スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

イギリスの空港でトラブル 

 ロンドン、スタンステッド空港のATMで。。 



今回の旅の中で一番最悪のトラブルが、今日のお話です。

ロンドンのスタンステッド空港に降り立ったとたんにやられました。


どうしたかって・・・?


国際キャッシュカードをATMに飲み込まれました。

もーー。。一気にブルーです。イギリスに入ったばっかりだったのに・・。




その日、私がスタンステッド空港に着いたのが夜12時過ぎ。

パスポートコントロールがとても混んでいたので、外に出られたのは1時過ぎ。

友人と待ち合わせしていたので、空港内のカフェ(24時間営業のカフェがありました)でちょっとお茶をして、さあ、出ようか。と言う頃には真夜中2時をまわっていました。



私はイタリアから入ったので、イギリスポンドを引き出そうと思い、空港内のATMに新生銀行のキャッシュカードを入れました。

そして、マルタ、イタリアでそうしてきたのと同じようにボタンを押しました。


一つだけ違っていたのは、表示されている金額以上を引き出したいと思い、自分で金額を入力したことです。


すると・・・

表示がいきなりはじめの画面に戻り、私のカードはそのまま出てこなくなってしまったのです!!!


ちょっとまて・・・

ちょっと待て・・何で出てこないの・・?

ちょーーっとまてええええーーー!!!!!



と。思いながら色んなボタンを押してみてもだめ。
いっこうに出てくる様子ナシ。
完全に飲み込まれてしまったみたいです。




・・・っていうかっっ
引き出せないなら何か警告あるでしょ?普通!!
カードが使えないなら出てくるでしょ?普通!!
暗証番号何回も間違えたりしてないし!!

ロンドンのATMは引き出せなかったらのみこむのかーー!!?

↑(怒り)



はぁ~・・私が気づかなかっただけで、何か表示が出てたんでしょうか・・。

「カードはかえしませんよ」    とか・・。

↑(落ち込み)


これを5回くらい頭の中で繰り返す・・。



とにかく何とかしないと、と思い、併設されていた両替所のおばさんに尋ねてみました。。

が・・「ここは銀行じゃないから。ATMとは全く関係ないから何も出来ません!」の一点張り。
心配するそぶりすらナシ。
しかも機嫌悪いし・・。

「また来たよ、やっかいなのが・・」って言ってるみたいなおばさんの対応からして、このATM関係でここに苦情、要望を言いに来る人が結構いる!!とみた・・。


だめじゃん・・便利じゃないじゃんATM・・・・。


両替所では何もしてくれないことがはっきりしたので、次の手段を探すしかありません。

でも今まで国際キャッシュカードに頼りっぱなしだった私は一気に文無しに!


さあ、どうしましょう!!?


トラブル日記(?)はつづきます。




読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ




 




スポンサーサイト
[ 2007/02/25 03:11 ] ヨーロッパでトラブル | TB(0) | CM(2)

続。ロンドンの空港でトラブル 

 続、ロンドンスタンステッド空港でキャッシュカードが。。  


ロンドン、スタンステッド空港で国際キャッシュカードをATMに飲み込まれたお話の続きです・・・。

ATM併設の両替所のおばさんはカードが飲み込まれても全く対応してくれなかったので、
今度は日本の新生銀行に電話して対策が無いかきいてみることに。


空港内の公衆電話から、ucのクレジットカードを使って国際電話しました。
これはカード番号を入力すれば電話が出来て、後でクレジットから料金が引き落とされるというもの。

出たのは若そうな声のおにいさんスタッフ。

一生懸命に事情を説明し、「・・どうしたらいいでしょう?」
と聞くと、

「カードの使用を止めることしかできません。」
と。




・・・私、国際キャッシュカードそれしかもってないんですけど・・

・・・で、その口座の中にお金全部入ってるんですけど・・・・





ちなみにカードの使用を止めてしまうと、日本に帰ってからじゃないと再開出来ないとも言われ、いよいよ本気で困ってきました。


その上お兄さんは、
「現地の警察に行ってその旨を伝え、証明書をもらい、さらにATMの会社に電話してカードの引き渡し方法を自分で確認してください。」と・・・。


思わず、「それ、私がやるんですか・・・?」
と聞いてしまいました。←(まぁ、あたりまえか)


でも、すぐにロンドンから郊外へ移動する予定だったし、警察とかどこにあるのか分からないし、英語で説明なんか絶対出来ないと思ったし・・





結局、今カードの使用を止めてしまったら日本に帰るまで使えないわけだから、カードが戻ってきたところで意味がないのです。

しかもカードはまだ人の手には渡ってないから、今止めてしまえば使われる心配もなし。

使われてなければ警察にも行く必要なし!(銀行の人も警察には無理なら行かなくても良いって言ってたし)




てことで、これからのイギリス旅行はなるべくクレジットカードを使い、現金が必要だと思ったらクレジットからキャッシングする!!


