スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

これもないと!スケッチ道具の脇役たち 

スケッチをするために必要な小物はまだあります。

まず、水彩画を描くのに筆を洗うものをもっていかないわけにはいきません。ということで・・

筆洗

画材屋にいくといろいろなタイプの筆洗がありますが、持ち歩くならできるだけコンパクトなものを・・。
3分割できる小さな筆洗で、ひとつにまとめるとさらに小さく手のひらサイズに収まるものが私的にはベストかなあと思っております。

ただ、私は持っていく荷物はできるだけ減らしたいので、たいていミネラルウォーターのペットボトルを半分に切って使っています。終わったら捨てられるし、便利です。
どこに行っても水は必ず買いますからね。

カッター

鉛筆を削る、筆洗用のペットボトルを半分に切る、紙を切る、などいつでも重宝してくれるのがカッター。
1本持っておくと必ず役にたってくれます。

ただし、飛行機に乗る時はスーツケースにいれて預けること。機内持ち込みしようとすると
容赦なく没収されます。
友人は成田で早々と没収され、「鉛筆けずるもの・・なくなったぁ・・」('~';)と嘆いていたので気をつけてくださいね。


ぞうきん

絵の具をつかうならぞうきんは欠かせません。水分を調節しながら描く水彩画は特に。

ティッシュペーパーなどでは足りません。すぐびしょびしょになってしまいます。

ぞうきんはゴミも出しませんし、使い終わったらきちんと洗って干しておけば清潔です。


レジャーシート

これは私が座って描きたいなあーーと思ってるので持っていくだけなのですが・・。
立ったままは疲れるのですよ。 集中力もきれやすくなるし。

スケッチするときに折りたたみイスを持っていかれる方もいると思います。それがあればもちろんいいのですが、海外旅行で持ち歩くにはかさばるし、重いし・・。
なので、手軽に広げられてさっと片付けられるレジャーシート。

昔、タイのビーチで買った、ぱたんぱたんと折り畳んで、ヒモの取っ手がついててバックみたいに持ち運べるタイプのシートがあるんですけど、普通に腕からさげてても可愛いので
そういうのだったらスケッチのときしまわずに持ち歩いてもいいかなあ。なんて思います。



スポンサーサイト
[ 2006/10/25 02:24 ] スケッチ道具 | TB(0) | CM(0)

どんな種類の筆をもっていく? 



スケッチで活躍してくれるふでは、平筆と先の尖った絵筆です。ここでは、水彩画を描くときに使用する筆について書いています。
風景に空や建物など広い面を入れる場合、平筆が活躍してくれますし、細かい草花などには
先の尖った筆が必要です。
[ 2006/10/25 02:10 ] スケッチ道具 | TB(0) | CM(0)

スケッチはじめはまず鉛筆から 

外にスケッチに行くときに持っていく画材を紹介します。基本的に水彩画のための道具です。これさえあれば、どこへいこうとスケッチができる!というワタクシ厳選道具!
旅しながら絵を描くための、身軽かつ必要最低限の画材たちです。


  鉛筆
鉛筆、色々な種類がありますよね。会社も描き心地も芯の色も様々です。
私がいつも使っているのは、「STAEDTLER社のルモグラフ」「三菱uni」。
それぞれの特徴としては、STAEDTLERは、芯がわりと固く、色が寒色系(ブルーっぽい)
uniは、芯は柔らかめで色が暖色系(黄色っぽい)。
それぞれ3H~5Bくらいまでを使っています。

なぜ2社使っているかというと、デッサンするときに、遠近を出すのに有効(な気がする。。)ということで・・。


近い所はuni(暖色系)の柔らかい芯で荒く質を出し、遠い所はSTAEDTLER(寒色系)で細かく滑らかな質を出すという、なんともコザカシイことをしておりました。
ま、1社でも芯の固さを変えれば十分描けるのですが。気分と値段の問題かもしれません。


芯を長めに削りだすとねかせたときに幅広い面が塗れます。

スケッチにいくには、芯の種類もそんなに多くはいらないと思うので、
H~4Bあたりをもっていればいいと思います。

ちなみにお値段はSTAEDTLERが1本¥150くらいで、uniは¥100くらいです。

   
消しゴム
「練りゴム」を持っていくといいですよ。利点としては、
・何となく消えて、何となく跡が残る。
・鉛筆で黒くなった部分をすぐ混ぜられて結構長く使える。

消しゴム」
普通の消しゴムもひとつあると便利。
・完全に消したい所が完全に消える。
・カッターで削れば細かい部分が消せる。

どちらも¥100前後で売っているので、二つ持ってて損はないと思います。


[ 2006/09/16 01:52 ] スケッチ道具 | トラックバック(-) | コメント(-)

紙が左右する?!気分と出来上がり。 




スケッチをする上で紙選びはイガイと重要です。なぜなら、紙によって描く絵の雰囲気や仕上がりが違ってくるからです。それに、質が良くなく気に入らない紙を使っていると、描いている最中も集中できなくなってきます。

あなたはどんな紙をスケッチにもっていきますか?私からもちょっと提案を・・
[ 2006/09/15 02:40 ] スケッチ道具 | TB(0) | CM(0)

旅の画材はコンパクトに!マイパレットをつくろう! 



スケッチに持っていく画材で私が主に使うのは水彩絵の具です。私の場合、水彩絵の具をパレットに出して、乾かして持っていきます。チューブのまま持っていく事はしません。その方が軽いしコンパクトだし、なにしろ使いやすいのです。
私のスケッチ専用パレット、ちょっとおみせしましょう!
見たらあなたも作りたくなるはず!?
[ 2006/09/14 22:37 ] スケッチ道具 | TB(0) | CM(0)

あなたのマイカラーは何? 

水彩絵の具について、各メーカーから出ているものをちょっとご紹介。
メーカーによって同じ名前でも若干色がちがいます。 このへんの好みはほんとに人それぞれ。自分の好みの色、メーカーを探してみてください!


ホルベイン 透明水彩
日本では最も有名なメーカーのひとつではないでしょうか?
この透明水彩は水どけ、発色もよく種類も多数。お値段もおてごろなので、使いやすいと思います。他の製品も充実していて、顔彩や固形水彩絵の具もあり。http://www.holbein-works.co.jp/index.html


ウィンザーアンドニュートン アーティストウォーターカラー

透明度が高く、世界中のアーティストから親しまれている最高水準の透明水彩絵の具。とてもあざやかで美しい発色の色が多数あります。ウェブサイトでカラーチャートダウンロード可。http://www.winsornewton.com/

クサカベ 透明水彩

日本的で落ち着いた色合い。透明度も高く重金属などをなるべく使わない環境に優しい絵の具です。ウェブサイトで色もみられます。http://www.kusakabe-enogu.co.jp/

それぞれのメーカーごとに、「この色きれい!使いやすい!」ってものがあるので、いろいろ試してみるといいと思います。つかっているうちに「ここのウルトラマリンじゃなきゃだめ」みたいなお気に入りカラーも出てくると思いますよ。
[ 2006/09/13 01:07 ] スケッチ道具 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。