スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ブロードウェーのフットパスで 

ブロードウェーのフットパスをあるく  



コッツウォルズを歩いていると、どこでも黒いからだに白い毛の生えた羊を見かけます。


遠くから見ていると、小さいクロとシロの転々がとてもかわいかったので、もっと近くで見たい!!と思い、ブロードウェーのフットパスを歩きながら羊を探すことに・・。 


インフォメーションの近くのお総菜屋さんで、キッシュ、キドニーパイ、オリーブ、木イチゴのパイを買って、いざ、羊探しの旅へ!


街の中心の道路を通って、小高い牧場目指して進んでいると・・・

道のそばの草地で普通に羊の親子が草を食べていた・・・!!

コッツウォルズ 羊




アレ?もう目的達成・・?


あまりにもあっけなく見つけてしまったので少々拍子抜け。
馬とか羊とか、身近にいすぎです。。ココハ。


目的は達成されたけど時間はまだ十分あるので、どんどん先へ進み、フットパスを発見!

柵の先は牧場になっているようで、小高い緑の丘陵が広がっています。



周りには何もいないようなので てくてくと丘を登ってみました。




丘の上に来ると遠~くまで景色が見渡せます。
大きく深呼吸したくなる気持ちよさ! 遠くの牧場で牛と馬と羊がのんびりと草を食べているのも見えます。

コッツウォルズ 景色
とても眺めの良い丘の上



木陰に座って、お昼にすることにしました。




美味しいキッシュやキドニーパイを食べながら遠くの馬を眺めていると、馬たちがちょっとずつ移動していくのが分かります。

「ア~こうやって草を食べながら牧場内を移動して行くのね~」

と思いながら見ていると、

馬たちが突然走り出しました!!


「おおッ!!走ってる!カッコイ~~!」

と思ったのもつかの間、



「・・・??・・こっち来てる・・・・?」


「6頭の馬がこっちに向かって軽快に走ってきてる~~!!」



馬になじみのない私は近くに来た馬たちにドキドキでした。



数十メートル先で馬が草を食べてます。
コッツウォルズ 馬




馬って大きくて凄くきれいな体をしてるんですね。
足とかお尻あたりの筋肉とかホント素晴らしく美しい!!
ちょっと感動しました・・。


馬たちは人間に特に興味を示す様子もなく、黙々と食事をしながら次の場所へ移動していきます。

なんだかサファリパーク(?)気分。

こんな体験ができてしまうのも、フットパスの魅力かもしれないと思ったのでした。





読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ




 








スポンサーサイト
[ 2007/03/26 01:47 ] 旅先案内 イギリス | TB(0) | CM(2)

ブロードウェーのキドニーパイ 

コッツウォルズ、ブロードウェーでキドニーパイを食べる 


ブロードウェーのインフォメーションがあるアーケードの中の一番端に
「ブロードウェーデリ」というお総菜屋さんがありました。


店の外にはバスケットにかわいらしくディスプレイされた野菜やワインが置いてあって、店の中のガラスケースにはとても美味しそうなサラダやキッシュ、パイやケーキなどが売られています。


フットパス散策をするためにお昼用の食べ物が欲しかった私たちは、
そのデリで何か買っていくことにしました。

ブロードウェーデリ
店のディスプレイがとてもかわいいお総菜屋さん。



ショーケースをのぞいていて気になったのは・・・

キドニーパイ。 

キドニーパイはイギリスの伝統料理で、牛肉の腎臓をタマネギなどと一緒に煮込み、それをパイで包んで焼いたもの。



それを作ってみた方の話では、


ちょっと癖がある

とか・

暖かくて出来たてなら美味しくいただける。

とか・・

イロイロあるようですが、

せっかく伝統料理なんだから挑戦してみよう!!
ということで、購入してみました。



とてもボリュームのあるパイで、味も特に癖が強いということもなく、ビーフシチューが中に入ったような感じ。

ごろごろと入ったお肉が食べ応えがあってビールに合いそうなお味でした。(私基準・・)

冷えていてもとても美味しくいただけましたよ。




このデリの作り方が良かったのでしょうか・・?

伝統料理ということで、おそらく店によって味が違うのだと思いますが皆さんも、是非挑戦してみてください。

そのほかにもタルトやキッシュを買ったのですが、どれも凄く美味しかったです。また外で食べたのが気分を盛り上げたのかも・・。



ブロードウェーに行って散歩をするならこのお店でランチを用意して行きましょう!!




