スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ロンドンの宿泊先 

ロンドン、どこに泊まる?  



ロンドンは、物価が高いので宿の値段も高いです・・。

ツインのホテルで最低でも1泊80ポンドくらいでしょうか?

一人旅にはちょっときついんですよね・・。


私が旅行したときは、少しでも安くしようと思って、日本からある宿(ドミトリーのある宿)を予約していったのですが、
そこが想像以上にひどかった・・・・!!

ホームページもあるし、そこにはきれいな写真が載っているのですが、
実際行ってみると

「ものっすごく掃除の嫌いな(片づけられない)人の家」

ってくらいに汚かったんです・・・。


建物が古いとか、設備がどうとか、そんなことじゃなくて
お客さんに見えるところまで脱ぎっぱなしの服がおいてあったり
床やカーペットが汚れていたり、掃除してるのか分からないくらい・・。
しかも!

長期旅行だったため、予約の最終確認を忘れていたのですが、
行ってみると
「来ないかと思ってたから、予定の部屋でいとこが寝てるんだよね~」
と言われました・・。


いや。。客泊める部屋で身内を寝せるなよ・・・・。

対応したおじさんも態度良くないし。
とにかく、「この宿は泊まらせる気ないんだな」と思いました。

それでもそこに泊まってた日本人の方達はみんなそれなりに楽しんでるようだったので、若い人にはいいのかも・・。

私も学生とかだったら・・とか思いましたが、

あれはきっといつ行っても無理です!

今まで色んなところを一人旅してきましたが、ここまで居心地の悪かった宿は始めてでした。
本気で早く出たいと思ったので、その日のうちに違う宿を探すことに。



と、言うわけでロンドン中心部のインフォメーションセンターに行ってみたのですが、「今日も明日もどこも満室で予約は取れません」と言う返事。

そんな全然ないなんて事があるの????


と思ったのですが、「ない」と言われたものは仕方がない。


最終手段で、ネットカフェに行ってネットで宿探ししました。


これが結構出てくる出てくる!!
パディントン駅周辺のホテルをネットで予約。

とにかくあの宿を出たかったので、見つかってほっとしました。


あ、私はクレジットナンバーで予約してしまいましたが、ホントならやめた方が良いと思います。
きっと危険です!

私は何もありませんでしたが・・・。
実はこの旅の最中にネットカフェでクレジットナンバーを入力して宿の予約を何度したことか。。(笑)

マルタでもベニスでもやったような・・・。

運がよかったんでしょうね、今のところ困ったことは何も起きてません。



でも、皆さんはやめといてくださいねっ!!!!!



と、言うことで、お宿は日本から予約していきましょう!

私が始めに行った宿はどこかのウェブサイトに載っていたとこだったのですが、下記の予約サイトで予約したところに大きなはずれはありませんでした。↓

120ヶ国25,000件以上のホテルに素早く、安全にアクセス!↓
Discount Hotel Reservation

直前割引もあるのでお得かも!!↓

Last minute hotel reservation!


ロンドン最安値50ポンドから~↓
bookings



読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ



スポンサーサイト
[ 2007/06/08 01:06 ] 旅先案内 イギリス | TB(0) | CM(0)

ロンドンでネットカフェを使う 

ロンドンの通信手段 

旅行中にはいつもネットカフェを使ってきました。で、ロンドンでももちろん使用。


ロンドン市内にも、ネットカフェがたくさんあります。

料金はだいたいどこでも1時間1ポンド~2ポンドくらいでした。
(お店によって多少差があります)

私は2件ほど行きましたが、日本語を見ることは出来ましたが入力は残念ながらどちらも出来ませんでした。


他に通信手段として、もちろん公衆電話から日本にかける事が出来ます。
私は「クレジットナンバーを入力して通話し、後でクレジット会社から引き落とされる」という方法で日本に電話をかけましたが、
その際の通話料は

20分程度で8千円くらい・・・・!!!!!

