない。


続く・・





読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 
人気blogランキングへ


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



 








[ 2008/03/17 12:55 ] 旅先案内 ドイツ | TB(0) | CM(1)

essenの炭鉱跡 

Essenという街のすてきな(?)炭鉱跡


今いるESSENという街には、世界遺産があるんです。

それは「Zollverein(ツォルフェライン)」という炭鉱跡。


ガイドブックによると、

1986年まで操業していた最後の炭鉱で、1930年代にバウハウス様式で建てられた立坑櫓と付属の建築物は、「世界で最も美しい炭鉱」といわれている。

とのこと。



場所を見ると、今いるところから30分くらい。
こんな近くに世界遺産があるんなら、行ってみてもいいでしょう・・!!
ってことで、地下鉄とトラムを乗り継いで行ってみました。


ツォルフェラインの入り口は分かりやすいです。

なぜなら三角の機械の一部みたいなのがどーんと建っているから。

こんなの↓
ツォルフェライン


しかし。。。人がいない。。
なんかの工場の入り口みたい。(炭鉱跡だからね)
しかも建物のどこに何があるのかわからない・・。

入っていいものか・・・??


一人だけ入り口にいた看守みたいなおじさんに聞くと、目の前の建物の中にインフォメーションとショップ、カフェがあるらしい。
親切にマップとパンフをくれました。
ガイドツアーもあるらしいけど、時間が合わなかったのとドイツ語オンリーだってコトで断念。

もちろん一人で見て回っていいよ~。とのことだったので、早速目の前の建物に入ってみることに。


建物の一部が工事中だったのと建物外観が炭鉱らしからぬ。。だったので炭鉱跡ってことが良く分からなかったんだけど、中に入ってみるとなんとなんと!!  しっかり炭鉱跡だったのです!

目の前におしゃれなインフォメーション、ショップ、右奥にカフェがあるんですけど、建物の中は炭鉱で使われていた機械やらがそのままむきだし。
古くてさびたような、重苦しい色の装置の間を歩けるようになっていて、奥に行くほどくら~~い・・。

ツォルフェライン



ぉぉぉぉぉぉおおお・・・・・・た・・・・たのし~~~~~!!!!!(←おかしい?



もうこの時点でちょっとテンション上がり気味。
何が楽しいって、古い質感。とか、空気とか・・。

私結構、使い古した機械の質感とか好きで、しかも「建築物」レベルの大きさだと、時代とか時間とかに圧倒される気がしてちょっとどきどきするんですよね・・・・。
ちょっと怖い感じもいいのです。

しかも一緒の空間にある モダンなデザインのショップとインフォメーション。
て言う組み合わせ。
ツォルフェライン



以前ベネチアで見た古いお屋敷でのモダンアートの展示を思い出しました。
古いものの中に新しいもの。
でもあれよりしっくり来るのは、この炭鉱跡がバウハウス様式で作られていて中も外もデザイン的だから・・?いや、べつに機械はふつうなんだけどなぁ。。なぜこんなに面白いのでしょう?





とりあえずここ。。すてきあ

でも面白いのは(私的に)ここだけじゃなかった・・!

続く・・・




読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 
人気blogランキングへ


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



 







[ 2008/03/16 15:29 ] 旅先案内 ドイツ | TB(0) | CM(0)

ドイツ 鉄道のチケット 

ドイツ、電車のチケットあれこれ


今私のいるNordrhein-Westfalen州(デュッセルドルフがある州)では、交通機関は普通の鉄道(Sバーン)と、地下鉄(Uバーン)と、路面を走るトラム バスなどがあります。

それの全てに同じチケットが使えます。

チケットに制限時間が設けられていて、それを過ぎない限りどの交通機関も乗り降り自由。
これは便利です。

そして、いろんな種類の格安チケットがあって賢く利用すればちょっとお得に。


たとえば、

私のいるessenからデュッセルドルフの位の区間なら、31.3ユーロで4回乗れる。とか。

州内の片道2時間でいける距離なら15,2ユーロとか。

土日祝日は普通電車のみ(ICとかはだめ)5人まで33ユーロで国内どこまででも乗れる。とか。


なんかちょっとまだ全て把握仕切れてないんですけど、
こんなチケットが各州ごとにあるみたいです。


コレを知っていれば、よほど短期間で長距離を移動しない限りユーレイルパスとかはいらないなぁ・・と思うのです。
や、時間がたっぷりあってね、ゆるりと旅できるんであれば。
だって例えば片道33ユーロでデュッセルからベルリンまでいけるんなら、ビンボーな私なら使いますね。
ちなみに普通に買ったら100ユーロくらい。時間は約4時間強で、ICが使えます。
普通列車だと1時間~1時間半増しになるけど、寝てりゃァ関係ないし。



