スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ロンドン 街中ギャラリー 

 続。ロンドン小ギャラリー 


今日紹介するのは、今まで紹介した中で最もギャラリーらしくない(?)ビルに入っている二つのギャラリーです。


今回の場所の最寄り駅は地下鉄「Oldstreet」
             か「Liverpoolstreet」あたりでしょうか。

そこからちょっと歩きます。
Shoreditch high street沿いにある目的のビルの名前は、


 Tea building 


古くて大きなこのビルの中には、ギャラリーの他にいくつものオフィス、バーなどが入っています。


はじめ、見つけたときに入ってしまった小さな入り口はバーへの入り口でした。
(バーは広くておしゃれな感じでした。昼間だったのでまだ営業してないようでしたが。)

バーの入り口の先にマンションの入り口のような
「関係者以外入れません」みたいな雰囲気の入り口があって、こちらからビルの中に入れます。


中に入ってみると、倉庫のような暗くて広ーい空間。。
ホントにここでいいのか・・?

見るとセキュリティらしき窓口がぽつんとあります。

中にいたおじさんに聞くと、ギャラリーはここで間違いない様子。


そして1階に一つ目のギャラリーがありました!
名前は


Rocket Gallery  

小さなギャラリーですが、スペースがいくつかあるみたい。
私が行ったときは2カ所くらいに展示が分かれていました。
誰の展示だったか忘れましたが、ポップな感じの作品が並んでいました。

このギャラリーのサイトで以前の展示作品を見たり出来ます。
もちろん最新の展示情報も。
このサイトもポップです。アーティストの紹介ページとかのデザインも可愛い!

気になる方はこちらからどうぞ。↓
http://www.rocketgallery.com/index.html


「rocket Gallery」をでて、ビルの暗い階段を上がっていきます。
ホント、倉庫みたいでちょっとこわい・・。
ビルの中自体は古くてかっこいいんですけどね。
コンクリ打ちっ放しの廊下だったりして。

tea building
ちょっと古くて良い感じの雰囲気あるでしょ?


Hales gallery  

こちらもRocketと同様の小ギャラリー。
サイトでギャラリー内部が見られます。

シンプルなサイトで過去の展示や最新の展示情報が見られますよ。
Tea buildingの地図も載っているので、この二つのギャラリーに行くにはこちらを参考に。↓
http://www.halesgallery.com/


ちなみに「Tea building」のウェブサイトはこちら。↓
http://www.teabuilding.co.uk/

英語サイトですが、外観などの写真があるので下調べにはいいんじゃぁないでしょうか?

地図がダウンロード出来るのですが、周辺のギャラリー、レストラン、クラブ、バー情報も書かれてます。
地図上で見ると周辺にギャラリーも結構多いみたいですねぇ。

わりとこの辺、おしゃれ地域なのかも??


各サイトで最新情報をゲットして、ぜひ、ギャラリー巡りしてみてくださいね!







読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ












スポンサーサイト
[ 2007/05/27 04:10 ] 旅先案内 イギリス | TB(0) | CM(1)

ロンドンの小ギャラリー 

 ロンドン街中小ギャラリー


ロンドンで行ったギャラリーをまだまだ紹介してみます。

 「Haunch of Venison」    

ここはホントーに街の中のマンションのようなビルの中に入っているギャラリーです。

最寄り駅は地下鉄の「ボンドストリート駅」か、
         「オックスフォードサーカス駅」

Brook street沿い(割と小さい道路です)からちょっとビルの間を入っていくと入り口があります。

Hounchof venison

ちょっと場所が分かりにくいかも・・


ここはビルの1階~3階をギャラリーにしています。


私が行ったとき(2006年7月)は、「Bill Viola」の展示をやっていました。


「Bill Viola」は年末あたりに六本木ヒルズの森美術館でやっていたので、ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんね。

私も森美術館の展示を見に行ったのですが、実はここではじめて彼の作品に会ったのでした!