そのときは緊急だったとはいえ、
もう絶対するもんか!!と思いました・・。


そういえばイギリスで会った日本の方はみんな携帯電話を持っていましたよ。DoCoMoとかの。

「メールを使うだけならそんなにかからないし、便利」だそう。
今度は携帯も選択肢に入れてみようと思いました。

次に旅行に行くときは小さいノートパソコンを持っていきたいですね~。


と、思いながらネットを見ていると、こんなものを発見しました。
 
ソニースタイルから出ている「mylo」(マイロ)

コレ、PSPみたいな小ささの機械なんですが、以外と使えるのではないかと・・・。
sony styleでは、
  「小型軽量ボディにフルキーボード搭載。ワイヤレスLANでインターネットコミュニケーションが楽しめるパーソナルコミュニケーター

と謳っています。


まず、小さいのがイイ!重さは約150グラム!ホント、ゲーム機並み。

色は黒バージョンはキーボード部分は白で、
白バージョンはキーボード部分がオレンジ!

小さいながらもウェブブラウジング可能!
だからブログの更新もMixiの日記更新も出来ちゃう!
無線LAN搭載だから街角のワイヤレスLANアクセスポイント経由で外出中でもみられるんです!

「Skype」・「Google Talk」搭載。
どこにいても友人や家族と通話、チャットが出来る。


内蔵の1GBのフラッシュメモリーや「メモリースティックデュオ」を利用して、音楽、静止画、動画を気軽に外出先で楽しめる。



ネ?何か使えそうじゃないですか??


誰か使ってる人いないかなぁ・・。もうちょっと情報集めてみます。。


「mylo」ってこんな商品です↓





読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ


















[ 2007/06/05 01:19 ] 旅先案内 イギリス | TB(0) | CM(3)

ロンドンで地下鉄に乗る 

ロンドン、地下鉄でトラベルカードを使う  



今日は、ロンドンの交通のお話です。



ロンドンは地下鉄やバスが発達していて、どこに行くにも便利です。


地下鉄は日本と同じように自動改札が設置してあって利用の仕方も同じなので気軽に使える交通手段です。

ロンドン 地下鉄
Tubeと呼ばれるロンドンの地下鉄


チケットはゾーン制。1~6ゾーンまであるみたいですが、主要観光名所はほとんどゾーン1に集まってます。


チケットは駅の券売機でゾーン指定して買うのですが、自分が指定したゾーンを乗り越すと罰金が科せられると、友人が言ってました。
何年も前の話だそうですが、今はどうなんでしょう・・?

とにかく、インフォメーションで地下鉄路線図を入手して、自分の行きたい場所(ゾーン)を乗る前に必ず確認しておくのが一番ですね。

ロンドン チューブ

中はこんな。夏は、あついよー。
 
ところで・・私は旅行中、「7daysトラベルカード」と言うのを利用しました。

これはロンドンの地下鉄、バスなどが期間中乗り放題になるお得なカードです。
期間とゾーンが指定できます。

1days、3days、7daysトラベルカードがあり、駅の窓口で購入可能。
(ゾーンの指定も忘れずに!) 





このカード、「Oyster」
という今おそらくロンドンで普及しつつあるカードの形式で発行されるのですが、(切符ではなくて)
  

日本の「Suica」みたいなんです!!




日本でsuicaを利用している人はわかりやすいと思いますが、

      本気で便利!!です!



ロンドンの改札にもタッチパネルがあって、そこに「Oyster」をタッチ。
しかもバスにもタッチパネルがついていて、バスも乗車時に「Oyster」をタッチすればオッケー!

しかも地下鉄、バス、共に期間中ゾーン内なら乗り放題ですから、何の気兼ねもありませーん♪
(自分が購入したゾーンを出てしまう場合は新たにチケットを買わなければいけませんが)


ロンドン バス 2階
バスの2階はこんな感じ。見晴らし良くて◎




ちなみにこのカード、ホントに本来suicaみたいなカードで、切符を買うことなく改札を通れるカード。
ロンドン地下鉄のサイトを見ると、普通にチケットを買うよりも「Oyster」を使った方が断然値段が安いのに驚き!!(なんで??


