スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ベルギーワッフルの美味しいカフェ2 

ブリュッセルでベルギーワッフルをいただく
 
ブリュッセルでもベルギーワッフルをたべちゃいましたよ。
ハマリます!あの味!!


ブリュッセルで行ったのはこちらのカフェ


ブリュッセル
「DANDOY」


ブリュッセルの有名な広場、グランプラスから「小便小僧」の方向に細い道を入っていくと、すぐ左側の角にあるお店。(小便小僧へは、矢印が出ています)
1階がお菓子屋さんで、2階がカフェになっています。

DANDOY




私が行った時は、午前11時半ごろだったためかお客さんも少なく、ゆーったり過ごせました。
後に増えてきたお客さんの客層は、ファミリーやカップルが多かったかな。一人の人もいましたよ。
DANDOY



注文したのはブリュッセルワッフルのフルーツソース 5.15ユーロ
アールグレイティー                     2.55ユーロ

メニューは英語あり。 リエージュワッフル(丸くて固めのやつ)も食べられます。
DANDOY ワッフル




ワッフルはもちろん外はかりかり、中はもちもちアップロードファイル

しかし、お客さんが少なかったためか(多分)あらかじめ出来ていたワッフルにソースをつけて出してくれたため、ちょっとだけ冷えていた・・。
出来立て食べたかったな・・。

しかし、ワッフル自体は美味しくて、フルーツソースは甘いものの、甘くないワッフルと合わさって丁度よいです。

ものすごい脇役ですが、、、紅茶についてきた紅茶クッキーが、葉っぱが入ってて絶品でした・・え帰りに1階でお菓子を買って帰るのもいいかも。

ベルギーワッフル、ちょっとだけ混んでても、お客さんがいる時間帯のほうが、出来立てを食べられる確立高いと思います!
あったかいのは美味さ格別だよ~~絵文字名を入力してください


お店のホームページはこちら↓
http://www.biscuiteriedandoy.be/site.php?lang=uk



ちなみにちょっと先まで足を伸ばすと小便小僧。どこぞの民増衣装を着てますw
わ~~い、大人気~~棒人間棒人間棒人間
小便小僧






読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 
人気blogランキングへ


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



 




スポンサーサイト
[ 2008/04/10 11:15 ] 旅先案内 ベルギー | TB(0) | CM(0)

ベルギーワッフルの美味しいカフェ 

アントワープの、ベルギーワッフルが美味しいカフェ


ベルギーに来たんだから、やっぱりベルギーワッフル食べないとねーー。ってことで、アントワープとブリュッセルで1軒づつ、カフェに入ってまいりました。

どちらも有名店で、一人でも入りやすいカフェでした。王冠



 
アントワープ

「Desire de  Lille」



アントワープ中央駅から Keyserlei通り, Meir通り, Schoenmarkt通りと、ひたすらまっすぐ歩いていき、Schoenmarkt通りの右側のSchrijinwerkersstraat通りを入るとすぐ。

黄色い概観が可愛い、わりと大き目のカフェです。
Desire de Lille 



行ったのがちょうど夕方ごろだったためか、お客さんはいっぱいでした。
客層は若いカップルからファミリー、老夫婦までと幅広く、一人で来てる人もちらほら・・。
一人でも居心地いいです。


注文したのはチェリーのワッフル(6ユーロ)とカプチーノ。(2ユーロ)

店の回転が速いためか、あったかい出来立てがでてきましたアップロードファイル
Desire de Lille ワッフル



出てきたワッフル、外は内側ギリギリまでかりかり、中心ははもちっ!という食感。。にこ
う~ん、上手く言い表せない・・

生地自体は甘くないし、生クリームも甘くない。
トッピングのチェリーは酸味があって、これまた甘くない・・!
って、、味が無いんじゃないですよ。
もう1個いける!ってくらいに食べやすい甘さなんです。

カプチーノにはリエージュワッフル(丸くて固めのワッフル)4分の1がついてきて満足グッド

Desire de Lille コーヒー


他にパフェなどのスイーツもありますし、サンドイッチ、スープ、サラダなどの食事も出来るみたいです。

お店のホームページはこちら↓
http://www.desiredelille.be/index.php?content=home






読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 
人気blogランキングへ


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



 








[ 2008/04/09 05:27 ] 旅先案内 ベルギー | TB(0) | CM(5)

ベルギー 王立美術館でルーベンスを観る 

アントワープの王立美術館はルーベンスの大作がいっぱい!

アントワープでルーベンス漬け(?)になるべく、今度は王立美術館に足を運んでみました。


王立美術館は、中央駅からちょっと遠く、ためしに歩いてみたら30分くらいかかりました・・。
フルン広場(goernplaats)からトラム(たしか8番)がでているので、それに乗るとらくちんです。


立派な外観の王立美術館
アントワープ王立美術館





館内の様子。
アントワープ王立美術館



階段を上ると宗教画、彫刻などの展示スペース。
上らずにまっすぐ入ると20世紀くらいの近代の画家たちの展示スペースです。

王立美術館 ルーベンス


2階の中央にあるスペースが、ルーベンス部屋(?)。
たくさんの大作が展示されています。
作品に対する気使いのためか、この部屋だけ暖房がきられているのでちょっと寒い・・。

この広さの部屋が3つほどあって、見上げるほどの大きさの作品だらけ。圧巻です。


他の部屋はルーベンス以外の作家さんの作品も展示されていて、宗教画だけでなく風景や肖像画も見られます。




奥のガラス張りの部屋で、フランドルの画家、メムリンクの絵の修復作業(?多分)をしているのを見ることが出来ました。
2人ほど遠くで作業をしていたのですが、動きが小さくてスローー・・。

ホントに細かくて地道な作業なんだろうなぁ・・。




下の階には20世紀以降の作家さんの展示。
ちょっとだけマグリットとか・・。



ミュージアムショップを出ると、カフェがあります。
そのカフェで一休み。
ハムとサラダのサンドイッチ4・6ユーロとコーラ1・8ユーロを注文。
サラダたっぷり♪
王立美術館 カフェ



ず~っとルーベンス漬けのアントワープでした。
やっぱりルーベンスの描く人は肉にくしてますw(感想それ?