ロンドンのギャラリーはほとんどが無料だし、森美術館とは比べものにならないくらい小さなギャラリーだったので、「Bill Vola」が
こんなに有名なアーティストだったとは全く知らず・・。


このときもビデオ作品を何本か上映していたのですが、来ていたお客さんはみんなフロアに座り込んでスローモーションの作品が終わるのをじーっと見入っていましたよ。

空間はけして広くはありませんが、作品の雰囲気もあって楽しめました。


ここもホームページがあるので貼り付けておきます。
次回の展示内容、地図などをチェックできますよ♪

ここのホームページ、シンプルでかっこいいです。。



http://www.haunchofvenison.com/en/#page=london



読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ







[ 2007/05/23 03:02 ] 旅先案内 イギリス | TB(0) | CM(9)

ロンドン街なかの小ギャラリー 

ロンドンの小さなギャラリー  



ロンドンには、無料で入れる小さなギャラリーがたくさんあります。


日本で言うと銀座や表参道のよう。



それぞれのギャラリーは、町中のビルの一角にあったりして普通にしてると気づかなかったりするくらい小さなものもあるのですが、

「Timeout」紙を買って面白そうな展示をチェックし、町中ギャラリー巡りをしてみましたよ。


White Cube Hoxton Square


ここは
オールドストリート駅を降りて、オールドストリートからちょっと入ったところにあるギャラリー。

白壁とレンガで出来た建物で、目の前が公園という気持ちの良いロケーション。


white cube ギャラリー
外観がオシャレなギャラリーです。


1階部分と2階に展示室があり、割と広めです。


私が行った時はダミアンハーストなど(彼はそのときどこでも彼の作品を見かけるくらい展示をやっていました!)現代アーティスト数人による展示。

全体的に「黒」を基調とした展示内容で渋い空間でした。


で、彼はまたやってくれてマシタ・・。


友人に、「見ない方が良いんじゃない・・・?」

と言われ、「エ??何?」

と、真っ黒な画面をよーーくのぞいたら。。



キャアアアーーー!ハエーーーー!ハエーーー!!!!!!




画面全部ハエでした(笑)


それ以上みられませんでした。ゴメンナサイ。




よく集めたな・・あんなおっきい画面いっぱい(感心




white cubeのウェブサイトはコチラ(英語)
http://www.whitecube.com/
何か、セントジェームズパークあたりにもギャラリーが出来たみたいですね。

これからの展示はこちらでチェックです!




読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ





















[ 2007/05/23 03:01 ] 旅先案内 イギリス | TB(0) | CM(2)

大英博物館~2 

大英博物館~2  



大英博物館の展示については前回お話したので、今日はその他の施設について。


大英博物館にはとっても大きな図書館が建物の中央にあります。


小さな入り口を入ると広い空間にびっしりと本が並べられた壮観な眺めが目に飛び込んできます。
上はドーム型になっていて、白い壁とさわやかな自然光が室内を明るくしています。


大英博物館 図書館


図書館の横の階段を上がっていくと、上にレストランがありました。
モダンな内装でちょっとおしゃれなレストランで、1階にあるフードコートよりも高級な感じ。
ティータイム、ランチなど、時間が分かれているので注意です。


1階にあるミュージアムショップは、面白いおみやげが買えそうです。
文具、お菓子、ガイドブックやはがき、置物ナドナド。。
エジプトの棺のカンペンケースとか、エジプシャンキャットの手乗りサイズの置物とか、ここでしか無いものがたくさん!!
しゃれの効く友達のお土産に良さそうですよ♪





読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ





 



[ 2007/05/13 23:26 ] 旅先案内 イギリス | TB(0) | CM(0)

大英博物館でオモウコト 

ロンドン 大英博物館 


今日はロンドン「ギャラリーめぐり」、というか、「博物館」見学したときのことについてです。

「大英博物館」は、ロンドンに来たら行ってみたかった場所の一つでした。

トッテナムコートロード駅やラッセルスクエア駅から5分ほどのこの博物館は巨大な神殿みたい!!!その大きさに驚かされます。


大英博物館



中に入ると、中央に図書館、右にインフォメーション、左にオーディオガイドの貸し出しカウンターがあります。

オーディオガイドを借りようかと思ったのですが、一部の部屋にしか対応してないとのことだったのでやめました。残念・・。



左側の入り口から、早速展示室に入りました。



大英博物館の展示室は国や時代ごとに分かれていて、入ってすぐの部屋は古代エジプト文明の部屋。
有名なロゼッタストーンは入り口付近に展示してありました。
他にもギリシア、アジア、アメリカ、アフリカなどの部屋があり、その収蔵品の数の多さに圧倒されます。



とにかく展示室の中にはギュウーって、巨大な石像やスフィンクスだのどこかの宮殿の柱だの・・「こんなん持ってきちゃったの??!!」
っていうものがズラリ・・。

その上お客さんの数もいっぱい。

現地の小学生らしき団体が観光に来ていてわいわい展示物をみてたんですけど、一人の子が持っていた紙を展示物のレリーフに押し当てて、鉛筆で“型”取っていた!!