読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ




 




[ 2007/03/23 04:38 ] 旅先案内 イギリス | TB(0) | CM(0)

コッツウォルズ ブロードウェー 

ブロードウェーに泊まる  



数日滞在したチェルトナムを後にして、今度は「ブロードウェー」という街に滞在することにしました。

「ボートンオンザウォーター」のインフォメーションでその日の宿を探してもらい、バスを乗り継いで「ブロードウェー」へ。


「ブロードウェー」に降り立ったのは夕方4時前後。


街の印象・・・・・ナニモナイ・・・・。

イヤ・・・!いくつかお店とレストランがあります!

雑貨屋さん、お菓子屋さんとデリ、パブに、ホテルに、インド料理レストラン・・・そんな感じです。(←たぶんもう言い尽くした・・)



中心は、街の端から端まで30分もあれば歩くことが出来マス。
とても小さくて見晴らしの良い街。

ブロードウェー コッツウォルズ
もう片方に同じような店があるだけの小さな街

町中で最も有名なのは、「リゴンアームズ」というマナーハウスでしょうか。
ガイドブックによると、16世紀以前のマナーハウスらしく、清教徒革命の時に国王チャールズ1世やクロムウェルが泊まった伝統と歴史の詰まった宿らしい・・・。


そのほかにもブロードウェーにはいくつかB&Bやホテルがあって、併設したレストランは宿泊客以外でも食事をすることが出来ます。

ブロードウェーは、(夏の場合でしたが)午後6時にはお店が全部閉まってしまいます。
夏時間で8時くらいまで明るいのに、街はとっても静かになります。
あいているのは数件のレストランとホテルのレストランのみ。

なので、夕食時はどこも割と混んでいました。(食べるところが限られるから、当たり前ですね。)


こんな早く街が機能しなくなって、みんな何するんだろう。。と疑問に思ったのですが、きっと町の人は夜の家族と過ごす時間を大切にしてるんだろうなぁ。
コッツウォルズって、どこでもそんな暖かい家庭が想像出来るような町並みをしています。


でも観光するならモチロン午前中をおすすめしますヨ。


インフォメーションは、中心のHigh street沿いのブロードウェーアーケードの中です。

隣にある量り売りのお菓子屋さんもかわいい!100グラム3ポンド位からチョコやキャンディーが買えます。
ブロードウェー
全部欲しくなる!色とりどりのキャンディー




ちなみにブロードウェーを通るバスは、日曜完全運休デシタ。注意して予定を組んでくださいね。




読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ




 





[ 2007/03/21 03:54 ] 旅先案内 イギリス | TB(0) | CM(0)

コッツウォルズ ボートンオンザウォーター 

ボートンオンザウォーターへ行く。


旅行記復活です。

「ボートンオンザウォーター」は、チェルトナムからバスで35分ほどのにぎやかな街です。
といってもコッツウォルズの「にぎやか」なので、観光地で人が大勢いてもだいぶのんびりムードが漂ってます。


ここはバイブリーよりも大きく、街の中心に川が流れていて周りの芝生に人々が寝そべったりピクニックをしたりしています。
町中の建物はみんな茶色の石で出来ていて、雰囲気のあまりのかわいらしさに、どこかのテーマパークにでもいるのかという錯覚に・・・。


一緒の宿に泊まっていた方が、「ボートンオンザウォーター」のことを「コッツウォルズ銀座」と表現されていましたが、かわいいおみやげ屋さんやカフェが並び、たくさんの人が観光に来ているのを見ると、ア~~なるほど・・と納得。


インフォメーションがバス停から川沿いに数分歩くとあるので、宿情報やバスの時刻表などはここでもらえます。
インフォメーションで教えてもらった、小さくてかわいいカフェでお茶をしました。


名前は「スモールトーク」

スモールトーク
かわいい石作りのお店です。


入り口や店内は小さくて、ディスプレイがとてもかわいいカフェです。
割とおじ様おば様が多かったなぁ。観光に来るのがそのくらいの年の人たちが多いのかも。


ここではクリームティー(紅茶とスコーン2つ)や軽食を楽しむことが出来ます。
私も念願のクリームティーを注文しました!(←イギリスで優雅にアフタヌーンティー!というベタなシチュエーションを体験してみたいと思っていた人・・)


