スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マルタでたべる!! 

マルタでみつけた美味しいものって?



マルタには色んな種類のレストランがありますが、長くいると毎日外食もしていられない!という私のようなビンボー旅人さんは、当然街のスーパーで食料を買ってホテルで食べるってこともあるでしょう。

私がマルタに行った時、キッチン付きのホテルに泊まっていたので当然自炊してました。

そこで、マルタで私が“うまい!”と思ったものをいくつか紹介します。
ほんっとに素朴な、現地人目線の、“うまい”ものです。



マルタパン






マルタで売られているからマルタパン・・??なのかは分かりませんがガイドとかにもそう書いてあるので、そう呼ぶことにします。

ベーカリーや食料店で売っているいろいろな形のパンです。たいていどこの店でもビニールに包むこと無く無造作に重ねて売られていて、とても大きなサイズでも1個30円くらい。

他の食品に比べてすごく安い!

味はとても素朴で素材の味が生きてる!って感じ。魅力的なのは食感で、とても弾力があってもーっちりしているんです。噛めばかむほど甘くなる感じのパンです。
街中にはこのパンを使ったサンドイッチが売られていますが、それがまたおいしい!
焼かないで野菜やハムをはさんだ方がいいかも。

ベーカリーで買って、2日以内に食べると美味しくいただけます。それ以上放置すると肝心のもちもち感がなくなるので、その日に食べられるサイズを買うのがベスト!


野菜





マルタまで来て野菜って・・と思われた方、マルタの野菜をなめちゃあいけません!(笑)

マルタの野菜はおひさまをいっぱい浴びてるからか、どれも大きくて味がしっかりしていて実もぷりっプリです。もちろん値段も安い!

外の屋台のようなトラックで売っていたりするので、選ぶ時に腐ってないか注意して見ないといけないのですが。

特にメロンはめちゃくちゃ美味しいので、是非試してみてください!
小さめサイズの編み目のあるメロンが1個100円しない値段で買えます。
しかも赤肉。よく熟していて匂いは強いのですが、食べてみるとすっきりとした甘さです。
おいしすぎるので、一玉一気に食べられます!
100円だから、半分に切ってスプーンで豪快にすくって食べるっていうのもありです!

ホテルに冷蔵庫があるなら、しっかり冷やしてデザートにいかがでしょう?
日本なら数千円はするだろうって味を格安でいただけますよ。


フレーバーウォーター




私は夏の暑い日に行ったので、毎日欠かせなかったのが水でした。

ミネラルウォーターもたくさんあるのですが、おすすめはフレーバーウォーター。

これは水にフルーツの味がついたもので、すっきりさわやかでおいしい!
色は透明で普通のミネラルウォーターと変わらないのだけど、のみ心地はスポーツドリンクや、 今日本でもたくさん出回ってるサプリメント系のドリンクみたいなすっきりさです。

でも、スポーツドリンクじゃありません。

味やメーカーも数種類あって、ベリー、オレンジ、アップルなど・・。

暑い日の観光には欠かせない一本です。




ちなみに、マルタ料理を食べられるお店がセントポールズベイにあります。(ウ"ァレッタからは遠いけど・・)
「Veccja」という店なのですが、ここはバーも併設していて、毎週木曜の夜にはジャズの生演奏が聴けます。静かな港を見下ろす小さなバーで、すごく雰囲気がいいので、友人とたまにジャズを聴きに行ってました。

マルタ料理を味わった後、ジャズとワインでまったり・・っていうのもいいですね。


マルタに行った際にはぜひ、現地の食品をためしてみてください!



今日のお話、気に入ってもらえましたら人気blogランキングへクリックお願いします!
こちらのランキングも参加してます。気に入ってもらえたらよろしくお願いします!















スポンサーサイト
[ 2006/11/30 03:13 ] 旅先案内 マルタ | TB(0) | CM(4)

マルタでトラブル 

マルタバスでトラブル

平和なマルタにもちょっとしたトラブルはあります。
これは私が体験したマルタバスでのトラブルです。


マルタの人は“南”な気質もあってか、仕事をするのもゆる~くアバウトな感じがあります。レストランの従業員が普通にレストラン内で食事をしていたりとか・・。

まあそんなんなので、バスについても同じくゆる~いかんじで、バス停に時刻表とかもないし、普通バスかexpressバスなのかもぱっと見よく分かりません。


マルタに入って3日目くらい(まだマルタに慣れていない頃)、私はビーチに行こうとしてバスに乗りました。

料金は乗る時に払うのですが、そのとき運転手は携帯で誰かと話していたんです。

普通バスだと思っていた私は、普通運賃25セントを運転手に払いました。
ところが、運転手はなぜか次に並んでいた女性に私の払った25セントを渡したんです。
そしてその直後に携帯を切った運転手は、私に「expressだから50セント払え」と言ってきたのです。


「さっき25セント払ったからあと25セントでしょ??」という私の言うことを全く聞き入れず、「50セント払わないならおりろ!!」とまで言う始末。

この運転手、電話に気をとられていて、さっき自分が私からお金を受け取ったことすら記憶してないんです。


“おまえがでんわなんかしてるからだぁぁぁ~~!!”


と、ものすごく腹立たしかったのですが、これ以上言い争ってもムダだと思い、後ろにもまだ待ってる人がたくさんいたので、(しかも25セントで大げんかもアホらしいので)仕方なくあと50セント払いました。
でもそれから1日中、いや、2日くらいムカムカして仕方がありませんでした。

こういう時上手い英語が話せなかったりして悔しい思いをします・・。


南国のアバウト気質に日本人はあまり慣れていなくて時々イライラさせられますが、もうこれは、郷に入っては郷に従え・・・というか、自分もアバウトになるしかなさそうです。

ビールでも飲んで忘れましょう・・・



可愛いマルタ猫でイライラも洗い流すのだ!