と言う結論に達して、その電話で国際キャッシュカードを止めていただきました。



これで、現金はホントに「ナシ」の状態に。

幸い友人がいたので、ちょっと何かあったら借りられるというのが救いです。
それに一人だったらもっと落ち込んでた・・。
こういうとき誰かいると心強いですよね~。




ちなみにちなみに・・!帰国後、国際電話の明細書を見ると・・・

20分前後の通話で、は・は・は・はっせんえん(8千円)!!? 

ぜったいにもうやだ。。こんな緊急事態・・。





さて、気を取り直して、早朝のバスで予定通りコッツウォルズ地方に行こうとしていた私たち。

バス乗り場でチケットを買おうとクレジットカードを出してみると、



今度はクレジットカードが使えない・・・!!?



使えない種類のカードとかではなく。
出してみましたよ、VISAも Masterも、友人のVISAも!

とにかく機械が認識しないとのこと。


どーなってんの・・・?ロンドン・・。



トラブル日記(?)はまだまだ、続きます。





読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ




 


[ 2007/02/24 04:29 ] ヨーロッパでトラブル | TB(0) | CM(0)

続。イギリスの空港でトラブル 

今度はクレジットが使えない!!?  
ロンドンのスタンステッド空港で起こったカードのトラブルを、現在3夜連続(?)でお届けしております。

スタンステッド空港からバスで移動するためチケット売り場に行くと、今度はどのクレジットカードも機械が認識してくれないという事態に・・・。


チケット売り場のお姉さんは、
「ネットでも買えるわよ。空港の中にパソコンがあるから、そこから予約したら?」

と言ってくれたので、また中に戻りネットをすることに。


空港内のパソコンは、クレジット番号で使えるようになっています。

サイトの予約画面までは上手く行けたのですが、その先からなぜかまた反応なし・・。


買えないじゃんよ~~~~・・・。ど~なってんのホントに!


と、なかば半ギレの状態だったのですが、
友人がもうひとつ「アメリカンエクスプレス」のカードを持っていることが判明。


もう一度チケット売り場に戻り、「これは?だめ?」と
アメックスを差し出してみると・・・・


「あ。これは大丈夫みたい」とお姉さん。





「やったーーーーー!!!(泣)」




 っていうかなんでーー?
 VISAもMsterもだめだったのにアメックスはいけるのーーーー???


おそるべし!世界の(?)アメリカンエクスプレス!!






とにかくバスチケットがようやく手に入ったので、朝5時のバスに乗ってコッツウォルズへ向かうことにしました。


コッツウォルズに行くには、ヒースロー空港でバスの乗り換えをしなければなりません。
あまりにも疲れたので、ぐーったりしてるうちにバスはヒースローに到着。




乗り継ぎの時間まで30分ほどあるので、待合室にあるカフェでコーヒーでも飲もうということになりました。

さっきは友人がチケット代を出してくれたので、今度は私が・・とカフェで再びクレジットカードを出してみると・・・・


「うー・・・ん・・認識しないですねーーー」



ここもかーーーーーーーーーーーー!!!!!!


VISAよ。Masterよ。いったいどうしたんだ?きみたちは・・?


コーヒーは小さな値段だったので、今ある現金を使いとりあえず一息。



今まで日本でも他の国でもこんなことは無かったのに・・・。
とこれからのイギリス旅行が一気に不安になった朝でした。



そうですよ!朝なんです。
早朝2時頃から7時頃の、短い時間に起こった出来事を、3回にも分けて書いちゃいましたよ。
それだけ色んなトラブルが続いたロンドンの朝だったのです。



結局クレジットカードが使えなかったのはスタンステッドとヒースローだけ。
コッツウォルズの銀行ATMからクレジットでのキャッシングもちゃんと出来たし、ロンドンのどこのお店でも使えました。

まったくあの体験は何だったのか・・・。

イギリスに入っていきなり精神的にどん底に落とされた事件でした。




ちなみに カード会社をフォローしておきますと・・

新生銀行の国際キャッシュカードは、はっきり言ってめちゃくちゃ便利でした。
マルタでもイタリアでも(イギリスの他の場所でも)簡単に現地通貨が引き出せたし、もしお金が無くなれば、日本から振り込んでもらうことも出来ますし。

ただ、スタッフの電話対応からして、あまりこのようなトラブルに上手く対応するシステムはまだできあがってないのかな。と思いましたが。
まあ、海外じゃどうすることも出来ないのはよく分かりますけどね。


ちなみに友人は北欧で同じく真夜中にATMで引き出そうとして、同じく飲み込まれたそうです。
それはアメックスのクレジットだったのですが、問い合わせたところ、併設してあった銀行に飲み込まれた旨をファックスで証明してくれ、無事、カードが戻ってきたそうです。
アメックス!さすが!(←友人曰く、銀行が併設してあったから良かったんだ・そうですが)