大満足です(笑) クロテッドクリームがオイシイ!何で出来てるのかちょっとよく分からないのですが・・冷たくてアイスクリームみたいな感じ。味はバニラよりもっとバターっぽいかなぁ・・?カロリーは高そうですが・・後を引くおいしさで、スコーンにぴったりでした。
アフタヌーンティー
スコーンがおいしかったぁ~





おしゃべりをしながらゆるゆると午後を過ごし、川のそばの芝生に座ってスケッチしてみたりして、何とも優雅なひとときでした。



ここから2キロほど北に行ったところに「ロウアースローター」という村があるそうです。
実は移動途中で荷物が多くて行ってないのですが、そこは観光客もあまり行かないので静かにのんびりと散歩が楽しめるそうですヨ。

そこからまた2キロほどで「アッパースローター」という村にいけるそうで、そこには「ローズオブザマナー」というマナーハウスがあるそうです。

今度行くときはそっちにも足をのばしてみたいなぁと思ったのでした。




読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ




 




[ 2007/03/19 03:04 ] 旅先案内 イギリス | TB(0) | CM(2)

スーツケースがほしい・・ 

今日はちょっと旅行記お休みです。


今日、地球の歩き方直営の「地歩工房」というサイトで、スーツケースが割引になってるのを発見しました。


実は私、この間の旅行でスーツケースを壊しまして・・。

新しく、頑丈で軽くてかわいいやつが欲しいなぁ~と思っていたところなのです。


で、見つけたのが「エース・プログレ ユーフォニー」!!


サムソナイトなどの有名ブランドを手がけてきた世界トップクラスのラゲッジメーカー「エース」の人気ブランドが、このプログレシリーズです。


頑丈で軽い、その上収納力も抜群で、カラー展開が多いのも嬉しい!

この「エース・プログレ ユーフォニー」は、ポリガーボネイドという新素材を使っていて、ABS樹脂素材のものよりも衝撃に強く、耐久性に優れているんだそうです。
データでもABS樹脂の5倍、塩化ビニル樹脂の50倍というスゴイ耐久性がでてるらしいですヨ。


よく分からないけど、強そう!(笑)


ケースにはオートロック機構が採用、しかも施錠はカードキー!

フレーム部分には超軽量、超硬質のマグネシウム96%合金!

ハンドルの高さが身長に合わせて固定出来る!

4輪キャスター!




よく分からないけど、すごそう!!(笑)




しかもカラー展開が7色!
(←ココ、重要。私にとっては。)



ポップな水色のスーツケースが前から欲しかった~~・・。


やっぱ、旅は見た目も重要!持ち物がかわいけりゃ気分も晴れる!
というのが私の旅の基本なので、デザインが良いというのはかなりの高ポイントなのです。
それにスーツケースとしての機能がばっちりだったら言うことナシ!!



しかも、、、
3/1~5/15まで春の感謝セール開催中で20%OFF!!



コレハ今手に入れておくべきかも・・・。

と、サイトを見ながら思ってしまったのでした。


買っちゃったら絶対すぐ旅に出たくなるな・・きっと・・。







読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ




 

















[ 2007/03/16 02:48 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

コッツウォルズ フットパスを歩くには 

コッツウォルズのフットパスを歩くには 


コッツウォルズのフットパス(公共の遊歩道)は、たいてい草地です。

まあ、とーっても田舎ですから当たり前なんですが・・。

ですから、歩くにはスニーカーが必要です。


途中、お店も何もないところを歩くので、行く前に水などを用意しておいた方が良いと思います。
時間がお昼にかかるなら、ランチも用意しておくともっと良し!
眺めの良い草地でピクニックが出来ます。



「Footpath」という標識があれば柵があっても入ってオッケー。

たまに中に馬や羊がいますが、遠巻きに見ているぶんには心配いりません。けど、動物をびっくりさせないように注意デス。

牧場はとても広いので、結構歩きます。
良い運動になります。


私が行った夏の時期のコッツウォルズは比較的涼しくて、ジャケットを着ていても大丈夫なくらいの気候でしたが、昼の日差しは強いので帽子や日焼け止めは持っていった方が良いでしょう。汗を拭くタオルも忘れずに。

冬はどうなんでしょうね?行ったこと無いので分かりませんが・・・。
外歩けないくらい寒かったりして・・・。



夏(7月頃)だと、8時半~9時頃に日が暮れます。
日本よりもだいぶ日が長いです。

でも、行動には余裕を持って“6時頃には宿について夕食”くらいのプランだと、疲れをためなくて良いと思いますヨ。

是非、コッツウォルズに行く方はフットパス散歩、試してみてください!