読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ


[ 2006/11/29 02:53 ] ヨーロッパでトラブル | TB(0) | CM(2)

マルタのオールドシティ、ムディーナ。 

静寂の街、「Mdina (ムディーナ)」


マルタ島の中央に位置するMdina(ムディーナ)は、16世紀に首都がおかれた城壁の街。



街の入り口には今の首都、ウ"ァレッタのようにメインゲートがあり、そこをくぐるとマルタストーンの高い建物が建ち並ぶ静かな街に入ることが出来ます。


メインゲート


ウ"ァレッタよりもずっと細い道を歩いていくと、小さなお土産屋さんやレストランがあります。
どの店もあまり主張しすぎず、街の雰囲気を壊すこと無く建物の中に入っていて、また人がそこで生活しているような生活感のある感じも無く、(住んではいるのでしょうが・・)街の中はひっそりと静まり返り不思議な雰囲気を醸し出しています。



街の中は静か・・



街の中には大聖堂もあり、中にもはいれます。
(中に入るときは肌を露出しないような格好で。キャミソールなどを着ている人は中で肩にかける布を貸してくれます。)


大聖堂の中。上からの光が幻想的

中はひんやりしていてとても静か。天井や壁には色とりどりの装飾が施され、ドーム型の天井からはいる光がそのディテールを照らし出します。



下の街を見下ろす

この街はとても小さく、高い場所に位置しているので、街の端に出るとそこから下の街を見下ろすことが出来ます。

疲れたら広場近くの「カフェ・フォンタネッラ」でちょっと休憩。(地球の歩き方にも載ってます)
眺めのいいテラスのあるカフェで、自家製ケーキもいただけるので、女の子の一休みスポットとしてぴったりです

マルタを見下ろせるカフェでコーヒーでも・・


私は昼すぎくらいに行きましたが、観光客はそれほど多くはなく、静かな街の雰囲気を十分味わえました。

でも夕暮れあたりに恋人ときたらちょっとムードがあっていいかも・・。
今度行くときは誰かとふたりでいこうかな・・。


ランキング参加してます。気に入ってもらえたらよろしくお願いします!









[ 2006/11/28 02:26 ] 旅先案内 マルタ | TB(0) | CM(5)

マルタから一日観光!ゴゾ島へ。 

マルタからフェリーでゴゾ島へ。


マルタ本島の西側に位置するゴゾ島は小さなマルタよりもっとちいさな島。
ゴゾ島へは、マルタの西側にある港「Cirkewwa(チェルケウア)」からフェリーがでていて、30分ほどでいくことが出来ます。


港まではバスが走っていて、バス停を降りると目の前が船乗り場です。
切符は2LM(2006年7月現在)。フェリーは大きくて、中にはサンドイッチや飲み物の買えるお店もあります。マイカーを持っていってゴゾをドライブするマルタの人たちもいました。晴れた日にはデッキに出て気持ち良い地中海の風を感じられます。




ゴゾに着くと、港の前から「Victoria(ビクトリア)」という中心地までバスが出ています。
タクシーも何台も待機していて、船が着くと何人もの運転手が「一日ゴゾツアーをしてあげるよ!」と客引きをはじめます。
人数が多くて、手っ取り早くゴゾの観光名所をまわりたいならタクシーもいいかもいれません。

バスは30分に一本くらいしか出ていないので、フェリーを降りたら素早くバスに乗った方がいいと思います。料金は20セント(2006年7月現在)。タクシーより断然安い!
私はバスを使ってとりあえずビクトリアまでいくことにしました。





ビクトリアにはお土産屋さんが軒を連ねます。この島の伝統の「ゴゾグラス」も買えます。



ビクトリアはゴゾの中心地・・といっても小さな街で、高いハチミツ色の建物の間の狭い道をうろうろ散策するのが面白いです。
建物は民家や土産物屋になっていて、すごく細ーい道なのに車も無理矢理通っているのがすごい・・。
街中には所々に教会が建っていて、中にも入れるようになっています。




城塞の入り口にある大聖堂



ビクトリアの一角にある高台には中世に作られた、城壁を巡らせた街があります。入り口には大聖堂があり、その脇を登っていくと、城壁の上からゴゾの街を一望できます。
晴れた日はホントに気持ちいいですよ。


城塞からの眺め。向こうは海。ほんとにちいさな島なんです。



ビクトリアは半日も時間があれば観光には充分だと思います。お土産やさんもたくさん並んでいるので、伝統工芸の「ゴゾグラス」を手に入れるのもいいかもしれません。
マーブル模様がとてもきれいなガラス製品で、たくさんの店が取り扱ってますがどれもハンドメイド。だから全く同じものが無いんです。自分の足でお店をまわってお気に入りを探してみてください。


街で見つけたアンティークショップ(?)古そうな食器や置物がいっぱい。好奇心をくすぐられます。




ゴゾにはビーチや塩田なんかもあるらしく(残念ながら行ってませんが・・)バスを使って他の場所に足をのばすことも出来ます。ただ、帰りのフェリーの時間を確認してからのほうがいいと思います。
マルタのバス乗り場でも、港にフェリーが到着してからバスが出発するようになっているようですが、そっちも帰りの時間の確認を。
(私は帰りにマルタの港でバスに乗り遅れてしまい、次のを30分くらい待ちました・・。)


ゴゾにはホテルもあるので、一泊旅行も可能ですよ!


マルタから行ける小さな旅情報でした。


ランキング参加してます。気に入ってもらえたらよろしくお願いします!