どの人物も動きがあって生き生きしてます。やっぱり大きい作品だと余計そう感じますね。
ルーベンス好きな方は王立美術館、おススメです。


王立美術館(Koninklijk Museum voor Schone Kunsten Antwerpen)

火~土10:00~17:00
日曜  10:00~18:00

月曜休館

常設展  6ユーロ
http://museum.antwerpen.be/kmska/





読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 
人気blogランキングへ


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



 






[ 2008/04/07 04:03 ] 旅先案内 ベルギー | TB(0) | CM(0)

ルーベンスの家を訪ねる 

アントワープでルーベンスの家を訪ねる




アントワープには、ルーベンスが自ら設計して建てた住まいが残っています。
1946年に再建され今は一般公開中。

アントワープ中央駅からKeyserlei通り、Meir通りとまっすぐ進んでいき、左側にあるWapper通りという細い道を入ると、ルーベンスの家がみえます。

チケットオフィスは道の真ん中。
ガラス張りの四角い建物で、日本語表記もあるのでわかりやすいです。
手前はミュージアムショップで、展示されている絵のはがきなどが買えます。


旗がたっている古そうな建物がそれ。入り口にいるおじさんがチケットを切ってくれます。

ルーベンスの家



さっそく入り口をくぐると、、、奥にひろい庭が見えます。
建物の中に入ると、部屋の中にいきなり風景画が飾られていて、中はしっかりミュージアムです。


残念ながら家の中は写真撮影禁止だったので何も見せられないのですが、すりへったり光沢のついた床や壁、階段の手すりがいい感じ。展示されているアクセサリーなども家具も、贅沢に装飾されていてどれも立派です。


部屋数がとても多く、巨大な絵を飾れるホールもあったりして・・


大豪邸じゃぁないですか・・・。



ルーベンスは宮廷画家だったみたいですね。 話せる言語が多かったので、外交官も兼ねていたとか・・。 なるほど、この生活も納得・・。




ルーベンスの家


庭には彫刻などもあって広くて豪華です。



館内では肖像画や風景画なども含む、たくさんのルーベンスの絵があります。
キリストの絵だけではないルーベンスも観られるので、彼を知るにはとてもいいミュージアムです。


それにしても、
好きな絵が描けて、広いアトリエもあって、弟子たちもいて、
絵を状態良く保管しておける場所もあって、(もちろんクライアントがいるからすぐにクライアントに渡るんでしょうけど)
絵の依頼もたくさん来て・・・・・って、

画家として最高ですね・・。


 


「ルーベンスの家」

  10:00~17:00 
  月曜休館 
  6ユーロ
URLはこちら
  http://museum.antwerpen.be/rubenshuis/index_eng.html






読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 
人気blogランキングへ


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



 









[ 2008/04/06 09:14 ] 旅先案内 ベルギー | TB(0) | CM(0)

ベルギー ノートルダム大聖堂でルーベンスの絵を鑑賞 

アントワープのノートルダム大聖堂でルーベンスの絵を観る


アントワープの観光名所と言えば、「ノートルダム大聖堂」。

日本では、「フランダースの犬」のネロとパトラッシュがルーベンスの絵を観ながら天使にお迎えされるシーンで有名です。
ベルギーノートルダム



ヨーロッパの教会には、彫刻や絵画が飾られているけれど、この教会は絵画の数が多いような気がします。それに1枚いちまいがとても巨大。 見ごたえあります。


この中で有名なのが、ネロ少年も観たかったルーベンスの三連祭壇画です。

左右に飾られている「キリストの昇架」と「キリストの降架」、中央にある「聖母被昇天」がルーベンスの作品。



観て思ったこと。。

ルーベンスの描くキリストって、肉にくしてますよね・・・。
ヨーロッパの男性が服脱いだら、あぁ、多分こんな感じ・・っていうw
「降架」とか、体格いいんですよ。降ろすの重そうです。
いいもの食ってんじゃん!って思いたくなるw。
けして 何日も十字架にかけられてぼろぼろになった感じはしません。

多分「立派に描いてくださいね!!」とクライアントに念を押されたに違いない・・。(勝手な憶測)

いや、しかし。。ホントに立派なのです。
コレをみんなが見て感動し、またキリストを崇拝するようになるのに十分なすばらしさです。
画面の大きさと教会の中という空間というのも相俟って。
躍動感があって画面全体が生き生きしてます。



私が行ったのは閉館間近で人が凄く少なかったのですが、
シーンとした中で絵を鑑賞しながら教会内を1周したら、前の日まで引きずってた“すっっっっごく嫌なこと”(バスに乗れなかったことではなく)が、

「私の痛みなんて磔刑にかけられたキリストの痛みに比べたらホントに小さいわ・・・。」

と思ってしまっていて、出た後なぜか心がすーーっきり。


クリスチャンではないのにキリストに癒されてしまった・・・。
いやルーベンスに癒されたのか??



キリストがすごいのかルーベンスがすごいのか??

解明すべく(?)次の日からベルギーで、ルーベンスを追うことになります。








読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 
人気blogランキングへ


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



 














[ 2008/04/05 03:55 ] 旅先案内 ベルギー | TB(0) | CM(2)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。