コッツウォルズ フットパス
緑のトンネル




読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ




 








[ 2007/03/14 01:56 ] 旅先案内 イギリス | TB(0) | CM(2)

バイブリーのフットパス 

wハートバイブリーのフットパス(遊歩道)を歩こう!  


コッツウォルズ地方には、「パブリックフットパス」と呼ばれる公共の遊歩道が至るところにあります。

歩いていると牧場に入れたり、眺めの良い丘陵に出たり・・。

バイブリーにもそんなフットパスがあるというので、宿の方に作ってもらったサンドイッチのお弁当を持ってピクニックに出かけることにしました!



バイブリーの中心、「スワンホテル」の目の前の道を小川沿いに歩いていきます。
小川にはカモやニジマスが泳いでいて、見てるだけでとても気持ちいい!

数分歩くと、教会につきあたりました。


教会の右側のお墓(?)を抜けていくと、壁にドアがあります。
そのドアを開けて中にはいると、「バイブリーコートホテル」の庭に出ます。

バイブリーコートホテル
真ん中の道を行くとホテルの庭に入れます。とても静かなロケーション。


このホテルは石作りで、茶色の壁にツタが這い、まるでおとぎ話に出てくるみたいなホテルです。歴史を感じさせます。中では泊まり客が優雅にお茶を飲んでいるのがガラス越しに見えました。一度泊まってみたいかも・・。
静かな庭を突っ切ると、小さな川が流れています。

その川沿いを左に進んで橋を渡ると、小さな集落を抜けて牧場の入り口にでます。

サア、ここからが「パブリックフットパス」です。


牧場の入り口には木で出来た柵がありますが、「Footpath」と書いてあれば入っても大丈夫。

でも、柵には「Bull in the field」って書かれてあったりして。。

巨大な生き物(?)にあんまり慣れてない私はちょっとどきどき・・。



でも、遠~くの方に小さく牛や羊が見えただけでした。ヨカッタ・・。
牧場自体、広いですからね。



コッツウォルズ バイブリー

緑がいっぱい。空気も澄んでいて癒されます。

広い緑の景色を見ながらのんびり散歩をして、ちょっと木が倒れているところに腰をおろしてサンドイッチをいただきました。


風が気持ちいい~~~。サンドイッチウマ~~!!


やっぱり外で食べるランチっておいしいですね。
大自然の中だと雰囲気もあって一層美味なんですよね~。



そんな感じで休憩をしつつ、そのまま一時間ほど牧場や畑の間を歩くと、最終的にバイブリーに来る途中のバスルートに出られます。

その道路を15分ほど歩くとバイブリーのバス停に戻ってこられました。


バイブリーの中心は一時間もすれば見終わってしまうので、お弁当やスケッチブックを持ってフットパス散歩、いかがでしょうか?

イギリスの田舎の風景を存分に味わえますよ!




読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ




 








[ 2007/03/12 00:49 ] 旅先案内 イギリス | TB(0) | CM(0)

コッツウォルズ バイブリー 

コッツウォルズ バイブリーヘ  


チェルトナムスパから、バスを乗り継いで「バイブリー」という小さな村に行ってみることにしました。

宿の方も、緑が多くてとても良いところだと言っていたのでちょっとわくわく・・。
近くのフットパス(遊歩道みたいなもの)の地図と、ナント、「あまりお店がないから・・」とサンドイッチとフルーツのランチを作っていただいて、いざ、バイブリーヘ!


「チェルトナム」のロイヤルウェルバスステーションから約40分ほどで「サイレンセスター」という街へ。(ちなみにチケットはバスの中で買います。往復でも買えます)

「サイレンセスター」も「チェルトナム」と同じようにちょっとした“街”で、かわいいお店が道を挟んで並び、中心に時計台があります。


ここからバスを乗り換えて、15分位で「バイブリー」です。


「サイレンセスター」からのバスで往復のチケット代を払うと、運転手さんはチケットをくれませんでした。

このバスは一日数本しかなく、運転手さんが一人なので乗った人をちゃんと覚えていて


帰りは「顔パス」!!!



