スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

イタリアンジェラートやさん~2~ 

イタリアンジェラートやさん~2~

 

「san crispino」 

バルベリーニ駅からトレビの泉目指してtritone通りを行き、細いpanetteria通りを曲がって少し歩くと左側にあるジェラテリア。入り口が狭くて気づきにくいかも・・。
中は数十種類のジェラートが並び、店員さんもフレンドリー。
italy3 101


写真はハニーとレモン。ハニーの香ばしさ(?)が絶妙。「ピスタチオは無いの?」って聞いたら「多分明日には。。」って言われたので、日替わりで出てるフレーバーもあるみたいです。
 2、3ユーロ~

italy3 100



「Gioritty」

スペイン広場から 広場まで出て、 通りを入ったとこにあるカフェ併設のジェラテリア。
大人気店らしく、日曜4時に行ってしまったら店内大混雑!!
数十種類あるジェラートが、人だかりで奥の方まではよく見えませんでした・・。

italy3 136


手前のカウンターからブルーベリーとヘーゼルナッツを購入。どちらもクリーミーheart02チョコつきのコーンなんかもあるみたいです。
 2ユーロ~


「Castroni」

バチカン方面、の広い道路Cola di Rienzo通り沿いにある高級食材店の中のジェラテリア。
このお店は、イタリアの食材を中心に世界各国の食材がそろう、おおきなお店です。
お土産用にパスタなんかも種類豊富にそろってます。

その中にあるカウンターで地元の人がコーヒーを立ち飲みしています。

ジェラートの味は甘め。で濃厚。
クリームもたっぷり。

ハート型のウエハースが嬉しいhappy tone
italy3 036




読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

 



人気blogランキングへ








スポンサーサイト
[ 2008/06/06 00:37 ] 旅先案内 ローマ | TB(0) | CM(2)

ローマでジェラート 食べつくす! 

美味しいイタリアンジェラートは足で探せ!
 
イタリア人に聞く「美味しいジェラート」とは。。。

1、素材の味がちゃんとすること。
2、舌触りなめらかであること。
             だそうです。


美味しいジェラートやさんを見つけるには、「1日1ジェラート!」で、こつこつお気に入りを探していくしかないんだとか。

じゃぁ、わたしもーー!! と、「1日1ジェラート」の精神で(?)ローマのジェラート食べまくってきました。

ガイドブックや店の雰囲気を頼りに訪れたジェラテリア、紹介しときますにこ


 Ciampino  お気に入り!

spangya スペイン広場からcrso通りまできたらフェンディが見えます。その横のtodsの先の細い道を左に曲がって広場の角にあるカフェです。

italy 044


マンゴーとヨーグルト。
italy 043

マンゴーの味がマンゴーー!生クリームを添えて。
めちゃうまい。2.2ユーロです。
カフェ併設です。 ちょっとリッチな雰囲気のお店。レジでお会計したらレシートをジェラートのカウンターへもって行き味を伝えて。





curicuri 

cavour駅 termini駅行きの列車の改札を降りて左に曲がるとすぐ。reonona通り沿い右側。
ジェラートフレーバーに大胆なものが多し。チョコにオレンジピール、バニラにゼリービーンズのようなカラフルなアイスとか、シチリアのお菓子「カンノーロ」とか! ジェラートの色彩がポップです。
1.5ユーロ~。




La Fonte della Salute


川方面からトラステヴェレ通りを歩き、左側Marmaggi通りに入る入り口付近にある、明るく広いお店。
店の外にテーブルがあります。ジェラートの種類が多く、定番クリーム~ナッツ系、チョコミントなどのポップなものまでバリエーション豊か。
ピスタチオが「豆」の味がして美味い!   1.6ユーロ~





読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

 



人気blogランキングへ








[ 2008/06/04 21:33 ] 旅先案内 ローマ | TB(0) | CM(0)

イタリアから小包を日本に送る 

イタリアから日本へ、小包を送ってみました。

  イタリアにいる間にだいぶ暖かくなってきたのと、お土産が増えたので、日本に小包として送ることにしました。

郵便局で小包用の箱を買います。

箱は2種類あって、
黄色い方が普通、青いのはもうちょっと丈夫なつくりになっています。

箱の値段は、~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                   黄色            
24.5 x 17.8 x 4.5= €1.40        €1.90
23 x 18 x 9 =      €1.8€         €2.30
36 x 23 x 12 =     €2.20€       €2.70
39 x 27 x 17 =     €2.80        €3.30
50 x 35 x 21.7 =   €3.20        €3.70


