スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旅の家計簿 ナポリ編 

ナポリで何にいくら使った??
旅先でのお金の使い道~2006~



今日はナポリで旅行した時に使ったお金を日ごとに公開。
どんなものがいくらするのかを知って、旅の準備に役立ててください。

ちなみに2006/12/21のレートで、1ユーロ=153円


地下鉄に乗って博物館まで移動、その後スパッカナポリを観光。

地下鉄90分券   ・・・・1ユーロ往復で2ユーロ
マルゲリータとコーラ・・・・6ユーロ
ネットカフェ60分 ・・・・2ユーロ

合計         ・・・10ユーロ
日本円        ・・・1533円




中央駅からまっすぐの大きなウンベルト通りで買い物。バスで移動。

黒カットソー    ・・・・10ユーロ
白コットンロングスカート・・10ユーロ
カフェでマカロニとピザ・・・3.9ユーロ
水          ・・・0.75ユーロ
バス90分券     ・・・1ユーロ往復で2ユーロ

合計         ・・・26.65ユーロ
日本円        ・・・4085円





カプリへ行くため港へ移動。

カフェでピザ一切れ  ・・・1.38ユーロ
トラム90分券    ・・・1ユーロ
カプリへの高速船   ・・・14ユーロ
水          ・・・1.5ユーロ

合計         ・・・17.88ユーロ
日本円        ・・・2741円   



ベニスまでの移動日。駅周辺でうろうろ。

ベニスへの寝台券2等3人部屋・・・74.79ユーロ
駅で荷物を預ける      ・・・3.8ユーロ
駅のトイレ         ・・・0.5ユーロ
カフェでサンドイッチ    ・・・4ユーロ

合計            ・・・83.09ユーロ
日本円           ・・・12738円




ナポリの公共交通機関(バス、地下鉄、トラム)は、「ウニコナポリ」という共通券で乗れます。チケット販売所は駅の近くのカフェやキオスクなどで。カテゴリーの“旅先案内 ナポリ”から交通機関についての記事も読めますので、そちらも参考になさってください。


ナポリのウンベルト大通りはmaxmara やD&Gなどのブランドショップが並んでいて買い物好きには楽しい所です。
その中にもお手頃価格で買えるお店もたくさんあるので、丁寧にお店をチェック!
日本でも充分着られるかわいいデザインの服が格安で手に入ったりします。
道の隙間で市場みたいに服を売ってたりもするので、見てみるのも面白いかも。


ピザはピザ専門店で食べるのが断然美味しいです!カフェで売っているピザやサンドイッチの味はそこそこ。・・むしろ日本の方がクオリティ高いかも。
でも現地の人がひっきりなしに出入りしてるパン屋とかのピザはおいしいですよ。

     






読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ



 



スポンサーサイト
[ 2006/12/21 03:55 ] 旅先案内 ナポリ | TB(0) | CM(2)

ナポリで食べる釜焼きピザ 

ナポリで美味しいピザをいただく!

今回の旅でいちばん美味しかったもの、それは・・

ナポリで食べたマルゲリータ!!

ナポリには、小さくてもちゃんと石釜のあるピザ屋さんが街中にたくさんあります。
ナポリに来たからにはピザを食べないと!と思っていた私はおいしいマルゲリータを探してまちをうろうろ・・。

ガイドブックを持っていなかった私は店のあても無く、中央駅を背にして1本の道を歩いていました。
街の中にはたくさんショーケースを構えたピザやさんがあり、ほとんどの店は奥にはタイルで飾られた石釜も持っています。
ある店の前を通りかかった時、ショーケース越しに声をかけられました。

奥に石釜があるのもちゃんと確認出来た私は、そのピザ屋さんに入ってみることに。


道路に面した簡素なテーブルとイスに腰掛けると、スタッフがメニューを持ってきてくれました。


数あるメニューの中から私が選んだのは、もちろんベーシックな「マルゲリータ」。

道路を行き交う車を眺めながらコーラを飲んで待つこと約10分。

出てきました!マルゲリータ!・・・お・おおきい・・・・!!