[ 2006/11/25 03:25 ] 旅先案内 マルタ | TB(0) | CM(3)

ナポリからベニスまで寝台列車で・・ 

ナポリからベニスまで寝台列車に乗りました。


シチリアからナポリまでの寝台列車に味をしめていた私は、再び寝台を使ってベニスまで移動することに。

チケットは数日前に手配済み。

ナポリ中央駅に行くと列車がとまっていました。
車掌さんが各入り口に立って切符のチェックをするのですが、私の車両には誰もいなくてドアも開いていません。
他の車両は次々と人が入っていきます。
同じ車両の人がしびれを切らして他の駅員に文句を言いに行ったりして・・ようやくドアが開きました。 こんなのんびりさも南イタリアって感じがします・・。
車掌さんにチケットを渡して車内に入ります。

今回もまた女性のみの3人部屋です。イタリアの女の子が一人、一緒でした。
車掌さんが部屋までミネラルウォーターをもってきてくれて、「到着の30分前に起こすね」と言ってくれました。これで安心して眠れます。


荷物を入り口付近に置き、部屋の外へ出て景色を見ながら買っておいたサンドイッチで夕飯。
イタリアの空がゆっくり暗くなっていきます。


この列車は遅れること無く定刻どおりに進んでいたようで、早朝、到着30分前にドアをノックする音が聞こえました。

開けると、車掌さんがエスプレッソを持って立っていました。

あれ~?この列車はコーヒーも付くの??と朝からちょっといい気分に・・。

部屋の外に出ると、夏の午前五時すぎのイタリアはうっすら明るくなりかけていて、朝焼けを見ながらエスプレッソを飲んでベニスに到着するのを待ちました。

列車の窓からベニスを望む


五時半ベニス、サンタルチア駅到着。

駅に降りると、もうスーツケースやバックパックを持った観光客がうろうろしています。しかしこの時間はまだどこも開いていません。

駅の中にインフォメーションがあるのですが、そこが開くのが8時。私は宿の予約をしていなかったので、ベニスの街をスーツケース片手に散歩しながらインフォメーションが開くのを待ちました。



この列車の旅も何も無く快適に過ごせました。またヨーロッパに行ったら今度は違う国に行くにも列車を使ってもいいかも・・。


ランキング参加してます。気に入ってもらえたらよろしくお願いします!


[ 2006/11/23 01:28 ] ヨーロッパ移動手段 | TB(0) | CM(2)

ナポリからベニスへ列車の切符を買う 

ナポリからベニスへ、寝台列車のチケットを買いました。

ナポリからベニスへ、寝台列車を使うことにしました。シチリア(カターニア)からナポリの寝台列車に味をしめていたので・・。

チケットを数日前に駅の窓口で購入しました。ナポリではほとんど英語は通じません。イタリア語が話せればいいのですが、そうもいかなかったので・・

私はこうやってナポリで切符を買いました。



まず、自分の乗りたい列車の時刻の確認を!
駅中に時刻表があるので、時間や列車名、行き先などを確認します。
インターネットでも探せます。「TRENITALIA」のサイトで時刻調べられますよ。↓
http://http://www.trenitalia.com/
自分で日本から持っていくならやっぱり「トーマスクックの時刻表」ですね。



事前に時刻などを調べられなければ、駅で聞くしかありません。
スムーズに購入したいなら調べておくことをオススメします。


ナポリ中央駅の切符売り場へ。国際列車と国内列車の窓口は分かれています。

私はベニス行きのチケットを買うので、国内線「ORDINARI」と書いてある方へ並びました。
国際列車は「INTERNAZIONALI」。こっちのほうが人がならんでいました。

さて、しゃべれない私は、メモを用意!!

乗車日       日/月/年の順で。
出発地と目的地   Da Napoli  Per Venezia
列車番号      774とか・・
出発と到着時刻   dep 19:57  arrive 05:24 とか・・
等級        1等なら primaclasse  2等なら seconda
人数        一人なら 1persona
寝台なら部屋の種類  女3人部屋なら  Donna Tripra  とか・・

これをカウンターで見せたらスムーズに買えました。
全くイタリア語を話すことなく・・。

メモがなければ口頭で伝えるしかありませんが、日付と時間と人数が言えれば何か買えるでしょう!
私はシチリアから寝台に乗るとき、メモなし英語のみでチケット購入しようとしましたが、「ナイトトレイ~ン!」といいながら、両手を耳の横で合わせるお休みポーズをしたら通じました・・(笑)。
女性一人で乗ると分かると、駅員さんも「女性のみの部屋にしておくね」といってくれました。

寝台に乗る場合、1人部屋の個室がそりゃあ一番安全で快適ですが、そこまでお金ないよう・・という人は、女性のみの3人個室がベストだと思います。
一人、二人部屋ほど料金が高くなく、鍵もしまるし、女性のみ、ってことで。

安くあげようと普通のイスに座ると、多分まわりを気にしてしまったりしてよく眠れないと思います。それに、イタリアの友人が「知らない人が列車の中に入ってきて荷物を盗んで出て行くという犯罪がよくある」と言っていたので、夜、快適に安全に列車の旅をしたい人はぜひ寝台個室を利用してみてください。

ナポリベニス間の寝台レポートは次の機械に・・。




ランキング参加してます。気に入ってもらえたらよろしくお願いします!