UCのクレジットカードも、他の場所では全く問題なく使うことが出来ました。
店の表示にはたいていVISAかMasterが入っているので
やっぱりVISAとMasterは海外では必需品だと思いました。


と・いうことで・・・


今回のトラブルで学んだこと。

国際キャッシュカードは持っていくなら2枚用意する。

真夜中にATMを使わない。
表示金額以上おろそうとしない。

クレジットカードも2枚以上持っていく。

現金もある程度きらさないようにする。




お金のトラブルはもういやですねー・・。

結局、解決策を探すために国際電話で8千円もとられたり、
空港のパソコンにクレジットナンバーを入力してしまったり、
そんなリスクが後からいっぱいついてきて、

もう、考えただけでぐーーーーったりです・・。


皆さんもこんなトラブルに負けない対策を、あらかじめ取っておくことをおすすめしますよ!!


読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ




 










[ 2007/02/23 02:48 ] ヨーロッパでトラブル | TB(0) | CM(4)

ライアンエアーでロンドンへ 

ライアンエアーの乗り心地 


今日から、ページのトップにブログの紹介を入れることにしました。
実はリアルタイムで旅行記を更新していると思ってしまう方々が結構いらっしゃるので、心苦しいので説明入れておくことにしました。

そんな面白いこと私も出来たら良いんですけど・・。
いつか旅に出るときは今度こそリアルタイムで更新します~!


と、いうことで、ライアンエアー体験記のつづきです。↓




飛行機乗り場にバスが到着すると、お客さんが次々と飛行機めがけて早足で歩いていきます。
お客さんも何か慣れてるっぽい・・。

機体は割と小柄で、中にはいると席が左右に3つづつ並んでいます。
シートは紺色の革張りで、機内は紺と黄色(ライアンカラー?)
普通の航空会社の飛行機と何も変わりありません。


お客さんはみんな思い思いの席に着いていきます。
チケットを見てる様子もないので自由なんだろうと思いましたが、とりあえずフライトアテンダントさんに確認。


するとやっぱり「はい、全部自由席です」との答えが。


しかし自由は自由でちょっと迷ったりするのですが。。。


誰もいない列の窓際に席を取ってipodを取り出し、全員が乗り込むのを待ちます。

ベニスからロンドンまでのフライト時間は2時間。その間の暇つぶしのipodなわけですが、もう一つこれを利用する理由が。


自由席って、隣にだれが座るかわからないじゃないですか。
あらかじめ決まっていてももちろん知らない人なわけですが、自由席だと、隣に座る人をある程度選べるわけです。
「あ、この人怖そうだから別の席に座ろう・・」とか。

でも最初に座ってしまうと、実は選べない・・!(気づくの遅いよ。。)

飛行機の席って密室みたいなもので降りるまで動けないので、例えば苦手な感じの人が隣に座ってしまったら2時間我慢!となるわけです。

で、そうなったときの便利道具、ipod。

どんな人が隣にきても、「私、今曲聞いてるんだから、眠いんだから、邪魔はしないでね。私はかかわりませんよ。」ってオーラを出しとく・・(笑)

こういうときに旅の出会いがあるのかもしれませんが、元気なときは良いけど疲れてるときは一人にしていただきます。



でも、私の隣に座ったのはおとなしい二人組の女性でした。ちょっと安心・・。


お客さんもみんな乗り込み、出発の前にフライトアテンダントが安全装備の説明をします。
よくある出発前のアナウンスは録音(人件費削減?)で、とてもよく聞こえました。
そしてフライトアテンダントは数はやっぱり少ない・・(人件費削減??)

機体は順調に飛び立ちました。

機内での軽食の販売もありますが、持ち込みオッケーなので、お客さんはみんな自分で買ってきたお菓子や飲み物を食べています。

そんなことを除けば、他は全く普通の飛行機と同じでした。
不快な思いをすることもなく、機体が揺れることもなく、だいぶ快適。

ちなみにブログにコメントくださったヨーロッパ在住の方は、ライアンエアーは創業以来無事故なんだとおっしゃっていました。


なんだ、安全じゃあないですかっ!!



最初の不安はどこへやら、私はしっかり快適な空の旅を楽しんでしまったのでした。


2時間後ロンドン、スタンステッド空港に到着すると、空港にはびっっしりとライアンエアーの飛行機が・・。
しかも着いたのは夜中だというのにパスポートコントロールは人であふれかえっています。

これだけのライアンの飛行機があればこの時間も人が大勢いるのが頷けます。

ちなみにEUの人とその他の国の人で出口が違い、EUの人はスムーズに通れるのに他国の人はものすごく時間がかかってました。
人も多いし、しかも、いろんな質問もされました。

結局出られたのは1時間くらいたってから。
外に出たら、あたりには次の日のフライトを待つ人たちがカウンターの周りにごろごろと寝ています。(朝早く飛ぶからでしょうか)
中にはエアベットをふくらまして寝ている人も。(用意周到だなぁ)
この光景も普通の空港では見られないかもしれません・・。




ライアンエアーに乗る利点、欠点は半々くらいな気がします。


フライト自体に問題はないけど空港は遠い、その上変な時間に飛ぶ、けどびっくりするほど安い!!