キャァ~~・・・結構自由デスネー・・(違う


展示物はむき出しなのでまぁ触ろうと思えば触れるのですが、何か壊されたりしないのでしょうか。。
写真撮影も大丈夫だし、お客さんにとっては嬉しいですけどね。





さて、順に沿って進んでいくと、エジプトのミイラや棺が展示されている部屋に入りました。


この部屋にはキラキラに装飾された棺や豪華な飾り、人や猫のミイラなどが展示してあるのですが、


その中に人の死体がそのまま発掘されたみたいのがあったんです。



ミイラだったらちゃんと内臓きれいにして「ミイラ処理」にして棺に納めてあるわけですよね?

そうじゃなくて、土の上に倒れ込んだまま干からびた死体。みたいな。



その死体を、たくさんの観光客がとても面白そうにみているっていうその光景を少し離れたところから眺めていて、

実はなんだか少し気分が悪くなってしまって・・・。



で、見回してみたら、その部屋全部死体(ミイラ)だらけ(笑)



「あーー全部お墓から掘り起こしちゃったんだー」

と思ったら、背中のあたりがゾクッとしてしまって。


死んだ人を見て(ものすごく古いものだけど)それを「貴重な資料」だと割り切って興味深く眺めるということが出来なかったのです。

この部屋からは、人間のエゴを感じる事が出来ますよっ(なんじゃそりゃ


ア、といっても私は博物館大好きだし、エジプト文明も好きだし、発掘してくれなきゃ知ることも好きになることも無かったわけだから全く否定はしないんですけどね。

たぶん自分も人間だから、

「ミイラって面白いナァー」と思う


「私も他の人間(盗掘した人)と一緒じゃん」と思う


「私って(人間って)だめじゃん・・」みたいなマイナス思考


「でも歴史を知るためには発掘は必要じゃない?」プラスに考える

「エ?死体掘り起こしても?」

「やっぱだめかな・・?どうかな・・?」

変に考え続ける・・・。

気分が悪くなる。


というおかしな循環が頭の中で起きていて、エジプト文明エリアは最初の1部分だけなのにもうぐったり疲れてしまっていたのでした。




それで、大英博物館見学で思ったこと。

「博物館は、歴史的な展示物をみて過去を振り返ったり、各国の文化を知ったりするだけの場所ではなく、“人間”を考える場所でもある。」


・・・たぶん・・・。(と、私は思った。)





でも、今までたくさんの博物館に行ってきましたが、こんな事を思わせてくれたのはここが初めてだったので、



やっぱり大英博物館はすごいぞ(笑)(←何でも肯定派





読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ




 




























[ 2007/05/11 03:08 ] 旅先案内 イギリス | TB(0) | CM(2)

ロンドン ギャラリーめぐり 

公園の中のギャラリー 「サーペンタインギャラリー」  


パディントンの駅から15分ほどのところにあるハイドパーク。

すごく広~くて気持ちの良い公園ですが、その中に「サーペンタインギャラリー」というギャラリーがあります。
サーペンタインギャラリー
右側には何かのイベントの名残が・・。

建物は一展示のみの小さな空間ですが、中にはいると結構広くて静か。



小さなミュージアムショップも併設してあって展示はもちろん無料で入れます。


主に現代アートを展示しているようで、受付では2ヶ月くらいごとの展示内容を1冊にまとめたダイアリーが貰えました。
サーペンタイン ダイアリー
はがきサイズのコンパクトでポップなダイアリー。


これがまた・・おしゃれで・・・。



ページごとにその月に展示されるアーティストの作品の写真などが使用されていて、メモできるスペースもあり、ちゃんとダイアリーとしても機能するというスグレモノ!(2ヶ月分ですが・・)

サーペンタイン ダイアリー
中身はこんな。右はメモスペース。展示やギャラリートークの情報が載ってます。


これをみながら次回の展示のチェックも出来ちゃいますね~。


ハイドパークの散歩がてらによってみてはいかがでしょうか?