到底一人では食べきれない量です。


でもつやつやした表面のチーズと香ばしい匂いが食欲をそそり、熱々のうちにさっそくいただくことに。

ナポリのピザは円の外側の生地がもちもちしていて、内側は薄くてチーズがたーっぷり。
釜で焼いているので焦げ目も香ばしさが違います。
チーズとトマトソースとオイルがとろとろに絡み合って濃厚な味にバジルの苦みがたまりません・・。
これは熱々だからこそ味わえる美味しさ!
お店で食べてよかった~と思いました。
2人分くらいのピザとコーラで6ユーロ。コレは安い!!


結局一人では食べきれず、残りをお持ち帰りさせてもらうことに。

ホテルへもって帰り、その日の夜に食べたのですが、びっくりしたのは
ピザ生地がまだもっちもちで弾力があったこと。
それに石釜でできた焦げ目が印象的で、冷えてもナポリピザの味がよみがえるというか・・。
さめても美味しく食べられるピザは初めてでした。



ピザ屋さんは持ち帰りができるところも多かったのですが、最小サイズが2人分くらいあるので、持ち帰り用の入れ物がピザ箱なのです。
コレを一人でホテルに持って帰るのは結構恥ずかしい・・。
だからってショーケースに入っている冷えたピザはいやなの~~!

と思ったので、店で半分食べて、半分を紙にくるんでもらってお持ち帰りしました。

やっぱり一度は焼きたてを食べないと!


ナポリにはピザ屋さんがたくさんあるので、店が小さくても多分日本よりクオリティは高いと思います。
ガイドブックに載っている所ならもっと美味しいのかも・・?!

今度はあらかじめ探してから行こうと思いました。

皆さんもナポリに行ったら是非ピザを試してみてください!


バックナンバーですが、「旅」という雑誌でナポリの食について特集しています。
  
“ナポリピザ徹底調査”などなど。

こういう雑誌って実は普通のガイドブックよりも面白い店や新鮮な情報が載っていたりして、結構重宝します。写真もきれいなのでつい買ってしまうんですよね~・・。






 読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ






[ 2006/12/21 02:41 ] 旅先案内 ナポリ | TB(0) | CM(3)

ナポリのネット事情 

ナポリでインターネットカフェを利用する。


私は旅先でインターネットカフェを利用してメールを送ったりします。そんな旅人さんも多いと思います。

もちろんナポリでもネットカフェを利用しました。

ナポリではネットカフェに行ってインターネット、または国際電話をするのにパスポートが必要でした。



なぜかはよくワカリマセンが・・。

マルタでは必要なかったし、今までパスポートを見せて利用するネットカフェに入った記憶がないのですが、イタリアがそうなのでしょうか、ベニスでもパスポートが必要だったんですよね・・・。


ナポリではあまりネットカフェを見つけられませんでしたが、やっと見つけた2カ所のネットカフェに入ってみたのですが、どちらもパスポートは必要でした。


システムとしては・・

カウンターではじめにパスポートを預けて帰りに返してもらうといった感じ。
どこの店もコピーをとっているようでした。

店によってはIDナンバーをもらってそれを入力してログインするか、はじめに使う時間を言ってお金を払うか、様々です。

料金はナポリではだいたい一時間2ユーロくらい。

ナポリはまだまだ日本人は多くないようで、パソコンも日本語入力が出来るものにはお目にかかれませんでした。その上日本語をみることすら出来ない(文字化けしてて)パソコンの方が多かった・・。

私はそのせいで友人からのメールを一つ削除してしまいました・・
無理してカンでクリックするんじゃなかった・・。
みなさんも気をつけてくださいね~。

はじめにお店の人に日本語見られるか聞いてからお金払った方がいいかもしれません。
(でも店の人も分からないことがあるので(マルタはそうでした)結局一か八かになることも・・)

ちなみにナポリで入った駅前のネットカフェは、メールしてる最中にパソコン落ちましたからね。

“・・・・・ええええええええぇぇぇぇぇっっっ!!!!”て感じでしたよ(笑)
でも周りのみんなは何も言わないし。  「またか・・」みたいな。
そんなに頻繁にあるコトなのっっ??