うう~・・んどこを良しとするか(何を妥協するか)??


でも私はまた使うかもしれないな。だって全く自分の旅に支障が無かったんだもん。

この航空会社は、時間はあるけどお金はない人向き・・?かもしれません。


ちなみに、このほかに「easyjet」という格安航空会社もあります。

ライアンエアーよりちょっとだけ料金が高かった気がします。
で、ロゴがオレンジで結構派手。でもちょっとかわいい。
そっちはまだ体験して無いのですが。
他の格安航空会社情報ももっと集めたいなぁ。


とりあえず、今度行くときはeasyjetに乗ってみることにします!!




読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ




 






[ 2007/02/19 02:40 ] ヨーロッパ移動手段 | TB(0) | CM(1)

ライアンエアーで旅をする 

空港の出発ロビーで。  


準備が整ったので、出発ロビーへ!

手荷物検査を受けてパスポートコントロールを抜けると、出発ロビーにはあふれんばかりの人が・・!!


どうやら別の飛行機が遅れてるらしい。(←よくあることらしい)



テレビモニターで、便名、出発時間、搭乗時間が表示されているので、それを確かめるとやっぱり前の飛行機がまだ出発しておらず、私の乗る便も搭乗は開始してない様子。

ベンチは人で埋まっていて、座れなかった人は床に腰を下ろしている状態で狭いフロアは人でいっぱいです。

私もたいしていい格好もしてなかったので、電話ボックスの横に狭い隙間をみつけて地べたに体操座り。
床に座ってると、ますます「・・私やっぱりビンボーバックパッカーじゃ~ん・・という気分が・・」
でも周りもそうしてるのであまり気にならず・・。
ふつうの空港じゃあまり無い風景ですね。。あれは。


まわりを見ると、私と同じようなバックパッカーもいればパソコンを持ってるビジネスマン風の人もファミリーもいて、結構幅広い客層だなあと思いました。
しかし、アジア人らしき人は私くらいでしたが・・。





やっと搭乗の合図があり、搭乗口へ人が殺到していきます。

さすが自由席!!(笑)

しかしここは早くチェックインした人が有利になるとき!




搭乗口では係のお姉さんが何やら番号を読み上げています。



ボーディングパスに小さく書いてある数字がもしや整理番号??

と思って周りの人に聞いてみると、


「そう、その番号だよ。君は順番が早いからもう呼ばれるよ。前の方に行きなさい。」と親切なおじさまが教えてくれたので、人をかき分け入り口へ。





パスを係員さんに渡してゲートをくぐると・・あれ、外に出ちゃった・。

飛行機が遠いので目の前で待ってるバスに乗り込むのでした。



どうやら私は弟1陣目。
バスは満杯になると出発しました。


このバスを降りたら座席争奪戦(?)が始まるのね・・・??!


    つづく



読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ




 






[ 2007/02/16 05:49 ] ヨーロッパ移動手段 | TB(0) | CM(5)

ベニスからライアンエアーで 

ライアンエアーにチェックイン! 


どきどきで入ったベニス、トレビソ空港でしたが、ドアをくぐってみると何となく見慣れた風景が・・。

空間は狭いものの、きちんとライアンエアーのカウンターがあり、(当たり前か、空港なんだから)バゲージクレームカウンターもキオスクのような小さなお店もあります。(・・空港なんだから・・!)

ベニス トレビソ空港

狭いけど割とふつうな空港内


事前の調べで、この飛行機の自由席は「チェックインした順」らしい、ということだったので、さっそくスタンステッド空港行きのカウンターに並びました。


ライアンのチケットは当日発行です。

ネットで予約した際に発行された予約ナンバーがあればチェックインできるので、それまでの旅行中にチケットを無くすこともない・・というのが利点。かな?