小さな郵便局だと、「うりきれ~」といってない場合があるので、大きな郵便局で探した方がいいかもしれません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

小包と一緒に送るための用紙ももらいます。
イタリア語なので分かりにくいのですが・・

 

Nome ・・・・・・・名前
Via・・・・・・・・・県 以降の住所
Codice postale ・・・・・・・・郵便番号
Citta・・・・・・・・・・・・県
Paese・・・・・・・・・・国 




コレを、送り主 送り先、両方ローマ字で書きます。

ただ、送り主住所は私の場合、念のため泊まっていたステイ先のものを書きました。

その下のDescrizion di ciascun articolo contenutoというところは
中身の内容です。
例えば・・ bookes and dresses......とか。
適当にw。

隣の Valoreに、中身の価値がどのくらいのものか、金額を書きます。    適当にw。



書きおわったら、用紙と箱を郵便局へもって行きます。


重さを量ってもらいます。

3つ箱を送ったうち、
 
5.2キロ     €33.43
8.4キロ     €33.43
3.8キロ     €23.49でした。



おそらく一番安い便だったと思います。

それでも、3つとも日本に2週間後には届きました。



もうちょっと値段も時間もかかるかと思っていたけど・・・
予想よりもはるかにリーズナブル、かつ確実でした絵文字名を入力してください




読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

 



人気blogランキングへ









[ 2008/06/01 02:33 ] 旅先案内 ローマ | TB(0) | CM(0)

ローマ教会めぐり~4~ 

ローマ教会めぐり ~4~エスクイリーノの丘あたり・・


ローマにはいたるところに教会があるので、散歩をしながら目に付いたところにとりあえず入ってみる、という観光の仕方をしていた私。

続きは、地下鉄B線、カブール駅周辺の教会です。


カブール駅からコロッセオを見渡せる、「エスクイリーノの丘」に登る途中にある

「サンピエトロ・イン・ヴィンコリ教会」。


italy 3




隣はローマ大学工学部で、一瞬大学の一部かと思うシンプルな外観です。

中にはちょっとめずらしい墓ドロドクロmoz・・どくろの天使・・・??

italy 4



面白くもあり、不気味でもあり・・。ちょっと他にはないモチーフですね。



エスクイリーノの丘からコロッセオを見下ろしながら、Monte oppio通りを歩いてMerulana通りを左に曲がると突き当たるのが、

「サンタマリア・マッジョーレ教会」。


目の前に広場があって大きな塔が目立つ教会です。


italy 2



裏手にあるのが「エスクイリーノ広場」。
地元の人たちが階段に座っておしゃべりしたりしてます。



そこからCavour通りを左に曲がるとカブール駅に戻ってこられます。


エスクイリーノの丘にはちょっとした遺跡が残っていたりするので面白い・・。

芝生に座って、コロッセオを見下ろしながらのんびりしている人もたくさんいます。コリラ

Cavour通りあたりには小さな教会もたくさんあります。

のんびりお散歩コースに最適ですにこ



読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

 



人気blogランキングへ





[ 2008/05/30 08:56 ] 旅先案内 ローマ | TB(0) | CM(2)

ローマ 教会めぐり~2~ 

ローマの教会めぐり~2~


トラステベレ地区の教会めぐりはつづきます。
次の教会に行く前にちょっと腹ごしらえ・・・絵文字名を入力してください

サンタマリア・イン・トラステベレ教会を出てインフォメーションの方向に戻る途中(Lungaretta通り)にあるレストラン
「Carlomenta/カルロメンタ」。オープンエアのテーブルが気持ちいい、お手ごろ価格でおいしいレストランです。

ここで、Gnocchetti carlomenta(ニョッキ、カルロメンタ風?)と グラスワイン、ティラミスを注文。

駆る路面他


魚介風味のトマトソースで美味しい!ニョッキの大きさも味も食べやすくてGoodですグッ
実はここは入るの2回目。1回目のえびのタリオリーニにほれ込んで再び足を運んでしまいました。

お値段もお手ごろで、パスタ類5ユーロ~7ユーロ。
デザート3ユーロ~
グラスワイン2ユーロ~・・・・ととてもリーズナブル!