しかし、コレをちゃんと把握して使いこなすのはちょっと難しいですよね。
日本じゃあまりそういう情報ないし。
私も管理人さんに聞くまで知りませんでした。


まだ今の地区からデュッセルまでの4回チケットしか買ってないので、今度他の割引チケットを使ってライン川沿いあたりを散策してこようと思います。





読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 
人気blogランキングへ


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



 















[ 2008/03/12 07:36 ] 旅先案内 ドイツ | TB(0) | CM(1)

デュッセルのお菓子屋さん 

 イースターのディスプレイが可愛いお菓子屋さん「ハイネマン」
 

アパートのオーナーSさんと、一緒のアパートに住んでるバレリーナのTさんの案内でデュッセルドルフ観光をしました。

Tさんは前に数年デュッセルドルフに住んでいたことがあるそうで、

「私が案内してあげる~~にこ(ちょっとゆるり系)」

と言ってお気に入りのお店とかを次々に案内してくれました。




Tさんが特におススメしてくれたお店が「ハイネマン」

hainemann



とても可愛いお菓子屋さんで、ショーウインドーから眼を引きます。
3月23日がこちらではイースターだそうで、ウサギやら卵やらの色とりどりのチョコレートなどがきれいに飾られていました。

イースター



店内もお菓子がずら~~と並んでいて、奥にケーキが買えるコーナーもあります。


「2階がね~カフェになっててケーキ食べられるんだよ~~」はぁとvv
って言っていたので、今度はぜひカフェの方に行って見たい・・!


しかし、ここのお菓子、結構いいお値段します。
・・・今度来たときに買おう・・。と思い、今回はみるだけにしました・・。



だってその前に「ノイハウス」(ベルギーのチョコやさん。日本でもおなじみ)でトリュフを買っちゃってたんだもん!

やっぱりこっちで買うと日本で買うより安いですね。
トリュフ3つで1,8ユーロ。(いまだと280円くらい?)
手前がマンゴーラッシー、白いのがローズ、黒いのがカシスです。

ノイハウス




夜のおやつに美味しく頂きました。アップロードファイル
今度はハイネマンでチョコ買おうアップロードファイル



読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 
人気blogランキングへ


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



 








[ 2008/03/10 05:17 ] 旅先案内 ドイツ | TB(0) | CM(4)

ドイツ生活1週間 

ドイツにやってきたぞ


ドイツに来て1週間も経ってしまいました。

ホントはもっと早く更新する予定がネット環境が上手く整わなかったり、友人宅に遊びに行ってたりして今になってしまいました。

今、デュッセルドルフから電車で1時間くらいのESSEN(エッセン)という地域にいます。
そこにアパートを借りて滞在中。

アパートオーナーさんのお話によるとエッセンは昔、炭鉱で栄えた街らしく、炭鉱跡も残っているそう。
暗い炭鉱跡を見て回るツアーとかがあるらしい。。
ちょっと面白そうだな。きゃ暇があったらいって見たい。


ところで私の住んでるところは、地下鉄駅近くにショッピングモールがあって、アパートの目の前に教会があって、人も多からず少なからず、生活するにはとてもいい環境オレンジのきらきら
essen

こんな教会が窓から見えて素敵です。

その上、管理人の方(日本人女性)がすっごい面白くてお話好きで、面倒見良くて料理上手いので、いっつも管理人さんちに顔出して一緒にご飯とか食べてます。

もう一人一緒のアパートに暮らしてるバレリーナの(本物はじめてみた!)Tさんとも仲良しになって、3人で遊んでます。


そんな感じでろくにアパートから出ず うだうだしてたら1週間経ってました!!早ッ!

管理人さんに
「あんた、まだ観光して無いでしょ??」

って言われて、

「あ~~・・そういえばぁ~~・・」とか言ってたら、

じゃー3人でデュッセル行こうよー♪って話になって、今日まじめにデュッセル観光してきましたww



そのお話はまた明日ーー。



読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 
人気blogランキングへ


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



 










[ 2008/03/09 09:24 ] 旅先案内 ドイツ | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。