私はナンバーの出た画面をプリントアウトして行きましたが、ただ単に紙にナンバーを書いただけでもオッケーらしい、というのもどっかの人がウェブに書いてた様な・・。今度はそれで挑戦してみよう。。
(いや、プリントアウトも持った上で)



私の順番になってお姉さんにプリントアウトとパスポートを見せると、
全く問題なくチケットが発行されました。

大きな荷物を預けると、メーターに重量が表示されます。
一定量を超えると料金が加算されるらしいです。
ちなみにネット予約の時点でチケット代のほかに税金や手数料やら荷物料(?)やらを取られるので、実際は表示料金よりもっと高くなります。(それでも他より安いんですけどね)



ボーディングパスを受け取ったと思ったら、お姉さんに「バゲージクレームカウンターへ行って」といわれました。


「・・?荷物預けたのになんで? 聞き間違い??」


と思いつつ、バゲージクレームカウンターヘ行くと、中からお兄さんが出てきて入り口を開け、「入って」と言います。



中にはいるとさっき預けた私のスーツケースが。

お兄さん 「コレ、開けてください」


「・・・アーーー・・ここで確認ですかーー・・?」

鍵閉めちゃったのに、めんどいなぁと思いながらも中を開けると、
お兄さんは袋やポーチを取り出して、調べ始めました。

一番下に入っていた青い袋を見て「これ、何ですか?」と聞くので、
「あーー、スケッチブックとパレットです。」と言うと、

「ふーー・・ん」←興味なさげ

「オッケー、閉めて良いですよ。」


これで終了。

やっと荷物を預けられました~。

その間約5分くらい。
結局質問されたのは画材の袋くらいで、後はちょっと見たくらいであまり探られたりはしなかったのでよかったです。


・・て、もしかして私だけだったりして・・。
他の人はそんな検査ないんだったりして・・。
EUの人じゃないからとか。アジア人だからとか。

そんなことを勘ぐったりもしましたが、まあ、直接検査に立ち会えるっていうのもなかなか面白いかもしれません。


さて、いよいよ出発ロビーに移動します!

   つづく
 




読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ












[ 2007/02/16 04:03 ] ヨーロッパ移動手段 | TB(0) | CM(0)

ライアンエアー体験記 

ベニスからロンドンへ「ライアンエアー」で旅をする。  


2006年7月、ヨーロッパの格安航空会社「ライアンエアー」で、ベニス(トレビソ空港)からロンドン(スタンステッド空港)まで行ってみました!
 

ベニスのローマ広場からバスに乗って空港までは約50分。
バスは飛行機の時間にあわせて運行されているらしく、夜のトレビソ空港行きのバスは満席。

夜、といっても夏のイタリアは8時頃まで明るいので、夕方気分。
バスの中からピンクの夕焼けをみながら到着を待っていました。




数十分すぎた頃、バスが小さな駐車場に停車しました。


外を見ると、さびれたサービスエリアみたいな小さな入り口がひとつ。


トイレ休憩か・・?1時間もかからないところに行くのに・・?


と思っていると、次々とお客さんがバスを降りていきます。
しかもバスの下からそれぞれの荷物を降ろしてるではありませんか!


もしや。。ここが空港・・?

ベニス treviso

かろうじて飛行機のマークがついてる。。


見るとみんなその入り口の中に入っていきます。


間違いない。。。。ここだ。。


とにかく私も降りてみんなについて行くことに。
バスを降りると目の前はすぐ道路。
駐車場もバスが5台置けるか置けないか位で、バスの待合所かと思える空港の入り口が寂しく薄暗い蛍光灯の青色に照らされています。


なんかどこかで感じたことがあるなーー・・こんな空気・・。


あーーー・・そういえばタイでタオ島(ビーチのある小さい島です)に行った帰りにぜんっぜん知らない場所でバンコク行きのバスを待たされた時と風景がかぶる・・・。



寂れた町。 周りに何もない。 外国人しかいない。 夜。 
薄暗い蛍光灯。  行き先は…バンコク(ロンドン)だよね。。?
   ここから乗っていいんだよね・・?





あああーーーーーー!! かぶるーーーー!!?




ほんとにここから飛行機が飛ぶんですかっ!!?


ものすごく不安な気分になりながらも、勇気を出して小さな入り口をくぐってみたのでした・・・。

   つづく



読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ




 


















[ 2007/02/15 05:15 ] ヨーロッパ移動手段 | TB(0) | CM(2)

ヨーロッパを格安に移動する!! 

ヨーロッパ間の移動にライアンエアーはいかがです?  


この旅の間にいろいろな手段を使って各地を移動しましたが、その中でも面白かった(?)のがこの飛行機。

「ライアンエアー」というヨーロッパ間を運行している航空会社なのですが、今まで私が持っていた航空会社のイメージを一新させられてしまいました。


「Ryanair」は、アイルランドを本拠地とする格安航空会社で、ヨーロッパを激安!!で移動できることで有名なのですが、その値段が破格・・・!今日のライアンのサイトのトップを覗いてみると、

たとえば

グラスゴー ~ フランクフルト 0.19ポンド(45円位?)

ロンドン ~ ブリュッセル   0・39ポンド(92円位?)
 


何なんですか・・この値段・・・。100円しないじゃん・・。
ほんとに飛行機のチケットなのかっっ??