いーかげんです・・、そんなところが、まあ、きらいじゃないです・・(涙)。

いやぁ、ほんと、皆さんも気をつけて・・。

そしてナポリでネットカフェに行く時は、パスポートをお忘れなく!



 読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ



 






[ 2006/12/19 03:20 ] 旅先案内 ナポリ | TB(0) | CM(0)

ナポリでエスプレッソを 

ナポリではじめてのエスプレッソをいただく


今日は、ナポリのホテルではじめて飲んだエスプレッソのお話です。


以前、今回の旅行でナポリにいたときに泊まった「zara hotel」のお話をしましたが、(はじめての方はカテゴリーから「旅先案内ナポリ」へ)そのホテルでの出来事です。

「zara hotel naples」は、とても小さくてアットホームなホテルです。

ある日、私が自分の部屋で寝ていると(シエスタの時間だったので私もシエスタしようかなと思って・・)部屋のドアをたたく音が・・。

開けるとレセプションの人が立っています。

彼はいきなり、「街の地図は持っているの?」と聞いてきました。

何のことか分からずに「うう~ん?」と曖昧に答えると、ナポリに来てこんな時間になんでホテルにいるんだとばかりに

「観光名所、おしえてあげるよ。」

と言って、私をフロントに連れ出しました。

レセプションのそばにあるテーブルに腰を下ろし、彼は地図を広げ、街の観光名所をペンでチェックしながら教えてくれました。

午後のこの時間は観光客はほとんど出て行ってしまって、彼もヒマらしく、日本やイタリアのことをお互いに上手くない英語とイタリア語で話しました。

一通り話し終わると「コーヒー飲む?」ときかれたので、「Yes!」と言うと、
彼はカウンターの奥のマシーンでエスプレッソを作り始めました。


実ははじめて飲むエスプレッソ。

いつもミルクと砂糖を入れたカプチーノしか飲んでいなかったので、初体験です。


彼の持ってきてくれた小さなカップに濃~~いコーヒーが入っています。匂いもココロなしか濃~い・・・。

ひとくち飲んでみると・・ぎゅーっと凝縮されたようなコーヒーの苦みがすごく美味しい!
そして、ちょっと甘い。
エスプレッソはとても強いので、砂糖を一杯入れるのが普通らしいです。
ブラックでは飲まないのかな??

彼は、「イタリア人にとって、エスプレッソはとても重要なんだよ。毎日何杯も飲むんだ。
朝とか、食事の後とか・・」

と言っていました。・・・・・・中毒??

いや、しかし、クセになる苦さかもしれない・・コレは・・!


エスプレッソを飲んだ後は早速市内観光

彼の入れたエスプレッソが飲みたい人は「zala hotel naples」へ!(注:入れてくれるかはワカリマセン)

その他のホテルも直前価格で格安に予約できます!
イタリアのホテルが約70%引き!
年末の旅行先でまだホテルが決まって無い方はこちらを今すぐチェック!!↓


Last minute hotel reservation!


 読んでくださってありがとうございます!
今日のお話、気に入ってもらえたら

今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



人気blogランキングへ







[ 2006/12/16 11:15 ] 旅先案内 ナポリ | TB(0) | CM(2)

ナポリのメトロ、バス 

ナポリでメトロを使おう


イタリアでは、地下鉄のことを「メトロポリターナ」と言います。
メトロは路線も豊富なので、観光するにはとても便利です。

チケットは「UNICONAPOLI」というカードが1ユーロ(2006年7月現在)です。(90分有効)