[ 2006/11/22 03:58 ] ヨーロッパ移動手段 | TB(0) | CM(0)

ナポリからカプリへ 高速船で 

ナポリからカプリ島まで、高速船とフェリーで移動してみました。



ナポリからカプリ島  「高速船」


ナポリから船を使ってカプリ島へ行けます。青の洞窟がみたかったので、私も行ってみることにしました。


ナポリの「ペウ"ェレッロ港」からはカプリ島行きの船が何本も出ています。

チケットオフィスの近くに船会社名と時刻の出ている看板があるので、いつの船に乗ったらいいか分かりやすいです。

私はSNAV社の高速船で行くことに決め、その会社のカウンターでチケットを買いました。

料金は片道14ユーロ(2006年7月現在)でした。


ナポリ ペウ"ェレッロ港


時間になると港にお客さんが集まり始めました。
船に乗り込むと、スーツケースなどの大きな荷物は入り口付近(客室の外)に置いておくように言われます。降りるとき忘れないように・・。

客室は広くて、進行方向むきにイスがずらーっと並んでいます。
中にはテレビも据え付けられているし、とても清潔です。日本人の観光客もたくさんいて、ツアーでも利用されているようでした。

その高速船は片道50分くらいでカプリ島へ着きます。


カプリ島からナポリ 「フェリー」


帰りは違う船に乗ってみようと思い、フェリーを利用しました。

フェリーは高速船よりも値段は安いのですが、その分遅い・・。

高速船のSNAV社などとは違う「Caremar社」というところから出ています。
カプリ島の港、「マリーナグランデ」にあるチケット売り場も会社によってわかれているので、乗りたい船会社のカウンターでチケットを買います。

値段は高速船の約半分。7.6ユーロ。(2006年7月現在)
ただ、時間は高速船が50分のところ、1時間15分と少々遅くなります。


カプリ マリーナグランデ



フェリーはとても大きく、(クルマが乗れます)客室も高速船より断然広く、たくさんのイスがランダムに並んでいます。中には軽食や飲み物を販売する店もあります。

しかし、安いためか、現地の学生の団体が乗っていたりして騒がしく、お手洗いも清潔とはいえません。高速船は観光客向けなスマートさがあるのに対し、フェリーは雑然としていて庶民的な感じ。まあ、一人で乗って1時間移動するだけなら全く問題ないんですけどね。
それに、フェリーは大きいので、高速船よりゆれなくて船酔いしにくいらしいですよ。(私はそのへん鈍感なのでよく分からなかったのですが、船酔いしやすいイタリアの方が言ってました。)

早くて快適に移動したいなら高速船、多少時間がかかって雰囲気もよくは無いが安い値段にはかえられない!という人はフェリーを使うといいかも・・。

ちなみにカプリ島では、カプリ地区アナカプリのインフォメーションで船の時刻表がもらえます。


ランキング参加してます。気に入ってもらえたらよろしくお願いします!





[ 2006/11/18 02:21 ] ヨーロッパ移動手段 | TB(0) | CM(4)

ナポリのメトロ、バス 

ナポリでメトロを使おう


イタリアでは、地下鉄のことを「メトロポリターナ」と言います。
メトロは路線も豊富なので、観光するにはとても便利です。

チケットは「UNICONAPOLI」というカードが1ユーロ(2006年7月現在)です。(90分有効)



ナポリ交通に便利なチケット。ウニコナポリと読むらしい



このカードはメトロ、バス、トラム、フニコラーレ(ケーブルカー)に利用可能です。
1日券3ユーロなんてのもあるみたいなので、予定にあわせて利用しましょう。
ナポリ中央駅では地下鉄の改札脇にチケット売り場がありましたが、小さい駅やバス乗り場などではチケット売り場がなく、その場合そばにあるキオスクのような店で買えます。
中央駅のバス乗り場でも近くの立ち飲みカフェ(?)兼キオスクみたいなとこで買えました。




乗り方ですが・・

地下鉄の駅には改札があるので、カードをいれて打刻します。
日本と変わらず、路線、降りる駅名、終点の駅名が分かっていれば普通に乗れます。
メトロを利用するのは簡単です。

ナポリの地下鉄。ホームの雰囲気も日本と変わりません。


ナポリでバスを使おう

ナポリのバスは路線が縦横無尽に走っています。
本数もとてもおおいです。多いうえにバス停の位置がよく分からないので、私は何度か目的地を乗り過ごしました。

運転手さんの近くに乗って、「どこどこで降りたいんですー!」と一言言っておくといいと思います。バスにのるときは目的地を人にきくに限ります。しかし・・ナポリでは英語はほとんど通じなかったので、目的地のイタリア語読みくらいは頭に入れておくようにするといいと思います。

チケットはメトロと同じ「UNICONAPOLI」で、キオスクなどで買えます。


メトロとバスのルートマップはナポリ中央駅のインフォメーションで無料でもらえました。


中央駅の中には手荷物預かり所もあります。5時間で3,8ユーロでした。(2006年7月現在)大きな荷物がある人はここに預けておくと便利です。


ちなみにバスなどの公共交通機関に乗る際にひったくりなどのトラブルもあるらしいので、充分に注意してくださいね。




読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 
人気blogランキングへ


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



 







[ 2006/11/15 03:15 ] 旅先案内 ナポリ | TB(0) | CM(0)

ナポリ、スパッカナポリを歩く 

ナポリの旧市街「スパッカナポリ」

今日は「スパッカナポリ」と呼ばれる旧市街付近のお話です。
このあたりは旧市街をぐるっと囲むように大きな道があり、メトロもバスも通っているので観光にいくには便利です。私はまず、メトロを使っておさんぽを開始しました。




メトロの「Cavour」という駅で降りると、隣に公園があります。
5分くらいこの公園沿いを歩くと、右手に国立考古学博物館があります。(ここにも「MUSEO」というメトロの駅があります)

この博物館には、ポンペイやエルコラーノの遺跡からの発掘品が展示されているということで、ポンペイに行く予定の無かった私はちょっと見たかったのですが、あいにくこの日は休館日・・・。(調べてからいけよ・・!)