私が探したときももちろん同じような値段でチケットを売っていて、

この会社、大丈夫・・・??


と初めはやっぱり思ったのですが、ビンボー旅行者にとってこの値段はとーっても魅力的!!
試してみてもいいんじゃない??

ということで、早速情報を集め始めたわけです。





「ライアンエアー」がなぜこんなに安いのか!!?

1、発着空港が遠~い。
  たとえばロンドンならメインのヒースロー空港を使わず、ちょっと  遠いスタンステッド空港やガトウィック空港を使う。


2.発着時間が朝早かったり、夜遅かったりする。
  私が利用したのはベニス22:30発、ロンドン23:35着
  (予定)でした。

3.経費削減!されている。
  飛行機に乗っているキャビンアテンダントは普通の会社よりも
  少なく、機内食もありません。(有料で軽食は販売してます)
  チケットはネット販売で、予約ナンバーとチケットを、当日空港で  引き換える仕組み。

  ちなみに機内の席は自由席!(笑)
 


こんな感じで、私たちが普段日本から利用する航空会社とはかなりの違いがあるわけですが、

「こんな面白い飛行機、体験しないわけにはいかない!!」と

好奇心がうずいてしまって、(いや、値段につられて・・?)ベニスからロンドンは「ライアンエアー」に乗ることに決めてしまったのでした。




と、いうわけで、次回から「ライアンエアー体験記」、そしてイギリス旅行記へと続きます!



読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ









[ 2007/02/13 02:10 ] ヨーロッパ移動手段 | TB(0) | CM(6)

ベニスで食事をする 

ベニスで食事  


ビンボー旅行人の私にとっては、ベニスは物価が高くてちょっとすごしにくい場所でした。

でも、ちょっとでも安くあげようとすればできないことはありません。


ベニスには高級レストランもカフェもファーストフードもあります。

高級レストランに入ればもちろん値段もそこそこしますし、チップも発生します。そのかわり、きちんとネクタイをした紳士が給仕してくれます。でも一人では入りにくい・・。

で、活躍してくれるのが、Bar(バール)です。


Barは、立ち飲みができるカフェ(軽食もあり)のようなところ。
地元の人なんかが友達と話しながらコーヒーを飲んだりしているところです。(席のある店もあります。)

Barで売っている軽食はパニーノやサンドイッチ。
ショーケースに数種類並べてあって、注文するとその場で温めてくれます。
中の具は結構タップリめで、ボリュームもあるので一つでおなかは満足。カマンベールとハムがどっさり入っていたサンドイッチは味も濃厚で、私の場合それとコーヒーで軽くランチになりました。

サンドイッチの料金は、大体どこも3.5ユーロくらい。
お手ごろ価格です。


ほかにはデリやスーパーもあり、私は朝食用にパンやお菓子、お惣菜を買ったりもしました。

個人的にはリアルト橋を渡ったところにある屋台(?)で売ってるカットフルーツ(スイカ、メロン、パインなど)がお気に入りで良く食べてました。

一人で旅行してるとレストランに入る機会が少なくなるんですよね~・・。
サンマルコ広場の両側にあるカフェにも中に入ってみたかったけど、値段がびっくりするほど高かったのと一人で入るのが悲しかったので、断念しました・・(涙)

今度は誰かと行こう・・。

ベニス カフェ

朝の時間をオープンカフェでくつろぐ人たち




読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ












[ 2007/02/10 02:11 ] 旅先案内 ベニス | TB(0) | CM(4)

ベニスから空港までの交通 

ベニスから空港への交通



ベニスから空港へ行くための手段として、私はバスを使いました。


ベニスの中心からマルコポーロ空港とトレビソ空港へは、「ローマ広場Piazza Roma」からバスが出ています。

ローマ広場へは、ベニスの鉄道駅から目の前の橋を渡って右側の運河沿いを歩いていくと、左手にバスロータリーを見つけることが出来ます。
(または水上バスでも一駅ですPiazza Romaで下船)

ベニス バス
ローマ広場からは何台ものバスが出ています。




バス会社は「ATVO」というところで、料金は
マルコポーロ空港まで 3ユーロ
トレビソ空港まで   5ユーロ(2006年7月現在)


チケットは、ローマ広場に建つ巨大なビルの1階に小さなオフィスが入あって、そこで買うことが出来ます。

ベニス ATVO
ATVOのオフィス。小さいのでちょっとわかりにくい・・。


ベニス ローマ広場
ローマ広場にそびえたつ(?)巨大なビル。






バスが何台も停まっていますが、バス停には「~空港行き」という案内とバス会社の名前が書いてあるので分かりやすいです。

マルコポーロ空港へは約30分、トレビソ空港へは約50分です。


私は昼ごろのマルコポーロ行きと最終便のトレビソ行きに乗りましたが、昼は空いていたものの、最終便は出発20分前には満席でした。

最終便は、、というのではなく、もしかしたらトレビソ行きだったから混んでいたのかもしれませんが・・。(トレビソ空港は格安航空券で有名な航空会社の拠点のような空港でした。)