ナポリ交通に便利なチケット。ウニコナポリと読むらしい



このカードはメトロ、バス、トラム、フニコラーレ(ケーブルカー)に利用可能です。
1日券3ユーロなんてのもあるみたいなので、予定にあわせて利用しましょう。
ナポリ中央駅では地下鉄の改札脇にチケット売り場がありましたが、小さい駅やバス乗り場などではチケット売り場がなく、その場合そばにあるキオスクのような店で買えます。
中央駅のバス乗り場でも近くの立ち飲みカフェ(?)兼キオスクみたいなとこで買えました。




乗り方ですが・・

地下鉄の駅には改札があるので、カードをいれて打刻します。
日本と変わらず、路線、降りる駅名、終点の駅名が分かっていれば普通に乗れます。
メトロを利用するのは簡単です。

ナポリの地下鉄。ホームの雰囲気も日本と変わりません。


ナポリでバスを使おう

ナポリのバスは路線が縦横無尽に走っています。
本数もとてもおおいです。多いうえにバス停の位置がよく分からないので、私は何度か目的地を乗り過ごしました。

運転手さんの近くに乗って、「どこどこで降りたいんですー!」と一言言っておくといいと思います。バスにのるときは目的地を人にきくに限ります。しかし・・ナポリでは英語はほとんど通じなかったので、目的地のイタリア語読みくらいは頭に入れておくようにするといいと思います。

チケットはメトロと同じ「UNICONAPOLI」で、キオスクなどで買えます。


メトロとバスのルートマップはナポリ中央駅のインフォメーションで無料でもらえました。


中央駅の中には手荷物預かり所もあります。5時間で3,8ユーロでした。(2006年7月現在)大きな荷物がある人はここに預けておくと便利です。


ちなみにバスなどの公共交通機関に乗る際にひったくりなどのトラブルもあるらしいので、充分に注意してくださいね。




読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 
人気blogランキングへ


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



 







[ 2006/11/15 03:15 ] 旅先案内 ナポリ | TB(0) | CM(0)

ナポリ、スパッカナポリを歩く 

ナポリの旧市街「スパッカナポリ」

今日は「スパッカナポリ」と呼ばれる旧市街付近のお話です。
このあたりは旧市街をぐるっと囲むように大きな道があり、メトロもバスも通っているので観光にいくには便利です。私はまず、メトロを使っておさんぽを開始しました。




メトロの「Cavour」という駅で降りると、隣に公園があります。
5分くらいこの公園沿いを歩くと、右手に国立考古学博物館があります。(ここにも「MUSEO」というメトロの駅があります)

この博物館には、ポンペイやエルコラーノの遺跡からの発掘品が展示されているということで、ポンペイに行く予定の無かった私はちょっと見たかったのですが、あいにくこの日は休館日・・・。(調べてからいけよ・・!)

自分の馬鹿さ加減に嫌気がさすも、気を取り直してその辺を散策することに。


博物館の先のT字路を左に折れると、途中で立派な建物があって、「・・・ART・・」と書かれてあったので、美術館かな?と思ったら美術学校でした。(Accademia Bella Arti)



中に入ると大きな彫刻のある(ジョルジョっぽかったけど・・なんか手作り感があったような・・)吹き抜けの両脇にアトリエがあるらしく、隙間からのぞいたら学生らしき人々が作品を作っていました。奥には中庭があって、休憩する学生たちは「あー・・美大生っぽい・・」っていうようなおしゃれな子達ばかり。
やっぱりどこでも国立の美術館や博物館の近くには美大があるんですね。

さて、なんとなく学生時代を思い出して懐かしくなったあと、再びさっきの道を歩いていくと「ダンテ広場」に出ます。

その脇の細い道を入ると、本屋が並んでいます。
もう一本角を曲がると、今度はみんな楽器屋。
このへんは高い建物のなかを細い道が通っていて道ごとに同じ種類の店が並んでいます。
やっぱりそのほうが売れるのかな?