自分の馬鹿さ加減に嫌気がさすも、気を取り直してその辺を散策することに。


博物館の先のT字路を左に折れると、途中で立派な建物があって、「・・・ART・・」と書かれてあったので、美術館かな?と思ったら美術学校でした。(Accademia Bella Arti)



中に入ると大きな彫刻のある(ジョルジョっぽかったけど・・なんか手作り感があったような・・)吹き抜けの両脇にアトリエがあるらしく、隙間からのぞいたら学生らしき人々が作品を作っていました。奥には中庭があって、休憩する学生たちは「あー・・美大生っぽい・・」っていうようなおしゃれな子達ばかり。
やっぱりどこでも国立の美術館や博物館の近くには美大があるんですね。

さて、なんとなく学生時代を思い出して懐かしくなったあと、再びさっきの道を歩いていくと「ダンテ広場」に出ます。

その脇の細い道を入ると、本屋が並んでいます。
もう一本角を曲がると、今度はみんな楽器屋。
このへんは高い建物のなかを細い道が通っていて道ごとに同じ種類の店が並んでいます。
やっぱりそのほうが売れるのかな?

また角を曲がると原宿みたいにおしゃれな店がならび、また曲がるとナポリのお土産屋さんが軒を連ねる・・。そんなんでくねくね歩きながら、おおきなドォウモ通りまででてきました。

どうやらこの一帯を「スパッカナポリ」というらしい・・。





そしてこのエリアにも教会の多いこと!!
イタリアの友人が98%のイタリア人はキリスト教だと言っていたけれど、ホント、そのとーりだと思いました。

ドォウモ通りにある「Duomo」と呼ばれる大聖堂は、ナポリの守護聖人、サンジェンナーロの血液が祀られているということで有名です。この血液、年に2回溶解するらしいですよ・・。どうしてかは明らかにされてないらしいですが。

大聖堂の中はとても広くて、中央祭壇の「被昇天の聖母」の後ろにある黄色のガラスからは
いつでも像の頭部に黄金の光がさすようになっているのにちょっと感動しました。

装飾や彫刻がいたるところに施されている豪華な教会ですが、中はとても静かで荘厳な雰囲気でした。

「Duomo」を出てドォウモ通りを右へ進むと、再び「Cavour」駅が見えてきます。

ふらふら歩いて約半日。ナポリの下町をのんびり楽しめます。

イタリアには「シエスタ」と言って午後2時頃から4時頃までお店が休みになる習慣があるので、早めにでてお昼くらいに帰ってくる予定でいくといいかもしれません。



読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 
人気blogランキングへ


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



 






[ 2006/11/15 02:41 ] 旅先案内 ナポリ | TB(0) | CM(0)

一流ホテルだって格安で泊まりたい!! 

世界の一流ホテルに格安で予約しよう!


私は長期旅行の最中に友達と会ったり、親と会ったりするのですが、(もちろん海外現地集合で)それまで一人だからと格安ホテルに泊まり歩いてた所を、このときとばかりに高級ホテルに泊まったりします。だって、一人だと高くつくし、一人で泊まっても高級ホテルって楽しくないじゃないですか。でも、泊まりたいじゃないですか!!高級ホテルにも!!
なので、それまでの宿泊代を安くあげておいて、2人になったときにリッチな気分を味わうのです。話し相手がいるのと、とてもきれいなホテルと親切なおもてなしで気分がとっても盛り上がるんですよ~!

旅の最後に自分にご褒美をあげちゃうってのはいかがですか?

そこで、世界の一流ホテルが割引になるサイトをご紹介します。

ワールドホテルホットライン

ここではマンダリン、リッツ、フォーシーズンズなど、せかいの有名一流ホテルが最大60%引きで予約できちゃいます。(会員登録が必要です)

サイト内でくまれているエリア別特集の中には、品のあるインテリアや高級感漂う内装の最高級ホテルばかりが並んでいます。
恋人と一緒に、両親との家族旅行に、女友達と自分たちのご褒美に、こんなホテルに泊まったらきっといい思い出ができるはず!!

ぜひ大切な人と一緒に「世界の一流ホテルに泊まる旅」計画してみてはいかがですか?
クリックでサイトにとべますよ。↓
【ワールドホテル ホットライン】世界の一流ホテルが最大60%割引!

  
ランキング参加してます。よろしくお願いします!

[ 2006/11/11 02:50 ] 格安の宿を手配する | TB(0) | CM(0)

旅に持って行きたいi-podアクセサリー 

こんなのもって旅に出たい!スタイリッシュトラベルグッズ

旅をするときに持って行く小物も、デザインが可愛いとちょっとウキウキして楽しくなりますよね。

小物にも気を配りたいおしゃれなあなたに「MOMA発!厳選!スタイリッシュトラベルグッズ!」ご紹介します。

今回は旅に持って行きたい電子機器を保護するケースを中心にご紹介します。
どれも旅行だけでなくいつでもそばに置いておきたい素敵な小物ばかりです。写真をクリックしてMOMAのショップへ行き、ぜひ詳細見てみてください!



デザイナーズ ギルド、ipodケース レッド


イギリスのデザイナー、「トリシアギルド」デザインのipodケース
レザーでできたケースのうらには、スキな場所にフィットするクリップもついていて機能性もばっちり。 旅のお供、ipodを傷から守るグッドデザインなアイテムです。
 他にブラックあり。




ipodケース ターコイズブルー


上質の子羊革を使ったケースです。裏側には取り外し可能な回転式クリップも付いています。適度にハードなケースと色合いが大人な感じ。 他にブラウンあり。





ipodケース ポシェット

軽い素材のネオプレンとナイロンで出来たケースです。クッション性があり、ショックからあなたのipodを守ってくれます。ショルダーストラップ付きで持ち運びも便利!