読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ










[ 2007/05/07 01:53 ] 旅先案内 イギリス | TB(0) | CM(2)

テムズ川沿いの観光名所 

 ビッグベンとテムズ川とロンドンアイと 

ロンドンで割と「気持ちいいなぁ~」と思いながら観光した場所がテムズ川を挟んだこのあたり。

ウエストミンスター駅で降りると、まずビッグベンと国会議事堂とウエストミンスター教会が見えます。

ビッグベン
個人的にビッグベンはピーターパンを思い出します。

交通量が多く近代的な政治の中心エリアにネオゴシック様式の国会議事堂とビッグベン。さすが、堂々としてます。

ビッグベンは一度本物をみてみたかった~!
子供の頃ピーターパンを読んでいてロンドン憧れてました。

しかし国会議事堂、遠くからみても近くでみてもすごい細かい装飾!!
見応え、風格共にさすが中心!て感じです。
議事堂は内部見学ツアーもあるみたいです。
外で学生さんらしき人たちがツアーが始まるのを待ってましたよ。
ちょっと行ってみたかったけど、その日の目的がそこじゃなかったので断念。


その目の前に「ウエストミンスター寺院」があります。
実はこっちも入らずじまい。。(オイ・・
すごい並んでたんです・・。


ウエストミンスター寺院
 ウエストミンスター寺院

ビッグベンの横を通り過ぎてテムズ川を歩いて渡ります。
もうその対岸には巨大な観覧車「ロンドンアイ」が・・。


対岸に渡る、と川沿いの大きな建物の中に美術館や水族館が入っていてカフェなんかもあったりして、「遊べる」エリアになってます。

ロンドンアイ
真っ白で大きな観覧車です



さて、巨大観覧車「ロンドンアイ」ですが。


高さ135メートルで、1周30分!!!
長ッッ!!
しかも一つのゴンドラに25人も乗れる・・・。


関東最大級と言われる葛西臨海公園の観覧車でも結構大きいなと思ったのですが、こっちは1周17分で最大6人乗りなので、・・・比較になりません・・。

しかもここもメッチャ並んでる~~~!何分待ち???
だから乗ラナイ・・・(また!!


料金は大人13ポンドです。目の前のカウンティーホール内にチケット売り場がありました。
夜は冬8:00まで夏9:00まで運行しているみたいなので、一日の終わりに夕暮れのロンドンを一望・・・ってのも結構ロマンチックデスネ。



その日ことごとく観光名所をスルーしてきた私たちが行きたかった目的地は、「サーチギャラリー」。
ロンドンアイの目の前に建つカウンティーホール内にある美術館です。
ここではモダンアートの作品が見られます。


・・・はずだったのですが。。。。


行ってみたら

「今日は展示が無いからお休みです。」

っていわれた・・・・!!

ここも企画展のみなの??常設展無いんですかー?


ガイドブックには無休って書いてあったのになぁ。



というわけでその日は観光名所を外側から眺めた一日でした。

でもこの辺の雰囲気好きです・・。



読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ




 














[ 2007/05/04 02:56 ] 旅先案内 イギリス | TB(0) | CM(0)

ロンドン ギャラリーめぐり 

ロンドン ヘイワードギャラリー   



テートモダンと同じくテムズ川沿いにある小規模な美術館、「ヘイワードギャラリー」

ロンドンの有名な観覧車「ロンドンアイ」から約10分ほどのところにあるこのギャラリーは、入り口がガラス張りになっていて隣にスターバックスを併設しているという、いかにもモダンなギャラリーです。

ビルの2階に入り口があります。

ヘイワードギャラリー

小さいながら洗練された雰囲気の入り口


ここも現代美術が展示されていますが、常設展示品は持たず、特別展やイベントなどが開催されているようです。

そんな美術館も面白いですよね。


私が行ったときはある雑誌で取り上げた特集をテーマにした展示だったらしく、ピカソの絵画から古代の美術品まで様々なものが展示してあると同時に、創刊当時からのその雑誌が閲覧出来るようになっていました。

企画展の展示内容によっては楽しめるギャラリーだと思います。


中の設備としては、クロークあり。
         小さいながらミュージアムショップあり。
         隣にスタバあり。

展示内容やイベント情報はウェブサイトでチェックできるようなので、気になった方は是非こちらもチェック!(すべてがヘイワードギャラリーで開催されるとは限らないようです。音楽イベントなどは場所もチェック!)
http://www.haywardgallery.org.uk/




読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ




 





[ 2007/05/01 01:01 ] 旅先案内 イギリス | TB(0) | CM(2)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。