ちなみにこちらがロンドン地下鉄のサイト「Transport for London」↓
http://www.tfl.gov.uk/home.aspx

地下鉄マップ、チケット料金、「Oyster」についてこちらで情報を得る事が出来ますよ。(英語)

Ticketをクリックして行き先を入力すると、普通に買ったチケットの値段と「Oyster」を使ったときの値段が出てきます。


ちなみにOxford Circusから South Kensingtonまでの片道料金調べてみました。。。

普通に購入→4ポンド
「Oyster」→1.5ポンド


差がありすぎです(笑)





てことで、皆さんロンドンに行くときには地下鉄の料金に注意してください(笑)




ちなみに、これから夏にロンドンに旅行しようと思ってる方、地下鉄やバスには冷房がありません。

日本のように電車に乗ると涼しい~~とか、大間違いです。

電車やバスの中のほうが暑いです。外を歩いていた方が断然涼しい!


観光する時には移動途中に気分が悪くならないように、お水などは持って出てくださいねっ!


読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ

















[ 2007/06/01 01:06 ] 旅先案内 イギリス | TB(0) | CM(3)

ロンドン 街中ギャラリー 

 続。ロンドン小ギャラリー 


今日紹介するのは、今まで紹介した中で最もギャラリーらしくない(?)ビルに入っている二つのギャラリーです。


今回の場所の最寄り駅は地下鉄「Oldstreet」
             か「Liverpoolstreet」あたりでしょうか。

そこからちょっと歩きます。
Shoreditch high street沿いにある目的のビルの名前は、


 Tea building 


古くて大きなこのビルの中には、ギャラリーの他にいくつものオフィス、バーなどが入っています。


はじめ、見つけたときに入ってしまった小さな入り口はバーへの入り口でした。
(バーは広くておしゃれな感じでした。昼間だったのでまだ営業してないようでしたが。)

バーの入り口の先にマンションの入り口のような
「関係者以外入れません」みたいな雰囲気の入り口があって、こちらからビルの中に入れます。


中に入ってみると、倉庫のような暗くて広ーい空間。。
ホントにここでいいのか・・?

見るとセキュリティらしき窓口がぽつんとあります。

中にいたおじさんに聞くと、ギャラリーはここで間違いない様子。


そして1階に一つ目のギャラリーがありました!
名前は


Rocket Gallery  

小さなギャラリーですが、スペースがいくつかあるみたい。
私が行ったときは2カ所くらいに展示が分かれていました。
誰の展示だったか忘れましたが、ポップな感じの作品が並んでいました。

このギャラリーのサイトで以前の展示作品を見たり出来ます。
もちろん最新の展示情報も。
このサイトもポップです。アーティストの紹介ページとかのデザインも可愛い!

気になる方はこちらからどうぞ。↓
http://www.rocketgallery.com/index.html


「rocket Gallery」をでて、ビルの暗い階段を上がっていきます。
ホント、倉庫みたいでちょっとこわい・・。
ビルの中自体は古くてかっこいいんですけどね。
コンクリ打ちっ放しの廊下だったりして。

tea building
ちょっと古くて良い感じの雰囲気あるでしょ?


Hales gallery  

こちらもRocketと同様の小ギャラリー。
サイトでギャラリー内部が見られます。

シンプルなサイトで過去の展示や最新の展示情報が見られますよ。
Tea buildingの地図も載っているので、この二つのギャラリーに行くにはこちらを参考に。↓
http://www.halesgallery.com/


ちなみに「Tea building」のウェブサイトはこちら。↓
http://www.teabuilding.co.uk/

英語サイトですが、外観などの写真があるので下調べにはいいんじゃぁないでしょうか?

地図がダウンロード出来るのですが、周辺のギャラリー、レストラン、クラブ、バー情報も書かれてます。
地図上で見ると周辺にギャラリーも結構多いみたいですねぇ。

わりとこの辺、おしゃれ地域なのかも??


各サイトで最新情報をゲットして、ぜひ、ギャラリー巡りしてみてくださいね!