オムニ ラップトップバッグ グリーン


15インチまでのノートパソコンをしまえるスタイリッシュなバッグです。防水性に優れた軽いポリエステルを使い、全面に入ったパッドで防護性もバッチリです。海外にパソコンを持って行く方にも、会社に持って行く方にも。 他にレッドあり。




バンプラップトップバッグ


卵パックを思わせる表面の凹凸があなたのパソコンを外部の衝撃から守ります。
メンズっぽいデザインでかっこいい! 赤のファスナー部分がキイテます。



巻き取り式フォーンコード


円盤形のシャープなモジュラーケーブルです。すきな長さにコードを調節できるので、余分なところが邪魔になりません。海外にパソコンを持って行く人に便利なアイテム!



あなたはどれを旅のお供にしますか?


  


読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ







[ 2006/11/10 04:13 ] 旅とカメラとi-pod | TB(0) | CM(0)

世界の格安宿を探そう! 

世界の宿を安く予約しょう!

今回も私がオススメする予約サイトのご紹介です。



BOOKING.COM
世界7500以上の目的地、27000軒以上の格安ホテルを取り扱うBOOKING.COM。
海外のサイトですが、サイト内は日本語でみられます。

サイトは、ホテルの写真、設備詳細、地図のほか、そのホテルから近い施設(美術館や駅、
空港など)も知ることが出来、また近隣施設の名前からその施設に近いホテル一覧も検索できるという、何とも便利なサイトです。
行きたい観光名所が決まってる方は近くのホテルが見つけやすいと思います。

ユーザーレビューもたくさんあって参考になります。
料金は予約手数料なしで現地払いなのもうれしいですね。

5つ星ホテルから格安ホテル、また、ゲストハウスやB&Bなどのアットホームな宿も出てきて、幅広いラインアップです。



今月サイトでオススメされているホテルの最安値料金は、、、

ロンドン 32ポンドから~http://www.booking.com/searchresults.ja.html?city=-2601889;aid=309101

ミラノ  60ユーロから~http://www.booking.com/searchresults.ja.html?city=-121814;aid=309101

アムステルダム 50ユーロから~http://www.booking.com/searchresults.ja.html?city=-2140479;aid=309101

などなど・・。ほかにもたくさんあります!!

旅行に行く前にぜひのぞいてみてください!

  
ランキング参加してます。よろしくお願いします!


[ 2006/11/09 01:42 ] 格安の宿を手配する | TB(0) | CM(2)

マルタの市場に行く。 

マルタの市場、「マルサシュロック」





マルタ島最大の漁村、「マルサシュロック」には、毎週日曜になると大きな市場がたちます。



マルサシュロックへは首都ウ"ァレッタからバスで2、30分くらい。
きれいな広場の前でバスを降りると、目の前の港沿いにたくさんの店が並んでいます。

半分は食品、もう半分は服や装飾品が売っています。
食品エリアには、魚などの生鮮食品から、アルコール、野菜、お菓子などが売っていて、中にはちいさなサメみたいなのもいたりして面白い。





装飾品エリアには洋服、下着、アクセサリー、バッグなどが所狭しと並んでいます。
スカートやシャツなどの服は2LM~10LMくらい。バックは友人が小さいものを3つで4.5LMで購入していました。麦わら帽子も2LMくらいから。





それぞれ、種類はとても豊富。デザインは・・マルタ風?(南ヨーロッパ風??)

日本のおしゃれなショップのようなデザインの服はないと思っていいと思います・・。

キャミソールや下着などの何枚あっても困らない系(?)の服は買いかも。
まとめ買いがお得です。

たまに、これは安いうえに可愛い!という品物があったりするので、じっくり品定めしながら歩きたいエリアです。


市がたっている時間は午前中だけなので、朝早くから行って買い物をし、お昼に近くのレストランで食事をして帰ってくるなんていうスケジュールをオススメします。





  
ランキング参加してますよろしくお願いします!


[ 2006/11/07 02:40 ] 旅先案内 マルタ | TB(0) | CM(0)

i pod は旅の必需品!! 

i podに旅先で撮った写真を保存しよう!

私が旅行に持っていくものでいちばんのおすすめ!それは「ipod」です。

もうみなさんご存知でしょうが、これはAppleから出ているおしゃれなミュージックプレイヤーです。

ミュージックプレイヤーなのですが、じつは写真も入れられるのを知っていましたか?
じつはその機能が旅行にとても便利なのです。

「旅先で写真を撮ったけど、メモリーカードの容量が少なくてもう撮れなくなっちゃった! でも消していい写真なんてないし・・」   とか・・・

「メモリーカードの容量が無くなるのが不安で、写真を撮る前に考えてしまう・・。」
 とか・・・

「いい画像で撮りたいのに、メモリの容量が心配で画素数をあげられない!」
とか・・

そんな思いをした方はいらっしゃいませんか??

私もipodを持ち歩くまではそんな経験がありました。

もちろん容量の多いメモリをたくさん持っていけばいいんですが、一枚が割と高いんですよね。何枚も買うとなると結構お金もかかってしまいます。

そこで活躍してくれるのが「ipod」!!・・ってまあ、ipod買うのにもお金はかかるのですが・・。
ここでなぜにipodかって説明を。


デジカメで写真を撮った後、その写真をカメラからipodに移してしまえば、その後はメモリをクリアにした状態で再び撮り始められます。

そのうえ、容量は30GB(または80GB)もあるので、メモリカードとは比較にならないほどです。
ちなみに私は2ヶ月間の旅行で写真を600枚ほど撮りましたが、一日の終わりにすべてipodのなかに移動させ、次の日にはココロオキナクばしばし撮っていました。持っていったのメモリは128MB1枚。きれいな景色があると1日で撮りきってしまう容量です。

写真を移すにはipodのほかにcamera connectorというものが必要です。これもAppleから出ています。これをUSBケーブルでipodとつないでボタンを押すのみ。とても簡単です。
メモリがいっぱいになったらこの作業をするだけ。手のひらに収まるサイズなので、旅行中もかさばりません。
↓これがCamereconnectorです。画像クリックすると詳細見られます。

