スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ウィーン シュテファン寺院 

街散策と教会

ウィーンの中心地を散策します。


地下鉄「stephansplatz」付近に建っている大きくてゴシックな建物が「シュテファン寺院」。

シュテファン寺院 ウィーン



街中に堂々と立つこの寺院は、概観はゴシック様式で、ミラノのドゥォーモやケルンの大聖堂を思わせる。


中に入ってみると、、


あれ・・??白いぞ・・??え

シュテファン寺院 ウィーン


これからこの中でイベントでもやるのでしょうか?

白い布が天井から下がっていて なんかモダンな飾りつけなんですけど・・・



寺院の内部はバロック様式で作られているらしいのですが、そんなの目に入らないくらいの斬新な内装になってますww

暗い堂内から浮かび上がるように吊り下げられた白い布はちょっと神秘的でもあります。緑のきらきら

シュテファン寺院 ウィーン



結局このとき何のイベントがあったか分からずじまいでしたが、
この空間でコンサートか何かあるのだとしたら、とても面白い雰囲気だったでしょう。





まさか、、これが本当の内部の装飾なわけじゃないよね・・??




読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

 



人気blogランキングへ





スポンサーサイト

シェーンブルグ宮殿の巨大なお庭から 

シェーンブルグ宮殿の巨大なお庭から街を見下ろす



宮殿を出てから、目の前の広い庭を歩いてみることにしました。

遠くの丘の上にもうひとつ、「グロリエッテ」と呼ばれる建物が見えます。

シェーンブルグ宮殿
(中に入るには、グロリエッテ用のチケットが必要です)

そこまで行くには長い道のり(もちろん坂)をてくてく歩いていかなければなりません。

この日はこのお庭でコンサートが行われるらしく、巨大なセットが組まれていました。

こんな広い空間で、しかも宮殿を背にしてオーケストラを聴けるなんてとてもぜいたくですね・・・・happy tone



丘を登った後にはこんな景色が広がっています。

シェーンブルグ宮殿


ウィーンの町並みを一望できる気持ちの良い場所。

ここへ行く途中には動物園や迷路のお庭なんかもあります。



宮殿へ戻って外へでようとする前に、たくさんのバラが咲くお庭も通りました。

シェーンブルグ宮殿


アーチにそって咲く色とりどりのバラがとてもきれい!!ローズローズ



シェーンブルグ宮殿、どこをとってもなんとも華やかです。ピンクのきらきら




読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

 



人気blogランキングへ








シェーンブルグ宮殿 

ウィーン シェーンブルグ宮殿


ユースホステルで仲良くなった中国人の女の子と二人でシェーンブルグ宮殿へ。

シェーンブルグ宮殿はウィーンの中心市街からちょっと離れたところにある、ハプスブルグ家の大きな宮殿。
最寄り駅はUバーン4番の「Shonebrunn」。

シェーンブルグ宮殿


小さな駅を出てしばらく歩くと、黄色い壁が印象的なシェーンブルグ宮殿に到着!


中の見学コースが何種類かあって、私たちは宮殿の内部40室を見られるオーディオガイド付き(日本語)の約50分の「グランドツアー」コースを選びました。

シェーンブルグ宮殿

宮殿の内部は、もちろん!とても豪華・・・アップロードファイル

幼少期のマリーアントワネットもここで過ごしたこともあるという宮殿には
それぞれの部屋にたくさんの肖像画があったりコリラ壁一面に絵が描かれていたりはずかちーv
マリアテレジアやマリーアントワネットがいた時代のきらびやかさを物語ります。


彼らは異国の文化にも興味があったらしく、西洋風の額やレリーフに東洋の装飾をはめこんでいる部屋なんかも・・。

あまりの“なんでもあり”のデコレーションのすごさに日本人としてはちょっと笑えたりします・・。 ̄□ ̄


それにしてもヨーロッパの宮殿は、どこにいってもどの部屋に入っても「くどい!!」って言うくらいの装飾がほどこされていて、
特に寝室なんか「これでよく寝むれるのか??」といつも不思議になります。rirakuma


が、、当時のやんごとなきお方たちはこれが普通であって、逆にシンプルすぎる部屋だと落ち着かないのかもしれない。

やっぱり豪華なドレスに合う部屋に住まないとつりあい取れないしね。。 なっとく・・(?)



内部ツアーのチケットは、他に
・宮殿内部22室を見られる インペリアルツアー

・宮殿内部のほかに庭園やグロリエッテの展望テラスに入れる クラシックパス

・上記の内容と、更に動物園や馬車博物館に入れる ゴールドパス

・別の場所にある ホーフブルグ王宮入場券とセットになった シシィチケット


などがあります。

時間が許せば一日中でもシェーンブルグ宮殿を楽しめます王冠




読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

 



人気blogランキングへ



ハンガリーからウィーンへ 

 ハンガリーからウィーンへ バス移動



ハンガリーは一日観光だけで残念ながら通るだけだったので、
次の日にはバスでウィーンへ。


ハンガリーのブタペストからウィーンへは “ユーロラインズ”のバスが出ています。

チケットはオンラインで購入。

ブダペストからウィーンまでは約3時間。
結構ちかいんです。


ウィーンに着いたのは夕方。

そこからこの旅はじめての(!)ユースホステルにチェックイン。

いつもアパートを借りたりしてたので、ユースは使わなかったのです。

でも、、女性専用部屋に案内され、いきなり中国の女の子となかよしになり、
次の日一緒にシェーンブルグ宮殿に行くことになりましたwアップロードファイル

こんな出会いがあるから、ユースホステルもたまにはいいですね。


さようなら ブダペスト
ブダペスト

今度は長期滞在しにくるよ~test
ブダペスト





読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

 



人気blogランキングへ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。