スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

東京都現代美術館でジブリの背景を観る 

 アニメ、トトロの背景 男鹿和雄展 


 
先日の日曜日に東京都現代美術館に「男鹿和雄展」を見に行ってきました。

男鹿和雄さんとは、スタジオジブリの「となりのトトロ」などの美術を手がけた方。

トトロ以外にもジブリの数多くの作品にすばらしい背景を残しています。



きっと世の中の背景マンは誰もが憧れているでしょう。
男鹿画集を手元において参考にしている背景マンも多し・・。私の周りにもたくさんいます。


この展示は男鹿和雄さんの過去からの作品(テレビシリーズや映画などの背景)が一気に観られる空間です。

使われた背景そのものだけではなく、美術ボード(背景のモトになる色や雰囲気の参考の絵)や美術設定(背景になる場所を細かいところまで描きおこした設定画)も飾られていて、とても参考になります。

生で観るアニメの背景は普通の人には結構面白いかも。
意外と画面(紙)も小さいですしね。
あれが巨大なスクリーンに何倍にもなって映って、それでちゃんと空間もってるんだからすごいよ・・・・アップロードファイル


背景だけではなく、机を再現してあったり、背景の描き方を撮ったビデオが流れていたり、アニメ製作用語が背景とビデオつきでわかりやすく説明してあったりと、アニメの世界を知るにも良い展示ではないかと思います。

ここで流れている背景の描き方ビデオは、「男鹿和雄画集2」に載っているものと同じでした。
ビデオのほうがもちろんわかりやすいですけどね。

「はじめに紙全体に水をひく」というアニメ背景独特の描き方をしているので普通の水彩の方法とはちょっと異なりますが、
全体を地塗り段階(紙が濡れている状態で色をおいていく作業)で整えてしまうという描き方は、趣味で絵を描く方にも参考になると思いますよ。(絵の全体感を早い段階で把握できるので)

その描き方が載っている画集がこれ↓


これ、表紙が山の絵なのですが、カバーをはずすと鉛筆の下描きになっています。   ニクイよ。。。演出が。


ちなみに画集1もあります。↓



会場には展示作品を集めた分厚い図録も売っていましたよ。




さて、、、この展示を観ながら友達と、

    「やっぱ描ける人って何でも描けるんだね・・・」

    「机においてるものは同じなんだけどね・・・・・。」

なんていう切ない会話をしつつ・・・ww美術館を出たら

入り口が長蛇の列!!!!!!
なんと100分待ち!!!!

トトロの背景おそるべし。

私は朝一番で入ったので待ちませんでしたが、
日曜は特に混んでいるみたいです。会場内もぎゅうぎゅうだったし。



興味のある方は平日の早い時間に行くことをお勧めしますよ♪
 


「男鹿和雄展」
2007年9月30日まで。
東京都現代美術館にて。
公式サイトこちらです↓

http://www.ntv.co.jp/oga/


読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 
人気blogランキングへ


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



 






スポンサーサイト
[ 2007/09/06 04:09 ] 国内美術館めぐり | TB(0) | CM(1)

六本木ヒルズで現代アートを見る 

Bill Viola(ビルウ"ィオラ) 「はつゆめ」展

六本木ヒルズ森美術館に、ビデオ・アートの第一人者、ビル・ウ"ィオラの展示を見に行ってきました。

いつもはこの夏に行った旅行や旅の持ち物について書いているのですが、“スケッチ旅行”も推進するブログとして、アートも結びつけて考えたい!ってことで・・今日は現代アートを取り上げてみたいと思います。


今、六本木の森美術館で開催されているこの展示は、ニューヨーク生まれのアーティスト、ビル・ウ"ィオラの大規模なビデオインスタレーションです。


知らない人の為にアーティストについてちょっと説明を。

ビル・ウ"ィオラ 1951年 ニューヨーク生まれ
ビデオアートを主に制作し、ベネチアビエンナーレや数々の個展を世界で開催。80年に日本に18ヶ月滞在し、日本の伝統文化と最新テクノロジーを学ぶ。その時に制作した作品のタイトル「はつゆめ」が今回の個展の名前にもなっています。
現代アートの世界で、国際的に評価を受けているアーティストです。



私は、ロンドンのギャラリーで初めて彼の作品を見ました。森美術館よりももっともっとちいさなロンドンの街角にあるギャラリーでしたが、中に入った時の、作品を取り囲む印象は森美術館と同じくらい大きなものでした。


森美術館で開催中の個展は、4.5メートルもあろうかというくらいの巨大スクリーンを使った大規模な展示です。

いくつか印象に残った作品を紹介します。

「クロッシング」
真っ暗な部屋のまん中に巨大なスクリーンがあって、一人の男がむこうから歩いてきます。スクリーンにちょうど全身が入るくらいまでの距離まで歩いて来て立ち止まります。すると下から炎が見え始め・・最後には男の体を炎が包み込みます。しかし・・・反対側のスクリーンでは全く逆のことが行われています。観客は、それぞれのスクリーンを行ったり来たりしながら、ことの成り行きをみることが出来ます。目の前で起こるダイナミックな映像に見入ってしまう作品です。


「ミレニアムの5天使」
広い部屋の中に5つの巨大スクリーン。それぞれに青や赤のライティングの水の映像が映っています。部屋の真ん中に立ってぐるりと見回すと、スローモーションで映し出される水の泡たちが天の川や星に見えてきて、まるで宇宙空間にいるようです。そんなことを思ってぼーっと見ていると徐々に映像に変化が・・・。入ったとき静かな空間でも、ちょっとまって。“5天使”を見ないことにはこのへやを出られませんよ。



私はここではただ、展示状況を説明しているだけなので、作品を見てどう思うかは皆さんの自由です。実際に行って体感してみてください!

その他にも、人間の表情を使った作品や部屋の中いっぱいにスクリーンを重ねた作品など、ドキッとするような面白い作品がたくさんあります。
スローモーションで表現される映像たちは、人間の表情や、水風など自然物の動きなどがとても印象的です。
映像の美しさに加え、アートとしてのテーマやアイデアも興味深く、今まで現代アートに興味の無かった人にも楽しめる展示だと思います。


会場に行って思ったのは、お客さんがみんな“次に何が起こるのかわくわくしながら待ってる”なぁってこと。 それってとても素敵な空間だと思うのです。 多分“ヒルズに観光に来たついでに美術館も・・展望台もあるし・・”って人もいると思うんです。でも、みんなスクリーンにクギズケになっている。純粋に会場にいるみんなが“楽しんでる”なあと思った現代アートの展示は久しぶりでした。



「BillViola はつゆめ展」

期間 2006年10月14日~2007年1月8日
場所  六本木ヒルズ 森タワー53階 「森美術館」
時間  10:00~22:00 (火曜10:00~17:00)
料金  一般 ¥1500 学生¥1000 子供¥500

六本木ヒルズでは「はつゆめ展」を記念して、アジアンエスニックレストラン「Rojak」(ヒルズ内、ヒルサイドB2F)で「Viola life in Rojak」も開催中!
パネル展示やドキュメンタリーフィルムの上映、特別メニューもあります。(07・1月8日まで/12月23~25日は対象外)





年明けすぐに終わってしまうので、気になった方はお早めに~! ヒルズでの展示が終わった後は、兵庫県立美術館に巡回するそうです。(2007年1月23日~3月21日)関東まで来られなかった人は要チェック!!

読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ



 




[ 2006/12/08 12:50 ] 国内美術館めぐり | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。