長期の旅行や、写真をいっぱい撮る人にはぜひおすすめします。
必要なのは デジカメ、ipod、Cameraconnector、カメラ付属のUSBケーブルです。
↓ipod のホワイトはさわやかでいいすすよね。画像クリックで詳細見られます。



もうひとつ重要なのは、ipodが音楽プレイヤーであるということ!鉄道やバスでの移動中や、夜のリラックスした時間に自分の好きな音楽をきけるのはいいですよね。
デザインがかっこよくて持ってるだけでおしゃれなipodは、旅先で聞くための音楽と旅先で撮った写真を一緒にしまっておける優秀アイテムなのです!
↓ipod のブラックは知的でクール!画像クリックで詳細見られます。



(ひとつ注意していただきたいのは、写真を入れられる機能があるのは「ipod」の30GBと80GBのものだけです。他の「nano」「mini」「shaffle」ではカメラから写真の転送はできません。最新のnanoはパソコンからは写真が読み込めるようですが。)


これから旅行にでかける予定のあなた!!
Appleのホームページで最新のipodとCameraconnector、チェックしてみてください!
きっとあなたの旅行のよきパートナーになってくれるはず!

Appleのサイトはこちら。↓
Apple Store(Japan)

[ 2006/11/06 00:27 ] 旅とカメラとi-pod | TB(0) | CM(2)

マルタにある遺跡 

ハガールイム神殿とイムナイドラ神殿



首都ウ"ァレッタからバスでトコトコゆられること約30分。マルタの南側、見晴らしの良い崖の上にハガールイム神殿とイムナイドラ神殿はたっています。





まわりには何もありません。広大な海の眺めと崖があるだけ。

そこに紀元前3600年~2500年に作られた遺跡は、何の接着剤も使用せず、巨大な石を積み上げただけで建てられています。

何メートルもの石を組み合わせてできた神殿は、入り口を入ると各部屋に分かれていて、それぞれにテーブルがあったり巨大な石に巨大な穴が開いていたりして、その技術もとても興味深いです。

ココで発見された神身像や祭壇などのオリジナルは、ウ"ァレッタの考古学博物館に所蔵されているらしいです。



ハガールイム神殿から海に向かって進む1本道を歩いて行くとイムナドラ神殿です。

そこまでの道のりはまわりに何も無く海だけが見える坂道で、景色の広がりに圧倒されます。





各神殿に入るのに、それぞれ入場料がかかります。(2LM 2006年7月現在)



  
ランキング参加してますよろしくお願いします!


[ 2006/11/06 00:17 ] 旅先案内 マルタ | TB(0) | CM(0)

マルタでトラブル 

平和なマルタでもトラブル あります


今日はマルタ島であったトラブルにつてのはなし。

マルタは結構治安がいいので、日本と同じような感覚でいても大丈夫だとは思います。夜女性一人で歩いていても危険なことはありませんでした。(注意は必要ですよ。あまりそんなことはしないほうがいいと思いますが・・)

 ただ、スリなどが全くないわけではありません。

私の友人は、ナイトクラブで自分のバックをイスの後ろにおいてお酒を飲んでいる2、3分のスキにバックをまるごと盗られてしまいました。
本人がすぐそばにいたにもかかわらず、です。
クラブの中はとても混んでいて暗かったので、狙いやすかったのだと思います。

友人はバックの中に入れておいたサイフ、部屋の鍵、電子辞書など、重要なものをそっくり盗られてしまい、とても困っていました。

警察に行ってもそれらは見つかることは無く、足りない資金を親から送ってもらったり、鍵の交換をしたりして、様々な手続きに精神的にも体力的にもとても参っていました。

貴重品の管理や混雑した所へ行くときのこころがまえはだれでも必要です。
きちんと対策をたてて注意して行ったほうがいいと思いました。


トラブルに備えて準備をしていきませんか?
セキュリティグッズ各種そろってます。
セキュリティグッズや旅の持ち物はこちらから



  
読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ
[ 2006/11/05 21:08 ] ヨーロッパでトラブル | TB(0) | CM(522)

世界の格安ホテル、ユースホステルを探す! 

バックパッカーにもオススメ!世界の格安宿を予約できるサイト


一人で旅をしているとホテルの料金が高くつきますよね。今回ご紹介するサイトは、格安ホテル予約サイトのなかでも、ユースホステルも扱っているホテル検索サイトです。
海外のサイトですが、日本語表示で分かりやすいですよ。予約も簡単!
私は下記のサイトから予約をしながら長期旅行をしていたりしました。

ドミトリーのあるホステルの中には、女性専用の部屋「female dome」なんかを扱うところもあって女性には嬉しいかぎり。
「ドミトリーでもいいからとにかく安い宿に泊まりたい!!」というあなたには最適のサイトを集めてます!ぜひ各サイトをのぞいてみてください。




Hosteltimes オススメ!!


世界中の2000軒のホステル、1000軒の格安ホテル、1000軒のツアーとアクティビティーが予約できるサイトです。
登録されているホテルやホステルの中にはドミトリーの情報も満載です。
一人旅、びんぼー旅行の強い味方!!私もお世話になってます。
ちなみにヨーロッパあたりでは、ドミトリーで1泊3000円位から出てきます。掘り出しホテルがあるかも・・?!

サイトはホテルの写真や設備詳細、ユーザー評価もあって見やすくなってます。
下の検索フォームで行きたい国のホテルをチェック!