トラステベレ散策の時にはぜひ行ってみてください。



さて、次の教会は
トラステヴェレ通りをわたって細いGenovesi通りを歩いて、cecillia通りを右に曲がると見える教会、
「サンタチェチリア・イン・トラステヴェレ教会」

chechiria




入り口に大きな庭があり、その奥が教会です。

グラスワイン2ユーロ~


中は白い壁をベースにした、とても上品な内装。
キリスト教が迫害を受けていた2世紀ごろに殉死した夫婦が眠る教会だそうです。



大きな天井画が美しい・・・。アップロードファイル

チェチリア




次は再びテヴェレ川を渡って、ナヴォーナ広場の方に向かって歩きます。アップロードファイル




読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

 



人気blogランキングへ


[ 2008/05/23 12:50 ] 旅先案内 ローマ | TB(0) | CM(2)

トラステベレ地区 教会めぐり 

トラステベレ地区の教会めぐり 


ローマにはたっくさんの教会があって、それぞれの教会の内装、外装ともに特徴があります。
見て歩くのがとても面白かったので、行った教会をあげていってみます。



今回はトラステヴェレ地区。

ローマの地図で言うとコロッセオの西側、テヴェレ川付近あたりの地区です。

この地区は下町っぽくて、細い道に美味くて安いレストランがあったり、庶民の生活が見られる地区です。

有名な「真実の口」のある「サンタマリアインコスメディン教会」からはじめて、トラステヴェレ地区の教会めぐり、してみました。



まず、地下鉄B線 チルコ・マッシモ駅から、チルコマッシモ通り(広い広場を右に見て15分ほど歩きます)を歩いていくと着くのが、

「サンタマリア・イン・コスメディン教会」
コスメディン


「真実の口」で写真を撮ろうという人たちで、常に長い列が出来ています。
コスメディン



でも教会内は、右側の入り口から並ばずに入れます。

8世紀に改築した際、装飾で飾り立てたため「コスメディン」の名前がついたそうですが、中は質素で素朴な雰囲気。
壁に絵は描いてありますが、質が、なんとも古そうな感じを受けます。

でもきらびやかに飾られた多くの教会を見ていると、この質素さ、古さがやけに魅力的に思えます。

コスメディン



コスメディン




コスメディン教会の向かい側、テヴェレ川を渡り、トラステヴェレ地区に入ると、インフォメーションの脇の細い道からいけるのが
「サンタマリア・イン・トラステヴェレ教会」

教会前の広場では、人々が噴水あたりに座り込んでのんびりしています。
トラステベレ





4世紀半ばに建てられた教会で、天井の黄金のデコレーションは豪華・・!
ファサード上部の「玉座の聖母子」が有名だそうです。

私はここでリアルお葬式に遭遇してしまいました・・・え

突然正面の入り口が開き、担がれた棺と大勢の人が入ってきて・・・。
歌がはじまり、参列者は前でお祈り・・。



後ろで観光客は静かに式を見守っていました。こんなこともあるんですねーー。
貴重な体験でした。

italy3 064



トラステヴェレ教会めぐりはまだ続きますhappy tone




読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

 



人気blogランキングへ

[ 2008/05/22 12:48 ] 旅先案内 ローマ | TB(0) | CM(2)

カンピドリオの丘からフォロロマーノを見渡す 

ベネチア広場からカンピドリオの丘に登ってフォロロマーノを見よう!

 
スペイン広場からウインドーショッピングをしながらコルソ通りを左方面に歩いていくと、
「ベネチア広場」にでます。


とても広くて交通量が多く、バスなども頻繁に行きかうこの広場には、
真っ白でおおきな「ヴィットリオエヌマーレ2世記念堂」がたっています。
ベネチア広場



その右脇の坂を上っていくと、その上が「カンピドリオ広場」です。

広場



美術館が集まるこの広場を市庁舎をはさんで左右に行くと・・・

広場



フォロロマーノが見渡せる高台に出ます。
こちらは右側からの景色。
フォロロマーノ


こちらは左側から。

この門あたりからフォロロマーノに入ることも出来ます。
フォロロマーノ



フォロロマーノをちょっと高台から見下ろしてみたり、カンピドリオ広場の階段に座り込んで休憩したり、、、
スペイン広場からの買い物の行程に、ちょっと立ち寄て一息つける場所ですアップロードファイル




読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

 



人気blogランキングへ




[ 2008/05/21 12:20 ] 旅先案内 ローマ | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。