また角を曲がると原宿みたいにおしゃれな店がならび、また曲がるとナポリのお土産屋さんが軒を連ねる・・。そんなんでくねくね歩きながら、おおきなドォウモ通りまででてきました。

どうやらこの一帯を「スパッカナポリ」というらしい・・。





そしてこのエリアにも教会の多いこと!!
イタリアの友人が98%のイタリア人はキリスト教だと言っていたけれど、ホント、そのとーりだと思いました。

ドォウモ通りにある「Duomo」と呼ばれる大聖堂は、ナポリの守護聖人、サンジェンナーロの血液が祀られているということで有名です。この血液、年に2回溶解するらしいですよ・・。どうしてかは明らかにされてないらしいですが。

大聖堂の中はとても広くて、中央祭壇の「被昇天の聖母」の後ろにある黄色のガラスからは
いつでも像の頭部に黄金の光がさすようになっているのにちょっと感動しました。

装飾や彫刻がいたるところに施されている豪華な教会ですが、中はとても静かで荘厳な雰囲気でした。

「Duomo」を出てドォウモ通りを右へ進むと、再び「Cavour」駅が見えてきます。

ふらふら歩いて約半日。ナポリの下町をのんびり楽しめます。

イタリアには「シエスタ」と言って午後2時頃から4時頃までお店が休みになる習慣があるので、早めにでてお昼くらいに帰ってくる予定でいくといいかもしれません。



読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 
人気blogランキングへ


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



 






[ 2006/11/15 02:41 ] 旅先案内 ナポリ | TB(0) | CM(0)

ナポリのフレンドリーな宿 

ナポリのホテル ZARA Hotel Naples


ナポリ中央駅から歩いて5分ほどの所にあるZARAというこのホテルは、マンションの1フロアを改造してつくられた、小さな2つ星ホテルです。

レセプションは上の階にあるので、入り口は一見普通のマンション。呼び鈴を押さないとマンションのエントランスが開かないので、はじめはとても迷いました。


こんなふつうのマンションです。
エントランスを内側からみたところ




暗い階段を上っていくと、きれいなガラスの扉があります。

中は明るくて、荷物をかかえて階段を上ってきた私をカウンターから見ていたレセプションの人が、すぐに出てきて荷物を持って案内してくれました。
チェックインの時間よりもだいぶ早かったのに、彼は快く迎えてくれました。といっても、部屋に入るには11時まで待たなくてはいけません。荷物を置かせてもらって、時間まで市内散策することに。

チェックインの時間に帰ってくると、一人なのにツインの部屋へ案内されました。(一人用の部屋に空きがなかったのでしょう)
部屋には洗面台とクローゼットとベットと机があり、少々狭いものの、とても清潔でかわいらしく一人ならじゅうぶん。
(トイレのシャワー室は他の場所にあるのでそこがちょっとめんどいのですが)



わりと部屋と部屋、そしてレセプションの距離が近いアットホームなホテルです。従業員はみんないい人たち。
ある日の夕方にはレセプションの人に「ピザをとるけど、いっしょに食べない?」と誘われたりしました。

ワールドカップの時期だったので、奥の部屋のテレビの前で従業員さんがみんなで盛り上がっているのが聞こえました。
言葉が分からなかったのですが、じつは私も一緒に観ようと誘ってくれてたらしいです。チェックアウトのとき、「なんで来なかったのー?」と残念そうに聞かれました。(もっと言葉勉強しなきゃ・・・)





ホテルの窓から見た市内の風景です。この時間はみんなワールドカップを観ていて街はとても静か。しかしこの後イタリアがドイツに勝った瞬間、家中から人が国旗を持って飛び出してきて、街中大盛りあがり!!!花火まであがってました! もちろんホテルでもみんな大騒ぎ。お客さんも交えてとても楽しそうでした。


こんな和やかでアットホームはZARA Hotel Naples、気になった方は「Rates to go」という世界のホテル予約サイトで部屋の写真や詳細がチェックできますよ。ナポリに行く方はぜひどうぞ!こちらのアドレスをクリック!


http://b2b.ratestogo.com/enter.asp?id=45338

読んでくださってありがとうございます!
今日も暖かき一ぽちお願いします!!
 
人気blogランキングへ


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ



 





[ 2006/10/11 03:33 ] 旅先案内 ナポリ | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。