Hotelclub


世界110カ国、2114都市、21000軒のホテルを予約できます。
2つ星から5つ星までのホテルを格安によやくでき、20日以内の直前予約も可能。

ここで予約したホテルに対してポイントが付き、貯まると予約の際に使えるポイントプログラムあり!利用すればするほどお得です。
写真、設備などの宿情報もしっかり書いてあります。シングルやツインの格安ホテルを探している
人にオススメ!下のバナーをクリックして今すぐサイトに行ってみよう!
Discount Hotel Reservation




Hostelworld オススメ!!


世界165カ国、3906都市、10000軒のホステルと格安ホテルが予約できるサイトです。
ここもドミトリーのあるユースホステルを含んだ世界の宿を予約できます。

サイトは写真、設備解説、6ヶ月前までのユーザー評価が掲載されていて、価格やユーザー人気で並べ替えもでき、検索しやすくなってます。
ちなみにヨーロッパのドミトリーで1泊2500円くらいから出てきます。
格安ホテル、ユースホステルの他に、アパートメントもあり、長期旅行の宿泊において、選択肢はさらに広がりそう!

行きたい国を入力して、さっそくホステル検索しちゃいましょう!!



3つとも名前が似てますが、違うサイトです。
それぞれにオススメの宿や期間によて安くなっているホテルがあるので、きっとあなたに合ったホテルやホステルが探せますよ!

  
ランキング参加してますよろしくお願いします!

[ 2006/11/05 19:27 ] 格安の宿を手配する | TB(0) | CM(0)

海外のホテルを格安で予約する!! 

海外のホテルを安くよやくしよう!



海外に行くときに必要なのはホテルの予約。やっぱり安く予約できたらうれしいですよね。
数あるホテル予約サイトのうち、おすすめをいくつかあげてみました。
旅行の参考になれば・・。

アップルワールド

1つ星から5つ星の世界のホテルを予約できるサイトです。
ホテル予約だけではなく、鉄道パスや現地ツアーなども予約可能です。
サイトのコンテンツが充実していて、世界の空港からのアクセスやオフィシャルブログ、クチコミの掲示板など、海外に行く人にとって便利な情報がいっぱいです。クリックでサイトへとべます。
アップルワールド


オクトパストラベル



2つ星から5つ星の世界112カ国3300都市、約20000軒のホテルを予約できます。
最大80パーセント割引のホテルも・・!
ホテルの写真、設備詳細、ロケーション、細かくのっています。世界のアパートメントやプライベート送迎なんかも予約でき、長期旅行者にとって使える情報がたくさんです。
下クリックしてサイトへ行けますよ。
オクトパストラベル





Rates To Goオススメ!!


2つ星から5つ星の世界のホテルが格安で予約できるサイトです。
海外のサイトですが、日本語でみられます。
直前予約も受け付けていて、20日をきった旅行日程でも予約可能!突然の旅行に最適です。
ホテルの写真や設備の紹介のほか、気になる利用者の評価もあって、ホテルを選ぶ時の基準にもなります。サイト内でメンバーポイントを扱っていて、ここを利用するたびにポイントが貯まります。
結構安めのホテルも出てくるので、ビンボーひとり旅のわたしはよくお世話になっているサイトです。長期で格安で旅行したい方におすすめです!!

下のURLクリックでサイトへとべますよ!いちどのぞいてみてください。

http://b2b.ratestogp.com/enter.asp?id=45338
  
ランキング参加してますよろしくお願いします!

[ 2006/11/04 03:54 ] 格安の宿を手配する | TB(0) | CM(102)

マルタの通信手段 電話と小包 

マルタから日本へ電話をかけよう


マルタ島からの電話をかけるには、公衆電話かネットカフェでの電話が使えます。
どっちも使ってみたので、使用感触(?)をレポートします。


公衆電話

ウ"ァレッタ日本へ公衆電話からかけようと思い、お土産やさんのようなところでテレホンカードを2LMで購入。

街の中には公衆電話はたくさんあるのだけれど、どれも反応がとーーーっても悪い!!


ゆーーっくりテレカを入れてゆーーっくりボタンを押します。

やっとかかった日本ですが、3分ほどで通話は終了・・。
はっきりいって使えません・・。使える電話を探しまわったあげく、3分かよ!!という感じ。日本にかけたいなら、ネットカフェにある電話を使用することをオススメします。



ネットカフェの電話

「International Phone call」と書かれた看板のあるところなら国際電話ができます。
ネットカフェじゃなくてもあつかってるところもあります。

料金は店にもよるとおもいますが、私の利用した所は3LMで45分程度。これはテレカを買うより断然お得です。

ピンコードをダイヤルするタイプのものなら、1回で使い切らなくても、支払った料金分はいつでもかけ直せるので便利ですよ。


日本にかけるときには、国No.を忘れずに。 
あと、時差がおおきいので、日本の時間を確認することも忘れずに。


マルタから小包を送る

マルタで買ったお土産がいっぱいになったので、日本に送ってみました。

郵便局へ行き、小包用の箱を購入。その中にワイン中瓶1本、グラス2個 本数冊、をタオルでぐるぐるまきにして、絶対にグラスと箱の側面がぶつかることの無いように頑丈に梱包。
日本の宛先を箱の上に書いて、さらに「JAPAN」と大きく赤文字で書いて厳重にガムテープでとめ、再び郵便局へ。
局員さんに割れ物だと告げ、「Fragile」と書いてもらいます。

いくつか書類があって、それぞれに、日本の住所やマルタでの滞在先の住所などを書いて終了。

料金はだいたい4000グラムで21,54LMでした。

約2週間程度で日本に到着しました。頑丈に梱包したからか、中身が壊れてるといったことはありませんでした。ただ、箱自体は角やふた部分が折れたりしわになったりしていたので、そんなに丁寧に扱ってはいないと思います。なので、梱包はがっちりしましょう。




マルタにはきれいなポストカードもいっぱい!友達に送るのもいいですね。
[ 2006/11/03 02:37 ] 旅先案内 マルタ | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。