ちなみにマルコポーロ空港からベニスに来るときにも同じバス会社を使うことが出来ます。

マルコポーロ空港からのバスチケットは、到着ロビーにあるATVOのチケットオフィスで買うことが出来ますよ。




読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ




 







[ 2007/02/08 03:23 ] 旅先案内 ベニス | TB(1) | CM(5)

ベニスでトラブル 

ベニスでトラブル  



今日は、ベニスで私があったトラブルについてお話します。



ベニスの道は分かりにくいです。細い道が入り組んでいて、慣れないと同じところをくるくる回ってしまったりします。

街を歩くには、地図を持っていたほうが良いと思います。

ベニスの昼は、安全だと思います。
観光客がどの道にもたくさんいて、人の流れが自然に出来ているので迷っても人波に沿っていけば大きな広場に出られたりします。




気をつけたほうがいいのは夕方からです。



私はベニスで痴漢にあいました。



私がベニスに行ったときは、夏だったので夜8時くらいでもまだ外を歩けるほどの明るさがありました。
ただ、夕方6時以降になるとそれまでいた観光客がほとんどいなくなるのです。



私はそのとき宿に帰ろうとしていました。サンマルコ広場から少し入った細い路地だったと思うのですが、ほんとに迷ってたので自分がどこにいるのか全く分からない状況でした。
(そのときは不幸にも地図も持っていなかったのです)

狭い運河を渡って角を曲がたところで、何か宿とは反対方向に来てる気がして引き返そうとしました。



そのとき、同じ道から来る一人の観光客らしき男性と目が合ったのです。


その人は私のことを見るなりぴたっと歩くのをやめ、不自然に運河などをみたりし始めました。

1本道なので、普通の人なら私を通り越して行くはずです。



私はすぐにカンが働いて、「こいつは・・くるな・・」と思いました。
(なぜか最近よくこの手の痴漢に遭うようになってしまったので、相手の行動で察知できるようになってしまったのです・・

私はそばにあった小さな文具屋さんのショーウインドーを見ながら相手の行動を監視していました。その間に誰か来たら一緒に歩こうと思っていたのですが、・・・・誰も来やしない・・・・・




案の定男性はこっちに来る様子もなく、同じところを行ったり来たりしています。



「は~・・・これ、絶対そうだわ。。また見せられるわ・・。(幸いなことに触られたことは無いのです。)
っつーか何でそんなに見せたがんのよっっ・・・!おもしろくないっつーの!!
っったくどいつもこいつも!日本でも海外でもおなじかっ!!?」



。。。と、ムショウに腹が立ってきたので、とにかく全く「奴」のことを見ないようにして、さっさと逃げようと思い、ずかずかと彼のほうに向かい、通り過ぎる直前に猛ダッシュ!!!

だってもし触られたらいやだし・・!


通り過ぎるときに一瞬にして変わった「奴」の表情を見て、「やっぱりこいつ痴漢だったわ・・」と確信したのでした。




ものすごく悪意のある顔して、笑ったんですよ・・?

きもちわるいでしょう?




ああああ~~・・・っ思い出しても腹が立つッッ!!!!




人のいるところまで全力で走って逃げ、追いかけてはこなかったのでひとまず安心。
見せる痴漢は見せれば満足なようで、その後追いかけたり触ろうとしたりっていうのは無いようです(私の統計から)。全く意味がワカリマセン。
勇気を出して(?)運河に突き落としてやればよかったかな・・。




とにかく痴漢からは逃げたけど、まだ道には迷ったままで、また「奴」に遭ったらどうしようという思いもあって、その後はひたすら人のいる道と、看板を見たり人に聞いたりして歩いたらどうにかサンマルコ広場に出ることができました。

そこからは水上バスを使って宿に帰りました。




ベニスの街は、夕方以降は女一人歩きに適しているとは言えません。

街の外から来た観光客が帰ってしまう夕方6時以降は、賑わって人の流れが出来ていた細い路地にも、ぴたっと人影が途切れる瞬間があります。
高い建物と入り組んだ細い道によって死角が出来やすいベニスの街は、実は犯罪には結構適した場所なのではと思ってしまいました。


私の遭った痴漢も、ベニスの人ではなくたぶん観光客です。(顔はイタリア人じゃなかったし、格好もバックパッカーでした)


なんとなく犯罪っ気のある人をホントにその気にさせてしまう状況が揃ってしまうのではないかと・・。



やっぱりそれを回避するには、夕方以降はホテルに帰っているような余裕を持った予定を組んで行動すること、そして、夜は出来るだけ広い道や水上バスを使って移動することをお勧めします。




読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ






















[ 2007/02/06 03:36 ] ヨーロッパでトラブル | TB(0) | CM(2)

スタイリッシュ旅小物 買うなら今! 