なんだそうです・・・。ホントウカナア・・。(←不安)




とにかくバスに乗り、田舎道をドンドン走ります。




バイブリーにつくと、そこは小川が流れ、緑があふれ、かわいい家の建ち並ぶ小さな村でした!!

空気もおいしくて緑もみずみずしくて、とても気持ちいい!!
バイブリー 
小さな小川では、白鳥やカモがゆったり泳いでいました。



幸いにも天気も良くて、暑くもなく寒くもなく、散歩にはもってこいのお天気だったので、さっそく地図をもとにふらふらすることに。




バス停のそばにはトラウトファームがあって、ニジマスノ養殖をしています。(バイブリーはそれが有名みたいです)
ここではニジマス釣りも出来るし、ニジマス料理も食べられるみたいですよ。


小川と道を挟んで建っているのが「スワンホテル」

バイブリーの老舗ホテルで、併設してるカフェでお茶することも出来ます。(コーヒー、ホットチョコなど、2.2ポンド~。ランチもアリ)


スワンホテルの前の道を小川沿いに進んでいくと、右側に「アーリントンロウ」といわれる石造りの家々ノ建ち並ぶ、美しい景観が広がります。

バイブリー
かわいすぎます・・。花で彩られたおうち




バイブリーは小さい村なので見所はそのくらいなのですが、私たちは宿の方から
「気持ちいいから絶対行っておいで!!」
と勧められた「パブリックフットパス」を歩いてみることにしました。


次回はコツウォルズのフットパスについて・・





読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ




 










[ 2007/03/10 02:25 ] 旅先案内 イギリス | TB(0) | CM(2)

コッツウォルズ地方、チェルトナムスパ 

 チェルトナムスパ 


バスで降り立ったのは、チェルトナムスパという、コッツウォルズ観光の拠点として便利な町でした。



鉄道では、ロンドンのパディントン駅から約2時間。

バスでは、もう少しかかるかな・・?ヒースロー空港から約2時間40分です。


ここはコッツウォルズ地方の中では栄えてる(?)街。

バスステーションから数分歩くと商店街もあり、
マーク&スペンサー(売ってるものがちょっと高級?おしゃれなスーパー)などのスーパーマーケットやBoots(マツキヨとLOFTをあわせたような、ドラッグ&コスメショップ。日本にも以前あったような・・)があります。

レストランやカフェ、ブティックが並んでいますが、道が広くて見晴らしがいいからか、人が多くても息苦しい感じはありません。


ここから、コッツウォルズの各村へのバスも運行してるというので、チェルトナムに宿をとって日ごとに違う場所に行って見ることにしました。



ちなみに・・
チェルトナムスパのツーリストインフォメーションは、
バスステーションから、Royal well roadをはさんで向かい側の大きな建物の中にあります。

Royal well road側は建物の裏側なので、正面にまわると建物の真ん中あたりに小さな入り口があります。
(看板がでてるので分かると思います。)
そこで各村々へのバスの時刻表などがもらえますよ!



読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ




 





[ 2007/03/08 02:55 ] 旅先案内 イギリス | TB(0) | CM(0)

イギリスのバスの格安チケット 

 ナショナルエクスプレスのFunfareで格安にイギリス内を移動しよう! 


「Nationalexpress」は、イギリス国内の主要都市を網羅しているコーチ(バス)会社です。


昨日も書いたとおりとても快適なバスで、バスの中には

エアコン、お手洗い、リクライニングシート、広い窓・・・など、

長距離を快適に移動する設備が整えられています。


チケットは、「Nationalexpress」のサイトで購入可能(英語サイトですが)なほか、現地でも、コーチステーションのチケット売り場で買うことが出来ます。
出来れば当日より、早めに買っておく方が安心だと思います。


そしてそして・・・・

もし旅行日程が数ヶ月前に決まってしまっている人なら・・
「Funfare」という激安チケットが買えるかもしれません!


これはナショナルエクスプレス社が出している格安チケットで

価格はなんと・・片道1ポンドから!!