読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ












[ 2007/05/27 04:10 ] 旅先案内 イギリス | TB(0) | CM(1)

ロンドンの小ギャラリー 

 ロンドン街中小ギャラリー


ロンドンで行ったギャラリーをまだまだ紹介してみます。

 「Haunch of Venison」    

ここはホントーに街の中のマンションのようなビルの中に入っているギャラリーです。

最寄り駅は地下鉄の「ボンドストリート駅」か、
         「オックスフォードサーカス駅」

Brook street沿い(割と小さい道路です)からちょっとビルの間を入っていくと入り口があります。

Hounchof venison

ちょっと場所が分かりにくいかも・・


ここはビルの1階~3階をギャラリーにしています。


私が行ったとき(2006年7月)は、「Bill Viola」の展示をやっていました。


「Bill Viola」は年末あたりに六本木ヒルズの森美術館でやっていたので、ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんね。

私も森美術館の展示を見に行ったのですが、実はここではじめて彼の作品に会ったのでした!


ロンドンのギャラリーはほとんどが無料だし、森美術館とは比べものにならないくらい小さなギャラリーだったので、「Bill Vola」が
こんなに有名なアーティストだったとは全く知らず・・。


このときもビデオ作品を何本か上映していたのですが、来ていたお客さんはみんなフロアに座り込んでスローモーションの作品が終わるのをじーっと見入っていましたよ。

空間はけして広くはありませんが、作品の雰囲気もあって楽しめました。


ここもホームページがあるので貼り付けておきます。
次回の展示内容、地図などをチェックできますよ♪

ここのホームページ、シンプルでかっこいいです。。



http://www.haunchofvenison.com/en/#page=london



読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ







[ 2007/05/23 03:02 ] 旅先案内 イギリス | TB(0) | CM(9)

ロンドン街なかの小ギャラリー 

ロンドンの小さなギャラリー  



ロンドンには、無料で入れる小さなギャラリーがたくさんあります。


日本で言うと銀座や表参道のよう。



それぞれのギャラリーは、町中のビルの一角にあったりして普通にしてると気づかなかったりするくらい小さなものもあるのですが、

「Timeout」紙を買って面白そうな展示をチェックし、町中ギャラリー巡りをしてみましたよ。


White Cube Hoxton Square


ここは
オールドストリート駅を降りて、オールドストリートからちょっと入ったところにあるギャラリー。

白壁とレンガで出来た建物で、目の前が公園という気持ちの良いロケーション。


white cube ギャラリー
外観がオシャレなギャラリーです。


1階部分と2階に展示室があり、割と広めです。


私が行った時はダミアンハーストなど(彼はそのときどこでも彼の作品を見かけるくらい展示をやっていました!)現代アーティスト数人による展示。

全体的に「黒」を基調とした展示内容で渋い空間でした。


で、彼はまたやってくれてマシタ・・。


友人に、「見ない方が良いんじゃない・・・?」

と言われ、「エ??何?」

と、真っ黒な画面をよーーくのぞいたら。。



キャアアアーーー!ハエーーーー!ハエーーー!!!!!!




画面全部ハエでした(笑)


それ以上みられませんでした。ゴメンナサイ。




よく集めたな・・あんなおっきい画面いっぱい(感心




white cubeのウェブサイトはコチラ(英語)
http://www.whitecube.com/
何か、セントジェームズパークあたりにもギャラリーが出来たみたいですね。

これからの展示はこちらでチェックです!




読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ





















[ 2007/05/23 03:01 ] 旅先案内 イギリス | TB(0) | CM(2)

大英博物館~2 

大英博物館~2  



大英博物館の展示については前回お話したので、今日はその他の施設について。


大英博物館にはとっても大きな図書館が建物の中央にあります。


小さな入り口を入ると広い空間にびっしりと本が並べられた壮観な眺めが目に飛び込んできます。
上はドーム型になっていて、白い壁とさわやかな自然光が室内を明るくしています。


大英博物館 図書館


図書館の横の階段を上がっていくと、上にレストランがありました。
モダンな内装でちょっとおしゃれなレストランで、1階にあるフードコートよりも高級な感じ。
ティータイム、ランチなど、時間が分かれているので注意です。


1階にあるミュージアムショップは、面白いおみやげが買えそうです。
文具、お菓子、ガイドブックやはがき、置物ナドナド。。
エジプトの棺のカンペンケースとか、エジプシャンキャットの手乗りサイズの置物とか、ここでしか無いものがたくさん!!
しゃれの効く友達のお土産に良さそうですよ♪





読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ





 



[ 2007/05/13 23:26 ] 旅先案内 イギリス | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。