今のうちにおしゃれな旅小物をgetしよう!!    

たま~に、旅行記の間に紹介しているお勧めスタイリッシュ旅小物を扱う「MoMA Online Store Japan」のなかの一部商品が、今!!セール中です!!


以前に紹介した「トリシア・ギルド」のパスポートケースをはじめ、MoMAセレクトのiPodケースがなんと 最大65%引き!!
ほかにも旅に持って行きたいアクセサリー&ウォッチも揃っています。


今まで気になってたものはこの機会にぜひ!



どんな商品がセールしてるの・・・?


デザイナーズ・ギルド コレオパスポートケース,オレンジ
¥6930→¥3811



デザイナーズ・ギルド パスポートケース,ブラック
¥5250→¥2887



ドットウォッチ,ブルー
¥44900→¥20205



マテオ・トゥ-ン ノマドウォッチ(スモール),シカゴ
¥17900→¥8055



などなど・・・。

バレンタインのキャンペーン中で、2月14日の15:00までの注文で、無料ラッピングもしてくれます。
(バレンタインに商品をお届け希望の場合は2月7日15:00までにご注文ください)


65%オフのキャンペーンは2月15日15:00まで!売り切れしだい終了の商品もあるので、ご注文はお早めに!
このチャンスをお見逃しなく~!




読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ




 













[ 2007/02/05 02:49 ] 日々のできごと | TB(0) | CM(0)

ベニスのお土産~2~ 

 ベニスでお土産何にする?~2~ 


今日はベニスで見つけた版画ギャラリー兼ショップについて・・。
お土産にも喜ばれそうな、綺麗な版画のショップのお話です。


アカデミア美術館のある水上バス「アカデミア」から、「グッケンハイム美術館」に行く途中の細い道に、「BAC artstudio」というギャラリーがあります。

おそらくオリジナルの版画やさんなのでしょう、ショーウインドーにベニスの町並みや人物、動物をモチーフにした版画がきれいに並べられています。

とにかく色使いがとても美しくて、光と影を意識した画面作りと色彩感覚にとても惹かれ、私はしばらくショーウインドーからぼーっと眺めてしまいました。

サンマルコ広場あたりで売られているありきたりな水彩画よりも遥かにセンスがよく、小さな額入りのもので18ユーロ位から買えるので、お土産にもいいと思いました。

私はたくさんの作品が見たかったので、(あと、色使いの参考に)
薄めの画集(15ユーロ)を購入しました。ちょっとお気に入りです。
ベニス 版画

画集の表紙。夕焼け色が良いベニスの風景です。

アカデミア周辺(特にグッケンハイム美術館に行くまで)は、観光客が集まる中心地よりも、店の数は少ないけれどおしゃれでセンスの良いお店が集まっているように思いました。




読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ




 

[ 2007/02/04 03:08 ] 旅先案内 ベニス | TB(0) | CM(0)

ベニス土産は何にする? 

ベニスでお土産を選ぶ  

ベニスでどこでも見るお土産といったら、「カーニバルの仮面」でしょうか?
ベニスでは目の辺りを隠すだけの物から動物の形をしたものまで、様々な種類の仮面が売られています。

ベニス マスク
形も様々なカーニバルのマスク。


確かにベニスならではって感じがしますし、最適かもしれません。

でも、・・もらってドーするんだろう。。と思ってしまったので、私がもらってうれしいお土産をいくつか探してみました。


ベネチアングラス(ムラーノグラス)

ベネチアングラスのお店もベニスにはたくさんありました。
製品としては、花模様の花瓶だったり、食器だったり・・。
色、柄ともに様々です。結構値が張るものもありますが、小さくて値段も手ごろなかんざしやピアスなどのアクセサリーはどうでしょう?
男の人にはワインボトルのキャップなど。どちらも10ユーロ位から探せます。一つづつ模様が違うので、お店を見て回って選ぶのも楽しいです。「ムラーノ」という、ベネチアングラス職人の島もありますよ。



マーブル模様の文具

ベニスの文具やさんは、映画の中みたいに雰囲気のあるお店ばかり。
店内にはマーブル模様の紙を使ったノートやレターセット、写真たてなんかが売っています。
値段は15ユーロくらいから。
マーブルの色や模様も微妙に違いがあって、見とれてしまいます。
アルバムなんかは旅の記念に自分用に買ってもいいかも。
店の中に水彩画などを売っているところもあるので、写真たてと一緒に買うのもベニス土産っぽくていいかもしれませんね。

マーブル 文房具
ウインドーに飾られたマーブル文具。どれも欲しくなってしまいます。




読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ




 

[ 2007/02/02 02:48 ] 旅先案内 ベニス | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。