路線、時間などが限られていますが、約2ヶ月くらい前に予定が組める人ならこのチケットが買える可能性大!
直前になるほどチケットは無くなっていきます。


こちらのチケット、ネットのみの販売になります。

購入の際に出てきた予約ナンバーをプリントアウトして、当日運転手さんに見せてバスに乗車します。

もちろんバスの設備などは通常料金の時のものと変わらないので、上手く時間や路線が自分の日程とあえばかなりお得!!

私は「チェルトナムスパ」からロンドンの「ビクトリアコーチステーション(」検索する時はLondon centralで)まで、このチケットで
ホントーに1ポンドで帰ってきました。  安っ!!!


直前ではこのチケットは見あたらないので、この春、イギリス旅行に行くって人は今すぐチェックしてみてくださいね~!

「Nationalexpress」http://www.nationalexpress.com/home/hp.cfm
「Funfare」http://www.nationalexpress.com/save/earlybird.cfm



読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ




 





[ 2007/03/06 02:06 ] ヨーロッパ移動手段 | TB(0) | CM(0)

イギリスをバスで移動する 

イギリスを移動するのに便利なバス、「ナショナルエクスプレス」  


イギリスには、国内を長距離移動するバスがあります。

そのバスは「コーチ」とよばれ、中でも「National Express」という会社はイギリス国内のいろいろなところを網羅していてとても便利です。

と、いうことで、ロンドンの「スタンステッド空港」からコッツウォルズ地方の「チェルトナムスパ」というところまで、バスを使って移動してみました!!

ナショナルエクスプレス
 白地に青と赤のロゴが目立ちます。


チケットは、空港にあるナショナルエクスプレスのオフィスで購入。

朝早い便だったからか、当日でも買えました。


チェルトナムまでは約5時間30分。

途中、ヒースロー空港で別のバスに乗り換えをします。


バスの中は窓がとても広くて眺めが良く、とても快適です。

バスの中にお手洗いまでついていて、長距離の旅でも安心!!


チェルトナムまで、サンドイッチを食べながらのんびりした田舎の景色を眺めてすごしました。

バスは特に遅れることもなく順調にチェルトナムに到着。

チェルトナムバスステーション
チェルトナムスパのコーチステーション。なーんにも無いロータリーに、色々な場所からのバスが発着します。




ここまでの道のりで片道約30ポンド。(2006年7月現在)

空港からずーっと寝てて良いことを考えると、(乗り換えはありましたが)ラクチン、かつリーズナブルです。


チケットはネットでも購入出来ます。
しかも・・・出発日が早く決まれば決まるほどお得なチケットもあるので、使わない手はないかも・・・!!

びっくりするほどお安い値段です!!


そのチケットとは・・    つづく。



読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ




 





[ 2007/03/05 04:05 ] ヨーロッパ移動手段 | TB(0) | CM(0)

イギリス、コッツウォルズ地方 

イギリス コッツウォルズ  



イギリスに入ってすぐに向かったのが、「コッツウォルズ地方」の「チェルトナムスパ」というところ。


ここは、ロンドンからバスで4.5時間ほどで行ける、美しい田園風景と古くからの家並みの村が集まるエリアです。

空港からバスに乗って2時間もすると、なだらかな丘陵地帯が広がり、牧場では羊や馬、牛などがのどかに草を食べているのを眺めることが出来ます。

各村々にはコッツウォルドストーンと呼ばれる蜂蜜色の石を使った昔ながらの民家が建っていて、歩いていると違う世界に行ってしまったかのような、もしくは「ここは・・テーマパーク。。??」というような錯覚にとらわれます。


それぞれの村で趣が違うということなので、チェルトナムスパに宿を取って、ゆっくりと見て回ることにしました。

林や牧場の中の「パブリックフットパス」と呼ばれる細い道を歩いていると、緑と風がとても気持ちよくて思わず深呼吸したくなります。

パブリックフットパスは牧場の中にも続いているので、馬や牛ちょっと緊張したりして・・・。

このあたりのB&Bやマナーハウスは外装、内装ともにどれもホントにかわいくて、女性ならきっとウキウキしてしまいます。

イギリスノ田舎をのんびりと散歩、スケッチしたいならここはおすすめです!





cottswalds

小さな教会の前の小さな公園にいた、ちいさな女の子




読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ




 



[ 2007/03/01 03:15 ] 旅先案内 イギリス | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。